特集 PR

電波少女×神聖かまってちゃん対談 ネット世界の変化に意見する

電波少女×神聖かまってちゃん対談 ネット世界の変化に意見する

電波少女『HEALTH』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:沼田学 編集:矢島由佳子

俺はぶっちゃけ、「俺にはネットがあるから」っていう理由で、メジャーを見下してたんですよ。(の子)

―お二人とも、アーティストとしてのペルソナを被るというよりは、「自分自身であるため」に音楽をやっているようなところがありますよね。

の子:そうですね……でも、もうわけわかんなくなってきますよ。商業ベースに則ってやっているぶん、期待されたりする部分もあるので。期待に応えたくてやっているわけじゃないんだけど、結局は、期待に応えてしまっているのかな? とか……そういう「かな?」がどんどん溜まっていって、自分でもわけわかんなくなったときもありますし……今でも、たまにわけわかんなくなりますね。

ハシシ:なるほど……でも、わかる気がします。僕、『夏.インストール』(2016年)に入っていた“きっと良くなるさ”がすごく好きなんですよ。あの曲って、それまでのかまってちゃんとは、ちょっと違った角度の曲だったと思うんです。儚さはあるんですけど、ポジティブなメッセージもあって。

の子:そうだね。あのアルバム自体、そういう意見が多かったかも。

ハシシ:あの曲を聴いたとき、「今まで経験してきたことを咀嚼して、今、の子さんはこの言葉を歌っているんだな」って感じて、僕はすごく感動したんです。この変化に対して「丸くなった」って言う人もいるかもしれないけど、僕は全然そう思わなくて。むしろ、こういう変化が大好きなんですよね。その人が、今まで見せていた表情とは違う表情を見せてくれると、すごく人間味を感じて好きになるんです。

ハシシ

―「変化」を受け入れられるか否かという点は、アーティストにとっても、リスナーにとっても、きっと大きなポイントなんでしょうね。基本的に、変化すること自体はポジティブなことであるはずだけど、パブリックイメージや、そこから生まれる「期待」というものは、どうしたってアーティストに付きまとうものでもある。メジャーデビューの先で、ハシシさんにも重くのしかかってくるかもしれないですね。

の子:メジャーデビューかぁ。電波少女は、売れますよ。

ハシシ:いやいやいや(笑)。

の子:俺は絶対に売れると思う。マジで。というか、売れてほしいんだよ。

の子:かまってちゃんがメジャーデビューしたとき、俺はぶっちゃけ、「俺にはネットがあるから」っていう理由で、メジャーを見下してたんですよ。でも、しばらく活動してきて、メジャーも上手く使えれば、そのよさは花開くものだと思うようになった。まあ、かまってちゃんは不器用というか、下手くそだったから、メジャーを上手く使えなかったなって思いますけどね(笑)。ムカついたら、すぐに「死ね!」とか言っちゃうから。

ハシシ:ははは(笑)。

の子:もちろん、それは俺の人間性ありきなんだけど。

の子

の子:でも、ハシシくんはこれからメジャーデビューするに当たって、「売れたい」と思うんだったら、ハッタリをかましていったほうがいいと思うな。なんでも言っちゃえばいいんだよ。普段からそういう「ハッタリをかます自分」っていうものを作っていってもいいんじゃない?

ハシシ:ハッタリ、ですか。

自分に対して冷めている自分もいるんですよ。「お前、そんなキャラじゃねぇだろ?」って。(ハシシ)

―ハシシさんはメジャーデビューするに当たって、野心のようなものはありますか?

ハシシ:野心かぁ……漠然としたものしかないです。ちゃんとご飯が食べられるようになったらいいな、とか。

の子:お前、中学生かっ!

左から:ハシシ、の子

の子:でも、内に秘めているものはあるんでしょ? 「でっかい場所でライブをやりたい!」とかさ。

ハシシ:それは、もちろんあります。ただ、「怖いな」っていう気持ちもあるんですよね。たとえば、ラッキーパンチですごい額のお金が入ってきたとき、今までのような反骨心のある、うだつの上がらない感じの歌詞は書けないと思うんですよ。そうなったとき、今までのリスナーはどう思うだろう? とか……。

―ハシシさんは、かまってちゃんやゴールデンボンバーのように世の中に異物として登場して、シーンをかき回していく人たちがお好きなんですよね? メジャーデビューした先、自分自身がその役割を背負おうという意識は?

ハシシ:もちろん、の子さんや鬼龍院(翔)さんのような、メンタルがロックな人が好きですし、そこに自分も入っていけたらいいなとは思うんですけど、同時に、自分に対して冷めている自分もいるんですよ。「お前、そんなキャラじゃねぇだろ?」って自分に言い聞かせている部分もあって。

左から:ハシシ、の子

―では、ハシシさんにとってメジャーデビューは、どのような意味を持つ出来事なのでしょう?

ハシシ:自分のなかで、ひとつの大きな目標であったことは確かです。というのも、この歳で音楽を続ける理由を、親や周りに対して作りたいなと思って。いつまでも東京でフラフラしているよりは、わかりやすく、胸を張って言える材料がほしかったというのが正直なところです。

ただ、僕は欲張りなので、自分にとっての楽しいことをチョイスして、行きたい場所に行きたいっていう。そして行き着いた先々で、自分たちのできることのなかで、面白いことをちゃんとやっていきたい。それだけなんですよ。

の子:なるほどなぁ。今、話していて思うんだけど、ハシシくんって、本当に純粋だよね。裸で、剥き出しだなって思う。

ハシシ:いえ、そんな……僕は猫被ってますよ(笑)。

の子:うん、歌詞を見れば、それはわかるんだけどさ(笑)。でも、こういう取材の現場なんかも上手く利用して、ハッタリでもなんでも、ぶちかませばいいのに。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

電波少女『HEALTH』初回限定盤
電波少女
『HEALTH』初回限定盤(CD+DVD)

2017年9月27日(水)発売
価格:3,799円(税込)
BVCL-823/4

[CD]
1. INTRO
2. ME
3. FOOTPRINTZ
4. 21世紀難民 feat. れをる(from REOL)
5. 先天性ハートブレイク
6. 花火 feat. NIHA-C
7. MONE\CLIP feat. Jinmenusagi
8. SKIT1
9. 未来は誰かの手の中
10. クビナワ feat. ぼくのりりっくのぼうよみ&ササノマリイ
11. SKIT2
12. NO NAME.
13. A BONE feat. Jinmenusagi & NIHA-C
14. OUTRO
[DVD]
『電波少女 ワンマンライブ“EST.”at Shibuya WWW X(2017.06.18)』
1. INTRO
2. FOOTPRINTZ
3. オルタネートエラー feat. トップハムハット狂
4. Mis(ter)Understand
5. Earphone feat. Jinmenusagi
6. RY feat. Jinmenusagi
7. オーバードーズ feat. NIHA-C
8. MO feat. NIHA-C
9. ME
10. 笑えるように
11. COMPLEX feat. Jinmenusagi, NIHA-C
『MV & Short Movie』
12. ME MV
13. FOOTPRINTZ MV
14. NO NAME. -Short Movie-『デイドリーマーA』

電波少女『HEALTH』通常盤
電波少女
『HEALTH』通常盤(CD)

2017年9月27日(水)発売
価格:2,800円(税込)
BVCL-825

1. INTRO
2. ME
3. FOOTPRINTZ
4. 21世紀難民 feat. れをる(from REOL)
5. 先天性ハートブレイク
6. 花火 feat. NIHA-C
7. MONE\CLIP feat. Jinmenusagi
8. SKIT1
9. 未来は誰かの手の中
10. クビナワ feat. ぼくのりりっくのぼうよみ&ササノマリイ
11. SKIT2
12. NO NAME.
13. A BONE feat. Jinmenusagi & NIHA-C
14. OUTRO

イベント情報

電波少女
『メジャーデビューアルバム「HEALTH」リリースパーティー』

2017年10月7日(土)
会場:東京都 高円寺HIGH

リリース情報

神聖かまってちゃん『幼さを入院させて』初回限定盤
神聖かまってちゃん
『幼さを入院させて』初回限定盤(CD+DVD)

2017年9月6日(水)発売
価格:5,292円(税込)
WPZL-31358/9

[CD]
1. 夕暮れの鳥
2. イマドキの子
3. 陸上部の夏
4. ねこねこレスキュー隊
5. 非国民的アイドル
6. まいちゃん全部ゆめ
7. 雲が流れる
8. 緑の長靴
9. 僕はぬいぐるみ
10. おはよう
11. 光の言葉
12. 日々カルチャア
13. 不安定ねこくらげ
[DVD]
『「めちゃ×2魔法を叶えてっ!」ツアーファイナル at EX THEATER ROPPONGI 2017.1.29』
1. たんぽぽ
2. 自分らしく
3. 新宿駅
4. 天文学的なその数から
5. 肉魔法
6. ゆーれいみマン
7. グロい花
8. 緑の長靴
9. ねこラジ
10. 男はロマンだぜ!たけだ君っ
11. ロックンロールは鳴り止まないっ
12. 背伸び
13. ちりとり
14. ズッ友
15. drugs,ねー子
16. コンクリートの向こう側へ
~Encore~
まいちゃん全部ゆめ
躁鬱電池メンタル
フロントメモリー
~Encore 2~
リッケンバンカー
『ボーナス映像「進撃のかまってちゃん駆逐ツアー」at 東京キネマ倶楽部 2017.7.2』
1. 光の言葉
2 夕暮れの鳥
3. 23才の夏休み

神聖かまってちゃん『幼さを入院させて』通常盤
神聖かまってちゃん
『幼さを入院させて』通常盤(CD)

2017年9月6日(水)発売
価格:3,240円(税込)
WPCL-12718

1. 夕暮れの鳥
2. イマドキの子
3. 陸上部の夏
4. ねこねこレスキュー隊
5. 非国民的アイドル
6. まいちゃん全部ゆめ
7. 雲が流れる
8. 緑の長靴
9. 僕はぬいぐるみ
10. おはよう
11. 光の言葉
12. 日々カルチャア
13. 不安定ねこくらげ

イベント情報

神聖かまってちゃん
『神聖かまってちゃんワンマンツアー「入院ツアー」』

2017年10月20日(金)
会場:北海道 札幌 cube garden

2017年11月1日(水)
会場:宮城県 仙台 CLUB JUNKBOX

2017年11月2日(木)
会場:新潟県 GOLDEN PIGS BLACK STAGE

2017年11月10日(金)
会場:愛知県 名古屋 SPADE BOX

2017年11月12日(日)
会場:大阪府 GABU

2017年11月25日(土)
会場:福岡県 BEAT STATION

2017年12月3日(日)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-EAST

プロフィール

電波少女
電波少女(でんぱがーる)

2009年、インターネット動画投稿サイトに突如姿を現した数名の個性派MC・TMで電波少女結成。幾度のメンバー加入、脱退を経て、現在はMC担当ハシシとパフォーマンス&ボタンを押す係担当nicecreamの2名で活動。ハシシの等身大でリアルなリリックと、キャッチーなメロディーは一度聞いたら耳から離れない中毒性を持ち、ライブにおけるnicecreamのダンスパフォーマンスは、他では味わえない華やかさがありライブならではの一体感を生み出している。各動画サイトにアップロードされたMVなどの映像は累計で300万再生を突破しており、今、最も注目と期待を集めているHIPHOPCREWである。2017年9月27日メジャーデビューアルバム『HEALTH』発売!

神聖かまってちゃん
神聖かまってちゃん(しんせいかまってちゃん)

の子(Vo,G)、mono(Key)、ちばぎん(B)、みさこ(Dr)の4人組からなるインターネットポップロックバンド。の子、mono、ちばぎんは幼稚園時の同級生。みさこは、ネットのメンバー募集で加入する。自宅でのトークや路上ゲリラライブなどの生配信、自作MVの公開といったインターネットでの動画配信で注目を集める。2010年12月にメジャーレーベルのワーナーミュージック・ジャパン/unBORDE から『つまんね』、インディーズレーベルのPERFECT MUSICから『みんな死ね』という2枚のアルバムを同時リリース。2017年9月6日、最新アルバム『幼さを入院させて』を発表。の子自らの体験や感情をタブーなき赤裸々な言葉で紡ぎ、美しいメロディーによる楽曲と強烈なライブパフォーマンスで、常に話題になるインターネットポップロックバンドとして活動中。

関連チケット情報

2017年11月25日(土)
神聖かまってちゃん
会場:Fukuoka BEAT STATION(福岡県)
2017年12月3日(日)
神聖かまってちゃん
会場:TSUTAYA O-EAST(東京都)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Suchmos“WIPER”

『日本レコード大賞』最優秀アルバム賞を受賞するなど、まさに「今年の顔」だったSuchmos。のべ2万5千人動員の全国ツアーを揺らしたアッパーチューン“WIPER”のMVには、7月に開催された日比谷野音ライブの映像を使用。カラフルでアーティスティックなアニメーションを加えて、とどまるところを知らない彼らの勢いと躍動感を伝えている。監督は山田健人。(佐伯)

  1. 『紅白歌合戦』出演者にWANIMA、三浦大知、エレカシ、竹原ピストル、TWICEら 1

    『紅白歌合戦』出演者にWANIMA、三浦大知、エレカシ、竹原ピストル、TWICEら

  2. 菊地成孔×湯山玲子対談 「文化系パリピ」のススメ 2

    菊地成孔×湯山玲子対談 「文化系パリピ」のススメ

  3. 長澤まさみが高橋一生の腕の中で眠る、映画『嘘を愛する女』新ビジュアル 3

    長澤まさみが高橋一生の腕の中で眠る、映画『嘘を愛する女』新ビジュアル

  4. 西野七瀬がドラマ『電影少女』でビデオガール・アイ役 初ショートカットに 4

    西野七瀬がドラマ『電影少女』でビデオガール・アイ役 初ショートカットに

  5. のんが少年ヒーロー・クボに変身 『映画秘宝』表紙&巻頭グラビア 5

    のんが少年ヒーロー・クボに変身 『映画秘宝』表紙&巻頭グラビア

  6. カクバリズムの新鋭・mei eharaが明かす、デビューまでの葛藤 6

    カクバリズムの新鋭・mei eharaが明かす、デビューまでの葛藤

  7. 最果タヒ×山戸結希 この時代の一番の共犯者たち「言葉」を語る 7

    最果タヒ×山戸結希 この時代の一番の共犯者たち「言葉」を語る

  8. 吉本ばなな×岡村靖幸×のん×川島小鳥のグラビア小説も 『Maybe!』第4号 8

    吉本ばなな×岡村靖幸×のん×川島小鳥のグラビア小説も 『Maybe!』第4号

  9. ジョン・レノン&オノ・ヨーコのベッドイン写真展 世界初公開作含む約40点 9

    ジョン・レノン&オノ・ヨーコのベッドイン写真展 世界初公開作含む約40点

  10. 『ファンタスティック・ビースト』最新作が来冬公開 主要キャストの初写真 10

    『ファンタスティック・ビースト』最新作が来冬公開 主要キャストの初写真