特集 PR

Mr.とphaの「つながりながら、ひきこもりたい」理想の生き方対談

Mr.とphaの「つながりながら、ひきこもりたい」理想の生き方対談

『ヨコハマトリエンナーレ2017』
インタビュー・テキスト
杉原環樹
撮影:豊島望 編集:宮原朋之

人が通り過ぎてしまいそうな身近なモチーフや風景を丹念に表現することで、世界の見え方をゆるやかに変えてしまう人たちがいる。アーティストのMr.と著述家のpha。一風変わった名前を持つこの二人は、これまでの「アートらしさ」や「普通の生活」を相対化することで、社会のなかにそんな新しい視点を作ってきた実践者だ。

アーティスト・村上隆の一番弟子でもあるMr.は、美大受験失敗後の葛藤のなか、まだアートの対象と認知されていなかったアニメキャラクターや、雑然とした自室を作品に昇華。いまや世界的な表現者となった。一方phaは、京都大学卒業後に就職するも、型通りの就業生活に馴染めず退職。シェアハウス「ギークハウス」を立ち上げつつ、収入にも場所にも常識にもとらわれない、新たな生き方を綴ったエッセイで人気を得ている。

今回、現在開催中の『ヨコハマトリエンナーレ2017』へのMr.の参加を機に、そんな両者の対談を行った。「島と星座とガラパゴス」がテーマの同祭では、現代の「孤立」と「接続性」が見せる想像力に焦点が当てられている。身辺の世界から未知の価値観を築いてきた二人は、どのようにいまに至ったのか。彼らの歩みから見えるものとは?

アート観光で有名な直島に行ったこともあるんですけど、美術館は見なかった(笑)。(pha)

―はじめに、phaさんが現在どんな生活を送られているのか、お聞きできますか?

pha:シェアハウスに住み、毎日、好きな時間に好きなことをしている生活です。最近は執筆などでけっこう忙しいんですが、基本的には同居人とゲームしたり、漫画を読んだり、そんな感じでウダウダしています。

28歳まで会社に勤めていたんですが、毎日、同じ場所に通う生活ができず、退職して上京して、この生活ももう10年です。世間的には認められないかもしれないけど、僕にはこれが「普通」の生活なんです。

pha
pha

―普段はあまり、アートを見られないそうですね。

pha:そうですね。島そのものに興味があって、アート観光で有名な直島に行ったこともあるんですけど、美術館は見なかった(笑)。でも、誘われて見に行くと、好きな作品もあるんです。実際、Mr.さんは好きで、知っていました。

というのも、一度ギークハウスで「カオス*ラウンジ」というグループの展示に誘ってもらったことがあって。それは会場で、みんなでいつも通り寝転んでパソコンをいじるものだったのですが、見た人からMr.さんの名前を聞いたんです。それで調べてみると、「なるほどな」と。

Mr.:僕もそのころですよ、ギークハウスの存在を知ったのは。

左から:Mr.、pha
左から:Mr.、pha

『「誰も死なない」の世界展』カイカイキキギャラリー 2008年 撮影:Mie Morimoto ©2008 Mr. / Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.
『「誰も死なない」の世界展』カイカイキキギャラリー 2008年 撮影:Mie Morimoto ©2008 Mr. / Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.

pha:いまの家もそうですけど、僕はごちゃごちゃした部屋が好きなんです。むしろ綺麗な部屋は落ち着かない。散らかった部屋がかっこよくて、Mr.さんの作品もいいなと思いました。

10代のころはヤンキーとオタクのハイブリッドでした。(Mr.)

―Mr.さんが自室をモチーフにされたきっかけは、なんだったのでしょうか?

Mr.:なんでしょう、自分大好きなのかも、結局は(笑)。昔はオタクであることがすごく恥ずかしかったんです。でも、アートをやりだしてから、「待てよ、逆にかっこいいかもしれない」と考えはじめて。恥ずかしい部分を出していこうと思った。もともと、実家がゴミ屋敷みたいでしたから。床から30センチくらいまでゴミ、という環境で。

―10代のころはヤンキーだったそうですが、そのころからオタクの性質はあったんですか?

Mr.:ヤンキーとオタクのハイブリッドでした。当時はヤンキー文化の最盛期で、弱々しいといじめられる小さな社会があった。それで暴走族の下っ端をしていたけど、一方で放送中のアニメは片っ端から見ていました。

あと、大きかったのは受験の失敗かもしれない。周囲が東京藝術大学などに受かって、自分だけ置いていかれたような挫折感がすごかった。それで専門学校に通い、しばらくして村上隆さんの手伝いをはじめたんですが、同時に趣味に突き進んで、コミケでエロ漫画を買うようにもなった。

ある日、村上さんに「エロ漫画ばかり見ている」とその束を持って行くと、「よくわからんけど、これでいけばいいんじゃない?」と。そこから、いまにつながる作品をはじめました。

Mr.

pha:村上さんは厳しそうですが、居場所を見つけたような気持ちだったんでしょうか?

Mr.:まだ村上さんも貧乏で、スタッフも1人や2人でした。まさかここまで有名になるとは思っていなかったけど、僕には「これからの人だ」という直感があった。だからなんとか手伝えていたし、この場所でひたすら続けてみようという気持ちになりました。初期のころは、レシートの裏に小さくロリコンキャラを水彩画で描いていたんです。

pha:レシートですか?

『大江戸くノ一忍法帳帖』シリーズより 1997年 ©1997 Mr./Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.
『大江戸くノ一忍法帳帖』シリーズより 1997年 ©1997 Mr./Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.

Mr.:綺麗な紙ではなく、どんどん蓄積される自分の足跡みたいで、日にちも刻まれるのがすごくいいなと思ったんです。当時僕は、アニメキャラの一方で、ゴミを拾ってきて作品を作ってもいた。これは、自分のなかでブームだった「アルテ・ポーヴェラ」というイタリアの芸術運動の影響でもあります。

この運動は、「貧しい芸術」という意味のとおり、芸術の素材とは思われていなかったその辺の鉄板や新聞紙、馬、石なんかで作品を作るものだった。作家たちが実際に貧しかったという理由もあるけど、僕にはそこに日本とイタリアが同じ「敗戦国」だという背景もある気がして、身近に感じたんです。アニメやゴミといったものが絡み合って、徐々に自分の表現のかたちが見えてきました。

Page 1
次へ

イベント情報

『ヨコハマトリエンナーレ2017』
『ヨコハマトリエンナーレ2017』

2017年8月4日(金)~11月5日(日)
会場:神奈川県 横浜美術館、横浜赤レンガ倉庫1号館、横浜市開港記念会館 地下
時間:10:00~18:00(10月27日~10月29日、11月2日~11月4日は20:30まで、最終入場は閉場の30分前まで)
参加アーティスト:
アイ・ウェイウェイ
ブルームバーグ&チャナリン
マウリツィオ・カテラン
ドン・ユアン
サム・デュラント
オラファー・エリアソン
アレックス・ハートリー
畠山直哉
カールステン・ヘラー、トビアス・レーベルガー、アンリ・サラ&リクリット・ティラヴァーニャ
ジェニー・ホルツァー
クリスチャン・ヤンコフスキー
川久保ジョイ
風間サチコ
ラグナル・キャルタンソン
MAP Office
プラバヴァティ・メッパイル
小沢剛
ケイティ・パターソン
パオラ・ピヴィ
キャシー・プレンダーガスト
ロブ・プルイット
ワエル・シャウキー
シュシ・スライマン
The Propeller Group、トゥアン・アンドリュー・グエン
宇治野宗輝
柳幸典
青山悟
ジョコ・アヴィアント
イアン・チェン
マーク・フスティニアー二
木下晋
小西紀行
Mr.
アン・サマット
瀬尾夏美
照沼敦朗
タチアナ・トゥルヴェ
ザオ・ザオ
『Don't Follow the Wind』

プロフィール

Mr.(みすたー)

村上隆の弟子として約20年、共に歩んで来た作家。画風は今現在の日本の住宅地の中にいるかわいい少女をアニメ風、ゲームキャラクター風に描く事に集中し続けている。アニメっぽい絵でキャンヴァスや紙にペィンティングやドゥローイングを描いていいんだ、、、とMr.の存在自体が免罪符となって、pixiv等のソーシャルネットワークの中で、Mr.のフォロワー作家が急増中。Mr.以前にはこうした作家は存在しなかった。最近日本で出現したカオス*ラウンジの展示方法等Mr.が開発したフォーム、「汚い自分の部屋の中に作品が転がってる」に強い影響を受けている。マイナーな、存在だった彼が、いまや、メジャーシーンへと飛び出して来ている。

プロフィール

pha(ふぁ)

1978年生まれ。小さい頃から労働意欲に欠け、京都大学を卒業して適当な会社に入社するも3年で辞め、以降ふらふらと定職に就かずにシェアハウスで暮らしている。著書に『持たない幸福論』『しないことリスト』『ひきこもらない』などがある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

中村佳穂『SING US “忘れっぽい天使 / そのいのち”』(live ver.)

古来、歌というものは、すなわち「祈り」だった。中村佳穂というシンガーの歌を聴いて思うのはそんなこと。リリース前の音源を事前配布し、来場者と歌うという試み自体もすごいが、各々の歌う声が重なることにより生まれるエネルギーの躍動はもっとすごい。私たちは、ディスプレイを前にそんな音楽の奇跡を目の当たりさせられる。(山元)

  1. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 1

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  2. SPANK HAPPY再始動 2人が今、ここで組む理由を語る 2

    SPANK HAPPY再始動 2人が今、ここで組む理由を語る

  3. 舞台『家庭教師ヒットマンREBORN!』キャラビジュ第2弾&追加キャスト発表 3

    舞台『家庭教師ヒットマンREBORN!』キャラビジュ第2弾&追加キャスト発表

  4. 崎山蒼志が“夏至”“五月雨”のPVを同時公開、初音源の配信も決定 4

    崎山蒼志が“夏至”“五月雨”のPVを同時公開、初音源の配信も決定

  5. 「究極の一瞬を表現できる」loundrawが明かすイラストの強さ 5

    「究極の一瞬を表現できる」loundrawが明かすイラストの強さ

  6. 山崎賢人が医師役、新ドラマ『グッド・ドクター』主題歌はandrop“Hikari” 6

    山崎賢人が医師役、新ドラマ『グッド・ドクター』主題歌はandrop“Hikari”

  7. 吉沢亮が杉野遥亮に宣戦布告『あのコの、トリコ。』予告編 主題歌はNissy 7

    吉沢亮が杉野遥亮に宣戦布告『あのコの、トリコ。』予告編 主題歌はNissy

  8. 『ULTRA JAPAN』第1弾でZedd、ニーナ・クラヴィッツ、Afrojackら19組 8

    『ULTRA JAPAN』第1弾でZedd、ニーナ・クラヴィッツ、Afrojackら19組

  9. 和田アキ子トリビュート盤に横山健、Toshlら13組、ジャケはビートたけし作 9

    和田アキ子トリビュート盤に横山健、Toshlら13組、ジャケはビートたけし作

  10. ハンバート ハンバートが又吉直樹とダンスを披露 “虎”PV公開 10

    ハンバート ハンバートが又吉直樹とダンスを披露 “虎”PV公開