特集 PR

□□□(クチロロ)がようやくやる気に?三浦康嗣に真相を訊く

□□□(クチロロ)がようやくやる気に?三浦康嗣に真相を訊く

□□□『LOVE』
インタビュー・テキスト
三宅正一
撮影:田中一人 編集:飯嶋藍子

三浦康嗣、村田シゲ、いとうせいこうから成る□□□(クチロロ)。幾度かのメンバーチェンジを経て2009年に現体制となり、気づけば来年で結成20周年を迎える。あらかじめ時代性や特定のジャンルから解放された創造性と方法論をもって、個々人が送る日々の営みにおける千差万別の状態を、新奇なポップスとして浮かび上がらせる□□□の音楽性。それは、1stアルバム『□□□』から独立した存在感を放ち続けてきた。

□□□は昨年、the band apartが主宰するasian gothic labelに移籍。the band apartとのコラボレーション作品のリリースとそれに付随したカップリングツアーが実現した。そして、移籍後初の単独音源となるミニアルバム『LOVE』が完成。音楽的にもストーリーテリングとしても、ラブソングの多様性を映し出すような全6曲は、そもそもフルアルバムを目指して行われた制作の途中経過でもあるという。

□□□の主軸であり唯一のオリジナルメンバーである三浦のソロインタビューは、グループや音楽との距離感を語ることから始まった。

今は音楽でも、「売れたもん勝ち」になっていますよね。そういう状況って僕はあんまり楽しいと思えない。

―□□□は来年で結成20周年なんですよね。

三浦:そんなになるんですね。まあ、大学1年のときに□□□という名前を付けただけで実質的な活動はしてなかったので、結成何年とか考えてなかったです。

―オリジナルメンバーはもう三浦さんしかいないけど、バンドとしての形態は続いていますよね。三浦さんにとって□□□は、あくまで屋号みたいな感じなんですか?

三浦:それも考えたことがなくて。□□□として仕事を頼まれるからやってる、みたいな。むしろ、できるだけやりたくないっちゃやりたくないです。

―そうなんですか(笑)。

三浦:そうですよ。

三浦康嗣(□□□)
三浦康嗣(□□□)

―三浦さんのなかで□□□の活動が能動的じゃないのであれば、個人名義でやる仕事は能動的なんですか?

三浦:いや、僕にとって、音楽はべつに積極的にやることじゃなくて、たまたま音楽が仕事になって十数年経つっていうだけで。単純にお金がほしいんです。とにかく、お金のことを気にせずに、おいしいご飯やお酒を口にしたいんですよ。月20日とか働くのはイヤだから、頼まれた曲を書いたりして、あとは食べて飲んで遊んで暮らすということを続けています。

―なるべく豊かな生活を担保するために音楽制作があると。

三浦:「豊かかつ自堕落」が理想的ですね。僕はもともと飽き性なんですけど、音楽をやっていると、いろんなタイプの仕事が来るから飽きないんですよ。まったく色の違うアーティストの楽曲提供や、舞台音楽やインタラクティブ系の仕事もある。舞台に関しては、なぜか演出までやる仕事もあって。仕事という感覚はあまりない状態でやっているんです。案件によっては割もいいですしね。

□□□の新作『LOVE』収録曲“Japanese Boy”

―飽きず、そして十分にお金を稼ぐ手段というか。

三浦:うん。ムダなことに10万円くらいパッて使うとか、そういうことができたほうが楽しいじゃないですか。ムダって基本的に「祭り」だと思うんですよ。

―「祭り」ですか?

三浦:祭りで神輿がつっこんで家が壊れたり、人が死んだりするじゃないですか。こんなに簡単に炎上するご時世に、それでも誰も祭りをなくそうって言わないですよね。そういう効率の悪さ、ムダこそが祭りだと思っていて。

でも、僕は音楽にムダを求めてはいない。音楽制作で言えば、その時代の流行りに合わせるのってすごく効率的なことなんです。でも、ライターも編集者もミュージシャンも、音楽の「効率」の話をしていることが多いなって思っていて。

三浦康嗣(□□□)

―音楽の「効率」というと?

三浦:それが悪いことではないんですけど、効率的な、つまり流行に合わせた音楽って、基本的にお金の話だと思うんです。今はショウビズ然としていない音楽でも無意識にビジネス的な価値観で動いている感じがするし、「売れたもん勝ち」になっていますよね。そういう状況って僕はあんまり楽しいと思えない。

僕は音楽にビジネスを期待してないから、音楽活動に消極的なんだと思います。昔は、音楽的にイケてるとかイケてないという価値観に、もうちょっと多様性があった気がするんですけどね。

―期待しないほうが純粋な創作ができるということでもありますか?

三浦:いや、僕はすべての物事に対して「純粋」というものは存在しないと思ってます。僕自身、メジャーにいたときも今も、基本的に人からディレクションされることはなくて、勝手に自由に制作しているんです。でも、それが「純粋」だとはまったく思わない。そもそも、純粋か、そうじゃないかっていうのが、1つの暗黙の基準みたいになっているのもイヤだなぁと思います。

Page 1
次へ

リリース情報

□□□『LOVE』
□□□
『LOVE』(CD)

2017年7月20日(水)発売
価格:2,916円(税込)
VITO-127

1. Japanese Boy
2. Good So Good
3. できないままで
4. 踊り
5. もめんちゃん
6. 良い愛

プロフィール

□□□"
□□□(くちろろ)

1998年に三浦康嗣を中心にブレイクビーツユニットとして結成。以降、徐々にポップス中心のスタイルへと移行。現在のメンバーは村田シゲ、いとうせいこうを含めた計3名。2004年にHEADZ内のWEATHERより1stアルバム『□□□』をリリース。2006年には坂本龍一らが設立したcommmonsへ移籍、2007年にブレイクビーツアルバム『GOLDEN LOVE』をリリースする。2009年にはフィールドレコーディングオーケストラと銘打った『everyday is a symphony』、声のみで構成した『マンパワー』など作品毎にさまざまなコンセプトを提示している。2016年、the band apart主宰のasian gothic labelに移籍。the band apartのメンバー全員をボーカリストに迎えたコラボレーション作品『前へ』をリリース、2017年7月に移籍後初の単独音源『LOVE』を発表した。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開