特集 PR

女王蜂アヴちゃん×MIKIKO対談 「人」の力を信じる表現者たち

女王蜂アヴちゃん×MIKIKO対談 「人」の力を信じる表現者たち

女王蜂『Q』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:中村ナリコ 編集:山元翔一
2017/05/18
  • 1851
  • 495

女王蜂、5枚目のフルアルバム『Q』。このアルバムについて、筆者はバンドのフロントマンであるアヴちゃんにこんな言葉を投げかけてみた。「このアルバムを的確にレビューするとしたら、音の構造を綿密に捉えるか、あるいは、もはや書き手が自分の人生を書くしかないような気がします」。すると、アヴちゃんはこう答えた。「私が読みたいのは後者。それが『Q』に対するアンサーだと思う」。

筆者は職業柄、「書く」という言葉を使ったが、これは「生きる」と言い換えてもいいかもしれない。このアルバムは、このアルバムを聴いた全ての人が、自分の人生を生き抜くことで完成するアルバムだ。

今回、CINRA.NETではPerfumeやBABYMETAL、星野源といったアーティストたちの舞台演出や振り付け、あるいはリオデジャネイロオリンピック・パラリンピックの閉会式で行われたフラッグハンドオーバーセレモニーの、総合演出と演舞振付なども手がけてきた演出振付家・MIKIKOとアヴちゃんの対談を実施した。「Perfumeに憧れてバンドを始めた」と公言するアヴちゃんにとって、いわばMIKIKOは「始まり」を指し示した人物のひとり。

「生きること」を、聴き手を選ばない強靭なダンスポップとして提示したアルバム『Q』を作り上げた今、アヴちゃんと語り合う相手は、自身のルーツであり、日本のエンターテイメント界を代表するひとりであるMIKIKOでなければいけなかった。「踊ることとは?」「表現することとは?」――それらの問いに対する本質が言葉になって溢れまくった濃厚な対談、どうぞ心ゆくまで読んでください。

Perfumeは巫女なんです。ダンスなどを媒介にして、普通ではありえない何かを呼び出している。(アヴちゃん)

―今日の対談は、アヴちゃんがMIKIKOさんの大ファンで、既にプライベートでも交流があるというところから実現したんですけど、まず、アヴちゃんがMIKIKOさんの存在を認識したのは、いつ頃ですか?

アヴちゃん:学生時代ですね。私はPerfumeが大好きで、PVを見て踊りを真似していたんですけど、そのときにMIKIKO先生を知りました。もう、その頃から私にとっては「先生」でしたね。直接、師事しているわけではないけど、真似して踊っている私も、何かを受け取っている感覚があったんです。

MIKIKO:ありがとうございます。

左から:アヴちゃん(女王蜂)、MIKIKO
左から:アヴちゃん(女王蜂)、MIKIKO

アヴちゃん:Perfumeって、替えが効かないシステムなんですよ。あの三人は、ダンスをはじめとした様々なものを媒介にして、普通ではありえない何かを呼び出している感覚があって。いわば、Perfumeは巫女なんです。なので、私にとってPerfumeは、すごくホーリーなものだったんですよね。

私が出会った当時は、まだアイドルブームが来る前で、歌って踊ることに「(笑)」が付いていた時期だったと思うんです。でも、Perfumeの登場によって、「(笑)」は取られたんだっていう実感が、私のなかにありました。

MIKIKO:音楽が好きだったり、振り付けが好きだったり、性格とパフォーマンスのギャップが好きだったり、Perfumeには、いろんな側面から好きになる人がいると思うんですけど、今、アヴちゃんが言ってくれたような感想は初めて聞いたから、ビックリ(笑)。アヴちゃんのように、彼女たちの上から降ってくる何かを感じられる人は少ないと思います。でもPerfumeの虜になる理由はそこにあると思う!

アヴちゃん:私は、本当にPerfumeに憧れて、「私も、私のなかにある何かを呼び起こしたい!」と思ったんです。「私もハイヒールを履いてみたい」と思ったし、「何にでもなれる」って気持ちが湧いてきた。基礎は何もなかったけど、それでも「やっていくぞ!」って思えたんです。

女王蜂のメジャーデビュー作『孔雀』(2011年)収録

アヴちゃん:最近まで、私が「Perfumeに憧れてバンドを始めました」って言うと、冗談だと思われることも多かったんです。だからこそ、のっちが、私たちの新作『Q』に寄せて「何にでもなれそうな気がするの」ってコメントを書いてくれたことは、本当に嬉しかった。私が初めてPerfumeを見て感じた喜びを、彼女もそのまま書いてくれたっていうことだから。

MIKIKO:Perfumeの三人は、踊っているときが一番素敵で可愛いと思うんだけど、特にのっちは、Perfumeになるときの自分が好きだから踊っている子なんですよね。彼女は三人のなかで一番無口だし、休みの日は家にこもっているようなタイプなんだけど、本当に音楽が大好きで、自分が音になる瞬間を求めて踊っている。リハーサルのときから、彼女はキラキラしているから。

アヴちゃん:のっちの変身はすごいですよね。セーラームーンみたいな変身って――普通の女の子が特別な存在になるようなことって本当にあるんだなって思いました。でも、現実の変身はなだらかに起こるものなんですよね。なだらかに変身する人ほど、ステージに立ったときにすごい輝きを放つ。その変身がなだらかであればあるほどミステリアスだし、変わったことに気づいていない人も、きっといると思うし。

MIKIKO:うん、Perfumeの三人は、本当に無意識にそれをやっていて。私もアーティストとして、彼女たちを尊敬していますね。

「人」を信じているっていう点では、私たちは同志だと思います。(MIKIKO)

―MIKIKOさんは、女王蜂の存在をどのように認識していましたか?

MIKIKO:女王蜂は、映画『モテキ』(大根仁監督、2011年公開)で知りました。私は、閉じ込めてもはみ出してくる人間性や生々しさに感動を覚えてほしいと思って表現をしているんですけど、その点で、女王蜂とやっていることは一緒のような気がしています。

女王蜂『Q』収録曲

MIKIKO:たとえば、Perfumeについてテクノロジーの観点から感想を言ってくれる人は多いけど、「めちゃくちゃ熱い人たちだからこそ、テクノロジーとかけ合わせて面白いんだよ」って私は思っているし、アヴちゃんはそれをわかっている。「人」を信じているっていう点では、私たちは同志だと思います。

アヴちゃん:おこがましいけど、私もMIKIKO先生のことを同志だと思っています。やっぱり「人」ですよね。人は、永遠に人に「慣れない」んですよ。人と人が交わるところにはいつだって驚きがあるから。どれだけ音楽の享受の仕方が変わっても、ステージがなくならないのはそういうことだと思う。

左から:アヴちゃん、MIKIKO

左から:アヴちゃん、MIKIKO

左から:アヴちゃん、MIKIKO

アヴちゃん:この間、「ELEVENPLAY」(MIKIKOが主宰するダンスカンパニー)の公演を観させていただいたんですけど、あの現場では、誰もがMIKIKO先生の作るものを信じている状態が存在していると思うんです。今、バンドのライブでそういう景色はなかなか生まれないんですよ。承認欲求でやっているだけの人が多くて……そういう人たちを見ると、「『叫び』じゃないならやるなよ」って思ってしまうんです。

Page 1
次へ

リリース情報

女王蜂『Q』初回生産限定盤
女王蜂
『Q』初回生産限定盤(CD+DVD)

2017年4月5日(水)発売
価格:3,800円(税込)
AICL-3289/90

[CD]
1. アウトロダクション
2. 金星 Feat.DAOKO
3. DANCE DANCE DANCE
4. しゅらしゅしゅしゅ
5. 超・スリラ
6. 失楽園
7. Q
8. つづら折り
9. 雛市
[DVD]
1. 金星(2016.07.09 at Zepp DiverCity)
2. ヴィーナス(2016.07.09 at Zepp DiverCity)
3. スリラ(2016.07.09 at Zepp DiverCity)
4. 折り鶴(2016.07.09 at Zepp DiverCity)
5. 告げ口(2016.07.09 at Zepp DiverCity)
6. 鬼百合(2016.07.09 at Zepp DiverCity)
7. 始発(2016.07.09 at Zepp DiverCity)
8. 緊急事態(2016.07.09 at Zepp DiverCity)
9. 金星(Music Video)
10. DANCE DANCE DANCE(Music Video Full ver.)
11. 失楽園(Music Video Full ver.)
12. Q(Music Video Full ver.)
13. アウトロダクション(Music Video Full ver.)

女王蜂『Q』通常盤
女王蜂
『Q』通常盤(CD)

2017年4月5日(水)発売
価格:2,800円(税込)
AICL-3291

1. アウトロダクション
2. 金星 Feat.DAOKO
3. DANCE DANCE DANCE
4. しゅらしゅしゅしゅ
5. 超・スリラ
6. 失楽園
7. Q
8. つづら折り
9. 雛市

イベント情報

『女王蜂 全国ワンマンツアー2017「A」』

2017年5月25日(木)
会場:京都府 磔磔

2017年5月27日(土)
会場:香川県 高松 DIME

2017年6月2日(金)
会場:宮城県 仙台 darwin

2017年6月3日(土)
会場:岩手県 盛岡 CLUB CHANGE WAVE

2017年6月11日(日)
会場:石川県 金沢AZ

2017年6月25日(日)
会場:愛知県 名古屋 BOTTOM LINE

2017年7月2日(日)
会場:東京都 お台場 Zepp DiverCity Tokyo

『女王蜂単独公演 全国ツアー2017「A」番外編』

2017年7月29日(土)
会場:大阪府 OSAKA MUSE

2017年8月8日(火)
会場:東京都 鶯谷 キネマ倶楽部

2017年9月2日(土)
会場:北海道 札幌 ペニーレーン24

2017年9月10日(日)
会場:兵庫県 神戸VARIT.

プロフィール

女王蜂
女王蜂(じょおうばち)

2009年、アヴちゃん、やしちゃん、ルリちゃんの3人で結成。2010年7月、『FUJI ROCK FESTIVAL』の「ROOKIE A GO-GO」枠に選出され出演を果たし、2011年にメジャーデビュー。同年公開された久保ミツロウ原作の映画『モテキ』のテーマソングおよび出演バンドへの抜擢。独創的かつ衝撃的なパフォーマンス、そのニュース性が音楽業界のみならず各方面で常に話題に。2017年4月、通算5枚目となるアルバム『Q』をリリースした。

MIKIKO(みきこ)

演出振付家。ダンスカンパニー「ELEVENPLAY」主宰。Perfume、BABYMETALの振付・ライブ演出をはじめ、様々なMV・CM・舞台などの振付を行う。メディアアートのシーンでも国内外で評価が高く、新しいテクノロジーをエンターテインメントに昇華させる技術を持つ演出家として、ジャンルを超えた様々なクリエーターとのコラボレーションを行っている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Suchmos“WIPER”

『日本レコード大賞』最優秀アルバム賞を受賞するなど、まさに「今年の顔」だったSuchmos。のべ2万5千人動員の全国ツアーを揺らしたアッパーチューン“WIPER”のMVには、7月に開催された日比谷野音ライブの映像を使用。カラフルでアーティスティックなアニメーションを加えて、とどまるところを知らない彼らの勢いと躍動感を伝えている。監督は山田健人。(佐伯)

  1. マグリット、ダリ、マン・レイら 横浜美術館のシュルレアリスム作品展 1

    マグリット、ダリ、マン・レイら 横浜美術館のシュルレアリスム作品展

  2. 高校生のサザエにマスオが公開告白 カップヌードル新CM「サザエさん篇」 2

    高校生のサザエにマスオが公開告白 カップヌードル新CM「サザエさん篇」

  3. 石野卓球のCD8枚組100曲超収録のワークス集、石野文敏(16)による楽曲も 3

    石野卓球のCD8枚組100曲超収録のワークス集、石野文敏(16)による楽曲も

  4. 『孤独のグルメ』大晦日に特番放送 松重豊「テレ東はこの時間帯を捨てたな」 4

    『孤独のグルメ』大晦日に特番放送 松重豊「テレ東はこの時間帯を捨てたな」

  5. 堀込泰行×D.A.N.櫻木対談 影響し合う二人による「歌詞」談義 5

    堀込泰行×D.A.N.櫻木対談 影響し合う二人による「歌詞」談義

  6. 広瀬すずがNHK朝ドラのヒロインに 2019年前期放送『夏空 ―なつぞら―』 6

    広瀬すずがNHK朝ドラのヒロインに 2019年前期放送『夏空 ―なつぞら―』

  7. 現代演劇ポスター展に宇野亞喜良、横尾忠則らの約300点 トークにKERAら 7

    現代演劇ポスター展に宇野亞喜良、横尾忠則らの約300点 トークにKERAら

  8. 長瀬智也×ディーン×高橋一生が共演 『空飛ぶタイヤ』特報&ビジュアル 8

    長瀬智也×ディーン×高橋一生が共演 『空飛ぶタイヤ』特報&ビジュアル

  9. KIRINJIからコトリンゴが脱退 12月の大阪公演が現体制ラストライブに 9

    KIRINJIからコトリンゴが脱退 12月の大阪公演が現体制ラストライブに

  10. 『この世界の片隅に』を野外無料上映 今週末に銀座で『ねぶくろシネマ』 10

    『この世界の片隅に』を野外無料上映 今週末に銀座で『ねぶくろシネマ』