特集 PR

一度は盆栽界を追放された巨匠・小林國雄が村田倫子に人生を説く

一度は盆栽界を追放された巨匠・小林國雄が村田倫子に人生を説く

HereNow
インタビュー・テキスト
星文香
撮影:永峰拓也 編集:柏井万作

現地に住むキュレーターがその街のカルチャースポットを紹介するクリエイティブシティガイド『HereNow』と連動して、人気モデルの村田倫子さんが同ガイドのスポットを巡り、東京のカルチャーを学ぶ連載『村田倫子が学ぶ東京カルチャー』が始まります。

記念すべき第1回目は、江戸川区にある『春花園BONSAI美術館』を訪れました。国内外から年間1万人が訪れる本館には1000鉢以上の見事な盆栽が飾ってあり、その景観はまさに圧巻。今回は、『春花園BONSAI美術館』の館長で、内閣総理大臣賞を4度授賞している盆栽界の巨匠・小林國雄さんに、盆栽の魅力について教えていただきました。

経過した時間を慈しむのが、日本の盆栽の楽しみ方

約800坪の広大な敷地に所狭しと並ぶ盆栽。丁寧に整えられたその姿に感動していると、館長の小林さんがやってきました。

春花園BONSAI美術館
春花園BONSAI美術館(HereNowで見る

小林:こんにちは。わたしの盆栽たちはどうですか?

村田:盆栽にもいろんな種類があるんですね。そもそも「盆栽」ってどういうものを指すんですか?

小林:盆栽の定義は人によって様々だけど、私はひとつの盆の中で自然を表現していて、かつきちんと「古さ」が出ているものだと思っています。草花は枯れてしまうけど、盆栽は100年も200年も生きる命の尊厳があるからこそおもしろいし、奥深さがあるよね。

村田倫子
村田倫子

小林國雄
小林國雄

村田:なるほど。朽ちていく様子を楽しむのが盆栽ということですね。

小林:そうだね。盆栽って凄まじいんだよ。木の一部が枯れて白くてしまっても、わずかに生きている部分で水を吸い、そこから出る芽は青々としている。死んだ部分と生きた部分が同居しているの。これってすごいことだと思うよ。こうして、経過した時間を慈しむのが、日本の盆栽の楽しみ方なんですよ。

生きていた幹の肉は削げ、白い骨の部分がむき出しになっている
生きていた幹の肉は削げ、白い骨の部分がむき出しになっている

村田倫子

村田:花が咲いているものもあって、育てる植物も様々なんですね。盆栽って、国によっても美意識や楽しみ方が違うんですか?

小林:中国だと、地面から天井くらいまでの大きいものがあったり、イタリアだとオリーブやオレンジなんかもあるよ。

合歓の木-ネムノキ
合歓の木-ネムノキ

数奇屋造りの母屋。春花園BONSAI美術館には15の和室に床の間があり、四季折々の盆栽が飾られる
数奇屋造りの母屋。春花園BONSAI美術館には15の和室に床の間があり、四季折々の盆栽が飾られる

村田倫子

村田:この盆栽たちは、山から採ってくるんですか?

小林:山から採る場合と、種を植えて育てる場合があるけど、日本でいうと山から採ってきた古い木を手入れするのが主流かな。

盆栽は1400年前に中国で始まって、800年前に日本に伝わったんです。かつては日本でも盆栽になる木が取れたけど、明治時代にすべて掘り起こされてしまった。盆栽になりうる立派な木を1つ取ってくれば1軒の家が建つくらい値がつくからね。だから最近は、スペインに行って買っているよ。でもスペインもあと4年くらいしたらなくなってしまうんじゃないかな。

村田:松など日本特有の植物は日本で取っているのかと思っていました。盆栽の評価のポイントは、どういうところにあるんでしょうか?

小林:ひとつは、骨董と同じようにどんな人が持ち主であったのか。例えば、蒋介石や三代将軍徳川家光のように、歴史上の名だたる人物が持っていた盆栽というのは圧倒的に箔がつく。

もうひとつは、植物の年齢と形の良し悪しだね。一番大事なのは根っこの張り方、それから幹の立ち上がり、枝のつき方。自然界にある木がお手本になるから、平行に出ている枝など自然界にはないような形のものは、「忌枝」といって嫌われるし、評価も下がる。

バランスよく枝が付いた盆栽
バランスよく枝が付いた盆栽

村田倫子

館内に飾られている川端康成の書
館内に飾られている川端康成の書

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

サイト情報

HereNow

アジアを中心としたクリエイティブシティガイド。現在東京、京都、福岡、沖縄、台北、バンコク、シンガポール、ソウルの8都市で展開しています。

リリース情報

HereNowアプリ

HereNowアプリリリースを記念してキャンペーンをスタート。2017年8月21日(月)までにHereNowのアプリをダウンロードし、キャンペーンページよりご応募いただいた方に抽選でプレゼントが当たります!
商品概要:
A. 東京・台北 発着往復航空券(計2組4名分)
B. 東京・京都・沖縄・台北ホテル宿泊券(計8組16名分)

美術館情報

春花園BONSAI美術館

住所:東京都江戸川区新堀1-29-16
営業時間:10:00~17:00
定休日:月曜(祝日は開館)
料金:一般800円(お茶付き) 学生600円
電話番号:03-3670-8622
最寄り駅:篠崎駅、瑞江駅

プロフィール

村田倫子(むらた りんこ)

1992年10月23日生まれ、千葉県出身のモデル。ファッション雑誌をはじめ、テレビ・ラジオ・広告・大型ファッションイベントへの出演など幅広く活動している。自身初のスタイルブック「りんこーで」は発売から1週間で緊急増刷となり、各種SNSのフォロワーも急上昇中。趣味であるカレー屋巡りのWEB連載企画「カレーときどき村田倫子」では自らコラムの執筆も行ない、ファッションだけにとどまらず、カルチャー・ライフスタイル分野でも注目を集めている。

小林國雄(こばやし くにお)

春花園BONSAI美術館館長。社団法人水石協会理事長。美しさとその内に秘められた自然の厳しさを表現する自然の素晴らしさを少しでも多くの人に味わってもらうため、盆栽美術館を開館。日本盆栽作風展・内閣総理大臣賞、国風盆栽展・国風賞をはじめ、皐樹展、日本盆栽大観展、盆栽逸品展等にて各賞受賞。海外講演数は70を超え、盆栽文化普及のため国内外の弟子育成に尽力。春花園の卒業生は20カ国70名以上である。主著に「盆栽芸術-天-」「盆栽芸術-地-」「BONSAI」等。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)