特集 PR

ゲストハウスの代表格Nui.の本間貴裕に訊く、人々が集う場所作り

ゲストハウスの代表格Nui.の本間貴裕に訊く、人々が集う場所作り

HereNow
インタビュー・テキスト
星文香
撮影:永峰拓也 編集:柏井万作

現地に住むキュレーターがその街のカルチャースポットを紹介するクリエイティブシティガイド『HereNow』と連動して、人気モデルの村田倫子さんが同ガイドのスポットを巡り、東京のカルチャーを学ぶ連載『村田倫子が学ぶ東京カルチャー』。

第3回目は、バーラウンジ併設型ゲストハウスの先駆けと言われるNui.をはじめ、toco.、Lenを経営する株式会社バックパッカーズジャパン代表取締役の本間貴裕さんに、この春日本橋にオープンさせたばかりのホステル&バー「CITAN」でお話しを伺いました。

「あらゆる境界を越えて、人々が集える場所を」を理念に掲げ、今まで日本でほとんど見かけることのなかったバーラウンジ+ゲストハウスの形を成功させた彼ら。自らの足で百数十もの宿を見て回ったからこそ感じる、ゲストとのちょうど良い距離の取り方とは?

仲がいい人が増えるにつれて、ゲストが自然に増えていくくらいがちょうどいい。(本間)

村田:本間さんは、どうして宿泊事業を始めようと思ったんですか?

村田倫子
村田倫子

本間:僕は今31歳なんですけど、20歳のときにオーストラリアを1周した経験が大きいですね。

株式会社Backpackers' Japan代表取締役 本間貴裕
株式会社Backpackers' Japan代表取締役 本間貴裕

本間:1年間、宿も決めずにバックパッカーとして回ったんですけど、いざ旅に出てみたら、どう動いていいのか分からなくて。そんなとき、現地で出会った旅慣れた人が「困ってそうだけど大丈夫?」って声をかけてくれました。それで、連れて行ってもらったのが、シドニーのレイルウェイスクエアというユースホステル。

そのとき初めて、ゲストハウスやホステルと呼ばれる場所に泊まったんですけど、そこでは白人も、黒人も、アジア人も、いろいろな国の人たちがビールを飲みながらわいわいして話をしたんです。

村田:わ~、すごく楽しそう!

本間:旅行中ってみんな楽しい話しかしないじゃないですか? 上司の愚痴も言わないし、「どこに行くの?」「ここよかったよ」「将来は何をするの?」みたいな前向きな話をしていて……そういう旅だからこそできる話が面白くて、旅に関わるような事業をやりたくなっちゃったんですよね。

CITAN
CITAN(HereNowで見る

CITANの客室(クイーンダブルルーム)
CITANの客室(クイーンダブルルーム)

村田:そうだったんですね。オーストラリアでの体験は、今どういうところに生きていると思いますか?

本間:ホテルを作るのと、ゲストハウスを作るのってちょっと違っていて、僕たちが大切にしているのは、「その中でどれだけ人が楽しそうに話をしているのか」。これをよく考えます。

村田:おしゃれとか、設備が充実しているとか、部屋が大きいとか、そういうことではないんですか?

本間:違うんですよ。楽しそうに話ができる場を作るために、「ラウンジ」を最も大切にしているし、それはオーストラリアの宿での経験が生きてるところですね。

本間貴裕

村田:このCITANのラウンジを見てもそうですけど、いろんな国の方々が、混ざり合って楽しそうに話をしてますよね。ここを訪れる方は、どこでCITANの存在を知ったんでしょう?

本間:いろんなパターンがありますが、一番多いのはFacebook、Twitter、InstagramといったSNSですね。あとは、Booking.comやHostelworld.comといったポータルサイト。その2つがメインです。

50以上の国からCITANに人が訪れている
50以上の国からCITANに人が訪れている

村田:広告は出さないんですか?

本間:広告は一度も出したことがないんです。イメージなのかもしれないですけど、消費されて廃れてしまう気がしていて。そうはなりたくないねというのは、最初からスタッフで話していました。自分たちと仲がいい人が増えるにつれて、ゲストが自然に増えていくくらいがちょうどいいのかなって思っています。

人と話したくなるのは、風通しが良い場所だなって思う。(本間)

村田:このCITANさんは、内装などもすばらしいなって思うのですが、ゲストハウスを作るときには立地や内装で意識していらっしゃることはありますか?

二段ベッドが配置されたツインルームも
二段ベッドが配置されたツインルームも

統一されたデザインが魅力

統一されたデザインが魅力
統一されたデザインが魅力

本間:まず立地は、外国のゲストが多いので、空港からのアクセスが良くて、観光地にも行きやすい場所。このCITANも浅草線、総武線、新宿線が近く、東京駅からもタクシーでも1,000円程度だし、成田空港・羽田空港どちらからでも1本で来られるんですよ。その次に、風通しが良い場所というのはいつも言っていますね。

村田:風通しというのは物理的にですか?

本間:感覚的な部分が大きいんですけど、友達の家に行っても、明るくからっとしているところと、そうでないところとあるじゃないですか。

村田:あー、分かります(笑)。

光がたくさん入り、風通しのよい室内
光がたくさん入り、風通しのよい室内

本間:人と話したくなるのは、風通しが良い場所だなって思う。だから、不動産屋さんにはいつもそのことを話すし、それを「そうですよね」って分かってくれる方と一緒にやる。このCITANのバーラウンジも、もう少し風通しが良くて、明るかったらいいですよねって話をしたら、床を抜いてくれたんですよ。

床を抜いて、光と風が地下まで通るようにした
床を抜いて、光と風が地下まで通るようにした

本間:地下だとどうしてもじめっとしちゃうじゃないですか。それを、大きい窓をつけて、風を下まで通すシーリングファンをつけて、風通しを良くしました。

村田:こういう場所だとまた帰ってきたくなりますよね。そう思う理由には、接客などサービスの面でもあるような気がしたんですが、いかがでしょう?

本間:ある程度型にはまった接客って、誰でもできると思うんです。でも私たちが目指しているのは、ゲストが雨で濡れているときに「大丈夫?これどうぞ」ってタオルを貸してあげられたり、ひとりで飲んでいるゲストに「どこから来たの?」って気軽に声をかけられるかどうか。それこそがゲストを迎え入れようとする気持ちの表れだし、うちのコアな部分だと思いますね。

CITANのバーラウンジ

村田:お声がけはよくするんですか?

本間:よくしていると思います。やっぱり、うちのゲストハウスに泊まりに来てくれている時点で、何か楽しいことがあるかもしれないって期待感を持っていると思うんですよね。特にひとりでNui.やCITANのラウンジで飲んでいたりするということは。

CITANのバーラウンジ
CITANのバーラウンジ

村田:確かに、本当にひとりで飲みたければ、どこか違うカフェに行ったり、自分の家でゆっくり飲みますもんね。

本間:そうなんです。僕もそうですが、ひとり旅をしているときって、ラウンジで本を読みつつも、誰かと友達になれたら嬉しいなって心の中では思っていたりするんです。そういう方に対して声をかけるのはみんな上手いんじゃないかな。

でも、「ひとりの人がいたら声をかけましょう」っていうのをマニュアルにするのはナンセンスだし、そこはあくまでスタッフの自由意思。自然な流れがいいですよね。

村田:スタッフさんも心からこの宿が好きだから、ゲストに対して気持ち良く過ごしてもらいたいという気持ちで接することができるんでしょうね。

 

本間:確かに、「自分の家が気持ちいいからみんなおいでよ」っていう気持ちはスタッフの中にあると思います。だから、この宿を守ろうと思うし、誰かを迎え入れたときに嬉しい。オフの日でもスタッフが飲みに来てますからね(笑)。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

サイト情報

HereNow

アジアを中心としたクリエイティブシティガイド。現在東京、京都、福岡、沖縄、台北、バンコク、シンガポール、ソウルの8都市で展開しています。

店舗情報

CITAN

住所:東京都中央区日本橋大伝馬町15-2
営業時間:
コーヒースタンド「BERTH COFFEE」8:00~19:00
バー 18:00~24:00
ダイニング 18:00~22:30(ラストオーダー)
電話番号:03-6661-7559
最寄り駅:馬喰横山駅

プロフィール

村田倫子(むらた りんこ)

1992年10月23日生まれ、千葉県出身のモデル。ファッション雑誌をはじめ、テレビ・ラジオ・広告・大型ファッションイベントへの出演など幅広く活動している。自身初のスタイルブック「りんこーで」は発売から1週間で緊急増刷となり、各種SNSのフォロワーも急上昇中。趣味であるカレー屋巡りのWEB連載企画「カレーときどき村田倫子」では自らコラムの執筆も行ない、ファッションだけにとどまらず、カルチャー・ライフスタイル分野でも注目を集めている。

本間貴裕(ほんま たかひろ)

1985年生まれ、会津若松市出身。二十歳の時に一年間をかけてオーストラリアを一周。その時に出会ったホステル、ゲストハウスという文化に感銘を受け、二十四歳で株式会社Backpackers' Japanを創業。代表取締役。「あらゆる境界線を越えて、人々が集える場所を」という理念のもと2010年にゲストハウスtoco.を、その後東京にてNui.とCITAN、京都にてLen、計4つのホステルをプロデュース、運営する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bullsxxt“Stakes”

ラッパーのUCDを中心とする5人組ヒップホップバンド、Bullsxxtによる1stアルバムから“Stakes”のMVが公開。絡み合う枠線の中で自由に揺れる彼らを街の光が彩る映像は、まるで青春映画のよう。アーバンメロウな生音ヒップホップに耳が喜び、胸が高鳴ります。(井戸沼)

  1. NHK五輪生特番で椎名林檎“東京は夜の七時”TV初披露、Perfume×真鍋大度 1

    NHK五輪生特番で椎名林檎“東京は夜の七時”TV初披露、Perfume×真鍋大度

  2. 吉岡里帆を川島小鳥が秘宝館で撮影 『STUDIO VOICE』の「ゆらぐエロ」特集 2

    吉岡里帆を川島小鳥が秘宝館で撮影 『STUDIO VOICE』の「ゆらぐエロ」特集

  3. 『めちゃイケ』で注目を浴びた、三浦大知のすごさの本質に迫る 3

    『めちゃイケ』で注目を浴びた、三浦大知のすごさの本質に迫る

  4. Massive Attack来日ライブの追加公演が決定 チケット完売を受け 4

    Massive Attack来日ライブの追加公演が決定 チケット完売を受け

  5. 杉野遥亮、超特急タカシら「けだもの男子」が急接近 『花にけだもの』映像 5

    杉野遥亮、超特急タカシら「けだもの男子」が急接近 『花にけだもの』映像

  6. 松坂桃李が「娼夫」に 石田衣良原作の18禁映画『娼年』、監督は三浦大輔 6

    松坂桃李が「娼夫」に 石田衣良原作の18禁映画『娼年』、監督は三浦大輔

  7. 知念侑李と小松菜奈が濡れながらキス寸前 映画『坂道のアポロン』初映像 7

    知念侑李と小松菜奈が濡れながらキス寸前 映画『坂道のアポロン』初映像

  8. スタートトゥデイ前澤友作が123億円で落札したバスキアの作品が一般公開 8

    スタートトゥデイ前澤友作が123億円で落札したバスキアの作品が一般公開

  9. 吉祥寺の新映画館「ココロヲ・動かす・映画館○」が本日開館 開会式に代表が登壇 9

    吉祥寺の新映画館「ココロヲ・動かす・映画館○」が本日開館 開会式に代表が登壇

  10. エッシャー大規模展『ミラクル エッシャー展』来年開催 全作品日本初公開 10

    エッシャー大規模展『ミラクル エッシャー展』来年開催 全作品日本初公開