特集 PR

最初は戸惑った?bonobosがクラウドファンディングの是非を語る

最初は戸惑った?bonobosがクラウドファンディングの是非を語る

CAMPFIRE
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:永峰拓也 編集: 山元翔一、川浦慧
2017/08/08
  • 228
  • 466

昨年発表した現体制初のフルアルバム『23区』が高い評価を獲得したbonobosが、実に6年ぶりとなる日比谷野外音楽堂でのワンマンライブを8月12日に開催。現在、この公演をライブDVDとして残すため、クラウドファンディングを使った映像化プロジェクトが実施されている。15年以上の活動歴を誇り、これまで様々な環境に身を置きながら歩みを進めてきたbonobos。近年はインディペンデントな姿勢を強め、ファンとの密接な関係性を築いてきただけに、クラウドファンディングとは好相性を見せるはずだ。

しかし、蔡忠浩をはじめとしたメンバーは、最初からクラウドファンディングを全肯定できたわけではないそうで、今回のプロジェクトについて「学びの一環でもある」と語る。クラウドファンディングの認知が広まりつつある今だからこそ、そのリアルな意見は改めて耳を傾けるべきものであろう。蔡忠浩、森本夏子、田中佑司の三人に話を訊いた。

(クラウドファンディングについて)相いれない部分も多少あるかなって思ってました。(蔡)

―日比谷野音でのワンマンは6年ぶりになりますね。公演を映像化すべく、クラウドファンディグをスタートしました。

蔡(Vo,Gt):今の五人になって2年近く経つんですけど、アルバムを録って、ビルボードでライブをして、いい積み重ねをしてきているんですよね。それで今回、その状態を映像として残そうってなったときに、もちろん人も機材も必要で。

クラウドファンディングはマネージャーが提案してくれて、あれよあれよという間にやってみることになったので、やるやらないで迷うということはそんなになくて。ただ、せっかくやるんだったら、個人的にやってみたかったことも全部乗っけてみようと思ったんです。

左から:田中佑司、蔡忠浩、森本夏子
左から:田中佑司、蔡忠浩、森本夏子

―リターンのひとつとして、歌詞集本を作るそうですね。

:何年も前からまとめたいと思ってたんです。『ULTRA』(2011年)に入っていた“あなたは太陽”で絵本を作りたいと思って、友達に相談したこともあったんですけど、そのときはタイミングを逃しちゃって。でも、自分の歌詞は何か形にしたいとずっと思っていたので、今回上手く実現すればいいなって。

―クラウドファンディングに対しては、どのようなイメージをお持ちでしたか?

:スタートアップのときに資金が足りないから、クラウドファンディングでお金を集めて、製品化されたものを支援してくれた人に渡すっていうのは、何年も前からいろんな国でいろんな人がやっているのを知っていたので、いい仕組みだなって思ってました。

それこそ、『ULTRA』や『HYPER FOLK』(2014年)を録ってるときに、アレンジがオーケストラな方向にいってたんですけど、弦はチェロとバイオリンとビオラの3人に、何回も弾いてもらって厚みを出してたんです。管も最高4人で同じやり方だったんですけど、欲を言えば、ちゃんとしたオーケストラで、声楽も入れて、ホールで録音したいと思って。

蔡忠浩
蔡忠浩

―昨年インタビューした際に、『ULTRA』『HYPER FOLK』と三部作になる1トラックアルバムを作りたいっておっしゃってましたよね(解散の危機を乗り越え、生まれ変わったbonobosと時代の関係)。

:そうそう、それがやりたくて、そのためにはクラウドファンディングかなって思って、いろいろ調べてみたんです。ただ、当時はほぼ自分たちだけで動いてるような状態だったから、とても手が回らないと思って、諦めたんですよね。なので、クラウドファンディング自体は、いつかやってみたいと思ってました。ただ、バンドマンとして、自分の好きなものを好きに作って好きに売るってことを考えると、相いれない部分も多少あるかなって思っていて……。

―というと?

:自分はわがままに作品を作ってるわけで、お金が足りないなら、自分でお金をためて、わがままを突き通した方が、気持ち的には楽というか。それを人のお金でってなると、自分の作るものに対して、わがままを突き通せないんじゃないかって思ったんですよね。

橋に布をかけたりする美術家のクリスト(ブルガリア生まれの美術家)っているじゃないですか? クリストは作品のプロジェクトがめっちゃでかくて、島一個丸々布で覆ったりするから、何千万とかかるんですけど、そのために自分でドローイングを描いて、それを売って、資金にしてるんです。俺もそういう方が気が楽だなっていう想いはありました。

―森本さんはクラウドファンディングに対してどんなイメージをお持ちでしたか?

森本(Ba):さっき蔡くんが言ってた「オーケストラで録音したい」っていう話のときに、クラウドファンディングって言葉自体を初めて知りました。それが6年くらい前ですね。でも、当時は実態を知らなさすぎたし、しかも、その頃は3人だけでやってたから……。

:前の事務所をやめて、マネジメントも自分たちでやってるような状態だったんです。

森本:「これからどうしていいかわからない」っていう時期だったので、さらに新しいことをするのはちょっとって感じで。

森本夏子
森本夏子

:そういう時期もあったので、お金、バンド運営、作品作り、アーティストとしての見え方……いろいろ考えざるを得ないっていうのはありましたね。

森本:でも、その後に蔡くんの友達のダンサーがクラウドファンディングをやっていて、実際支援もして、これはアリだなって思いました。プロジェクトが達成されたら、私もすごく嬉しかったし。

―田中さんはいかがですか? クラウドファンディングのイメージについて。

田中(Key):はっきり言っちゃうと、僕は蚊帳の外の話だと思ってました。ネガティブでもポジティブでもなく、自分にはあんまり関係ないことかなって。

個人的な考えですけど、ミュージシャンとお客さんの関係性ってパブリックな方向にベクトルが向いてるイメージがあったんですけど、クラウドファンディングはそれがパーソナルな部分に向けられるから、「どうしてそうなるんだろう?」って思って。

田中佑司
田中佑司

―本来開かれているはずの関係が、クローズドになってしまうのではないかということ?

田中:そういうイメージがちょっとありました。僕はわりと、「どのあたりにどういうボールを投げるのか」って考えながら音楽を作ってきたので、急に「あなたとわたし」っていう直のボールのやり取りが始まると、「あれ?」っていう。

でも、クラウドファンディングについての話を聞いたり、自分で調べたりしてみると、楽しいプランを作ったり、やり方次第で変わるものなのかなって思って、今は「これは体験してみないとわからないぞ」って感じてますね。

Page 1
次へ

プロジェクト情報

bonobos、現体制初の日比谷野音ワンマンを映像化プロジェクト!

クラウドファンディングプロジェクトの支援募集は2017年9月10日 23:59まで。

イベント情報

bonobos 日比谷野外音楽堂 ワンマンライブ

2017年8月12日(土)
会場:東京都 日比谷野外大音楽堂

プロフィール

bonobos
bonobos(ぼのぼ)

レゲエ・ダブ、エレクトロニカ、サンバにカリプソと様々なリズムを呑み込みながらフォークへと向かう、多彩なアレンジと卓越した演奏能力にボーカル蔡の心に触れる歌声が混ざりあう、天下無双のハイブリッド未来音楽集団。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ゲット・アウト』予告編

10月27日に日本での公開を控える新感覚ホラー『ゲット・アウト』の予告編。人種差別が大きなテーマとなる本作は、2月にアメリカで公開されると、大反響を巻き起こした。チャンス・ザ・ラッパーにいたっては、シカゴの映画館で1日分の鑑賞チケットを買い占め、ファンを無料で招待するほどの惚れ込みようだとか。上映が待ち遠しい。(久野)