特集 PR

電波少女×神聖かまってちゃん対談 ネット世界の変化に意見する

電波少女×神聖かまってちゃん対談 ネット世界の変化に意見する

電波少女『HEALTH』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:沼田学 編集:矢島由佳子

ついにメジャーデビューを果たす宮崎県出身のヒップホップクルー、電波少女(でんぱがーる)。2009年の結成以降、土着的な上下関係や仲間意識が渦巻く地元のヒップホップコミュニティーにあえて背を向け、インターネットへの動画投稿を出発点に規模を拡大してきた彼らにとって、大きな指針となった存在がいる。それが、神聖かまってちゃんだ。

2000年代末に突如として表れ、自作MVの動画投稿や路上ゲリラライブの生配信など、ネットを起点にしながらリアルをも浸食していき、2010年にはメジャーデビューを果たした神聖かまってちゃんの活動スタンス、そして、その表現から滲む破滅的なまでのエネルギーは、電波少女のMC・ハシシにとって大きな影響源であったという。

そこで今回、CINRA.NETでは電波少女のメジャーデビューを祝して、ハシシとかまってちゃんのフロントマン・の子の特別対談を敢行した。今年30歳のハシシと、32歳のの子。実は同世代であり、ネットという出自の共通点を持ちながらも、この数年間、片やラッパーとして、片やバンドマンとして、異なる景色を見つめ続けてきた二人の邂逅―というか、絶妙な距離感の先輩・後輩トークを、どうぞ。

キャラがメロディーに出ているかどうかが、俺は大事だと思う。(の子)

―お二人は、すでに面識はあるんですよね?

の子:そうですね。最初は、うちらの対バンツアーに出ていただいて。僕がネットサーフィン中に電波少女の“笑えるように”を偶然聴いて、「すげぇアーティストがいる!」と思って、オファーさせていただいたんです。

ハシシ:僕は元々、かまってちゃんの大ファンだったので、声をかけていただいたときはめちゃくちゃ嬉しかったです。

左から:ハシシ、の子
左から:ハシシ、の子

―の子さん、普段からヒップホップはよく聴かれるんですか?

の子:いや、みんなが知っているものを普通に聴いているくらいですよ。2PACとか(笑)。

―そんなの子さんが、電波少女に反応した理由って、どこにあったのでしょう?

の子:やっぱり、声がいい、メロディーがいい、曲がいい……これに尽きる!

の子

―めっちゃシンプルですね(笑)。

の子:いや、マジでこれに尽きます。俺は、音楽にはメロディーのよさがあってもらいたいんですよね。サウンドのよさももちろん大事ですけど、やっぱりメロディーって、その人のキャラが出るんですよ。まあ、メロディーがいいだけのアーティストもたくさんいますけど。でも、キャラがメロディーに出ているかどうかが、俺は大事だと思う。

―電波少女のメロディーには、キャラが出てる?

の子:うん、ちゃんと出ていると思います。それに、言葉も面白いよね。ハシシくんって、今こうやって話してみると大人しい感じだけど、歌詞では尖りまくってるじゃん。「他のラッパー死ね!」とか「こいつらはクソだ!」とか、絶対に思ってるでしょ?(笑)

ハシシ:いやいやいや(笑)。まあ、大なり小なりありますけど……。

の子:「なんだ、こいつは?」って思わせる歌詞を書くよね(笑)。ハシシくん、怖いよ。

ハシシ

ハシシ:僕が初めてかまってちゃんを聴いたときに感じたことも、今の子さんが言ってくださったことに近いかもしれないです。歌っている内容や世界観は尖っているんだけど、実際の音色はすごく綺麗で……こんなに悲しいのに、元気が出る音楽があるんだ!? と思って。そのギャップに「破滅感」みたいなものを感じたんです。その破滅感に、僕は惹かれたんだと思います。

―ハシシさんは、かまってちゃんにどのようにして出会ったのでしょうか?

ハシシ:最初は、確か『モテキ』で満島ひかりさんが“ロックンロールは鳴り止まないっ”を歌っているのを見て、そこから調べていったんです。自分たちもネットに曲を投稿していたっていう流れもあったし、めちゃくちゃハマりました。相方(nicecream)もかまってちゃん大好きですよ。

の子:「破滅感」って言ってくれたけど、そういうギャップは、アーティストにはあるよね。外に対して尖っている部分はもちろんあるけど、メロディーが生まれてくる核の部分って、すごくパーソナルなものだから。それは、やっぱり別の部屋があるんですよ。尖るときは尖るときで武器を持つけど、自分のなかには、いろんな人格があるなって思う。

ハシシ:僕も、曲のなかで自問自答している場面は多いと思います。「こういう自分もいるし、こういう自分もいるし、どっちなんだろう?」っていう瞬間が日常には多々ある。その感じを曲にしていることは多いかもしれないです。

Page 1
次へ

リリース情報

電波少女『HEALTH』初回限定盤
電波少女
『HEALTH』初回限定盤(CD+DVD)

2017年9月27日(水)発売
価格:3,799円(税込)
BVCL-823/4

[CD]
1. INTRO
2. ME
3. FOOTPRINTZ
4. 21世紀難民 feat. れをる(from REOL)
5. 先天性ハートブレイク
6. 花火 feat. NIHA-C
7. MONE\CLIP feat. Jinmenusagi
8. SKIT1
9. 未来は誰かの手の中
10. クビナワ feat. ぼくのりりっくのぼうよみ&ササノマリイ
11. SKIT2
12. NO NAME.
13. A BONE feat. Jinmenusagi & NIHA-C
14. OUTRO
[DVD]
『電波少女 ワンマンライブ“EST.”at Shibuya WWW X(2017.06.18)』
1. INTRO
2. FOOTPRINTZ
3. オルタネートエラー feat. トップハムハット狂
4. Mis(ter)Understand
5. Earphone feat. Jinmenusagi
6. RY feat. Jinmenusagi
7. オーバードーズ feat. NIHA-C
8. MO feat. NIHA-C
9. ME
10. 笑えるように
11. COMPLEX feat. Jinmenusagi, NIHA-C
『MV & Short Movie』
12. ME MV
13. FOOTPRINTZ MV
14. NO NAME. -Short Movie-『デイドリーマーA』

電波少女『HEALTH』通常盤
電波少女
『HEALTH』通常盤(CD)

2017年9月27日(水)発売
価格:2,800円(税込)
BVCL-825

1. INTRO
2. ME
3. FOOTPRINTZ
4. 21世紀難民 feat. れをる(from REOL)
5. 先天性ハートブレイク
6. 花火 feat. NIHA-C
7. MONE\CLIP feat. Jinmenusagi
8. SKIT1
9. 未来は誰かの手の中
10. クビナワ feat. ぼくのりりっくのぼうよみ&ササノマリイ
11. SKIT2
12. NO NAME.
13. A BONE feat. Jinmenusagi & NIHA-C
14. OUTRO

イベント情報

電波少女
『メジャーデビューアルバム「HEALTH」リリースパーティー』

2017年10月7日(土)
会場:東京都 高円寺HIGH

リリース情報

神聖かまってちゃん『幼さを入院させて』初回限定盤
神聖かまってちゃん
『幼さを入院させて』初回限定盤(CD+DVD)

2017年9月6日(水)発売
価格:5,292円(税込)
WPZL-31358/9

[CD]
1. 夕暮れの鳥
2. イマドキの子
3. 陸上部の夏
4. ねこねこレスキュー隊
5. 非国民的アイドル
6. まいちゃん全部ゆめ
7. 雲が流れる
8. 緑の長靴
9. 僕はぬいぐるみ
10. おはよう
11. 光の言葉
12. 日々カルチャア
13. 不安定ねこくらげ
[DVD]
『「めちゃ×2魔法を叶えてっ!」ツアーファイナル at EX THEATER ROPPONGI 2017.1.29』
1. たんぽぽ
2. 自分らしく
3. 新宿駅
4. 天文学的なその数から
5. 肉魔法
6. ゆーれいみマン
7. グロい花
8. 緑の長靴
9. ねこラジ
10. 男はロマンだぜ!たけだ君っ
11. ロックンロールは鳴り止まないっ
12. 背伸び
13. ちりとり
14. ズッ友
15. drugs,ねー子
16. コンクリートの向こう側へ
~Encore~
まいちゃん全部ゆめ
躁鬱電池メンタル
フロントメモリー
~Encore 2~
リッケンバンカー
『ボーナス映像「進撃のかまってちゃん駆逐ツアー」at 東京キネマ倶楽部 2017.7.2』
1. 光の言葉
2 夕暮れの鳥
3. 23才の夏休み

神聖かまってちゃん『幼さを入院させて』通常盤
神聖かまってちゃん
『幼さを入院させて』通常盤(CD)

2017年9月6日(水)発売
価格:3,240円(税込)
WPCL-12718

1. 夕暮れの鳥
2. イマドキの子
3. 陸上部の夏
4. ねこねこレスキュー隊
5. 非国民的アイドル
6. まいちゃん全部ゆめ
7. 雲が流れる
8. 緑の長靴
9. 僕はぬいぐるみ
10. おはよう
11. 光の言葉
12. 日々カルチャア
13. 不安定ねこくらげ

イベント情報

神聖かまってちゃん
『神聖かまってちゃんワンマンツアー「入院ツアー」』

2017年10月20日(金)
会場:北海道 札幌 cube garden

2017年11月1日(水)
会場:宮城県 仙台 CLUB JUNKBOX

2017年11月2日(木)
会場:新潟県 GOLDEN PIGS BLACK STAGE

2017年11月10日(金)
会場:愛知県 名古屋 SPADE BOX

2017年11月12日(日)
会場:大阪府 GABU

2017年11月25日(土)
会場:福岡県 BEAT STATION

2017年12月3日(日)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-EAST

プロフィール

電波少女
電波少女(でんぱがーる)

2009年、インターネット動画投稿サイトに突如姿を現した数名の個性派MC・TMで電波少女結成。幾度のメンバー加入、脱退を経て、現在はMC担当ハシシとパフォーマンス&ボタンを押す係担当nicecreamの2名で活動。ハシシの等身大でリアルなリリックと、キャッチーなメロディーは一度聞いたら耳から離れない中毒性を持ち、ライブにおけるnicecreamのダンスパフォーマンスは、他では味わえない華やかさがありライブならではの一体感を生み出している。各動画サイトにアップロードされたMVなどの映像は累計で300万再生を突破しており、今、最も注目と期待を集めているHIPHOPCREWである。2017年9月27日メジャーデビューアルバム『HEALTH』発売!

神聖かまってちゃん
神聖かまってちゃん(しんせいかまってちゃん)

の子(Vo,G)、mono(Key)、ちばぎん(B)、みさこ(Dr)の4人組からなるインターネットポップロックバンド。の子、mono、ちばぎんは幼稚園時の同級生。みさこは、ネットのメンバー募集で加入する。自宅でのトークや路上ゲリラライブなどの生配信、自作MVの公開といったインターネットでの動画配信で注目を集める。2010年12月にメジャーレーベルのワーナーミュージック・ジャパン/unBORDE から『つまんね』、インディーズレーベルのPERFECT MUSICから『みんな死ね』という2枚のアルバムを同時リリース。2017年9月6日、最新アルバム『幼さを入院させて』を発表。の子自らの体験や感情をタブーなき赤裸々な言葉で紡ぎ、美しいメロディーによる楽曲と強烈なライブパフォーマンスで、常に話題になるインターネットポップロックバンドとして活動中。

関連チケット情報

2017年10月7日(土)
電波少女
会場:高円寺 HIGH(東京都)
2017年10月20日(金)
神聖かまってちゃん
会場:cube garden(北海道)
2017年11月1日(水)
神聖かまってちゃん
会場:仙台CLUB JUNK BOX(宮城県)
2017年11月2日(木)
神聖かまってちゃん
会場:GOLDEN PIGS BLACK STAGE(新潟県)
2017年11月10日(金)
神聖かまってちゃん
会場:スペードボックス(愛知県)
2017年11月12日(日)
神聖かまってちゃん
会場:246 LIVE HOUSE GABU(大阪府)
2017年11月25日(土)
神聖かまってちゃん
会場:Fukuoka BEAT STATION(福岡県)
2017年12月3日(日)
神聖かまってちゃん
会場:TSUTAYA O-EAST(東京都)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)