特集 PR

ゲストハウスの代表格Nui.の本間貴裕に訊く、人々が集う場所作り

ゲストハウスの代表格Nui.の本間貴裕に訊く、人々が集う場所作り

HereNow
インタビュー・テキスト
星文香
撮影:永峰拓也 編集:柏井万作

ゲストハウスはこれから、グローバルを地でいく場所になる。(本間)

村田:もともと、1号店のtoco.を作るときにはバーラウンジを作る予定はなかったそうですね。

1号店のtoco.

1号店のtoco.
1号店のtoco.(HereNowで見る

本間:そうなんです。今ではラウンジラウンジって偉そうに言ってたりするんですけど、一番最初はバーラウンジを作る予定はなくて。 宿泊者だけが集える場所は作ろうと思っていたんですけど、外の人たちが気軽に遊びに来られて、宿泊者と一緒に集う場所というのは、できたらいいけど、でもできないよねって思っていたんです。

 

村田:それはなぜですか?

本間:飲食業をやるのも大変なのに、ましてや宿業と飲食業を両立させるってものすごく難しいですよね。しかも不特定多数の人たちが外から入ってくるとなると、セキュリティー面をどうするという問題もあるし、もし宿泊客がカップラーメンを食べていて、一般客が外食しに入ってきたら、お互いに気まずいじゃないですか。その兼ね合いがすごく難しくて、ちょうどうまくやってるところってなかなか見付けることができなかったんですよね。

村田:今まで宿+バーラウンジという形で成功した事例がなかった中で、本間さんたちはなぜ成功したんでしょう?

左から:本間貴裕、村田倫子

本間:僕らはあらゆる境界線を越えて人が集う場所を作ろうという理念を掲げました。宿と飲食を別で考えて、宿の余ったスペースでバーラウンジやカフェをやろうではなくて、ラウンジを通していろんな人を混ぜようっていうところにフォーカスしたんです。

宿があることで海外の人に来てもらえるし、カフェがあることで近所のおばちゃんや家族の人たちにも入って来てもらえる。そうして一度来てくれた人たちが、今度はお酒とご飯とでわいわい楽しく時間を過ごす。人を混ぜるというところにすべてが向いている、そこの違いだと思います。

 

村田:なるほど。1号店のtocoを作るときには、世界中の宿を回られたそうですが、どういうところを見ていらっしゃったんですか?

本間:2人が世界、2人が日本と、4人でいろんなところを回って見ました。世界を見る2人には、よりデザインや「ゲストハウスってそもそもどういう宿か?」といった外側の部分を見てもらい、国内は僕ともう1人で、もっと実際的な中身の部分を。

村田:中身ですか?

本間:例えば、その町にいる旅行者の数や、立地はどこにあるのがいいのかみたいなところ。それからどういった宿がちゃんと続いていくのだろう、ということを考えました。

村田:存続するゲストハウスに共通するところはあったんですか?

村田倫子

本間:東京の駅前とかめちゃくちゃいい立地なのに宿泊客を全然見かけないところもあれば、沖縄の山奥の3、4時間車を飛ばさなくちゃいけないようなところで毎日賑わっている活気のある宿もあって、要するに場所やきれいさとかって大きな問題じゃないんですよね。

存続するゲストハウスを作るには、収支計画を含めた事業構想が大事なのはもちろんですが、それと同じくらい大事だと気付いたのが、続いている宿には、最低ひとり本気でその宿を愛している人がいるということ。ひとりでも、その宿のことを本気で愛して、少しでも良くしたいって心から思っていれば続くんだなっていうのがその時の僕の中での結論でしたね。

本間貴裕

村田:なるほど。どれだけその宿を愛しているかということが、ゲストへのおもてなしにつながるんですね。最後に、ゲストハウスって世界的に見ると、今後どういう場所になっていくんでしょうか?

本間:ゲストハウスはこれから、グローバルを地でいく場所になるんだろうなと思っています。これから5年後とかってきっと、うちの母親とイスラエルのおばあちゃんが友達になる時代になると考えていて……。というのも、同時翻訳機がもっと発達すると思うんです。今までだと、英語を勉強した、ある程度知識層じゃないと、世界とコミュニケーションをとることができなかったのが、おばあちゃんでも、おじいちゃんでも、子供でも、どの国の人たちとも話せる時代が来る。

 

本間:SNSとかインターネットで人のつながりって加速していますけど、やっぱり対面のつながりがないとちょっと寂しいじゃないですか。だからなおさら、ゲストハウスやラウンジが持つ意味や、そこから広がる世界が違ってくるんじゃないかなって思います。

取材を終えて村田倫子が想うこと

あ、なんだか心地がいい。初めて入った瞬間私が感じたのはそんな温かい感触でした。

本間さんが話してくれたように、この場所をつくるにあたって重要視した「風通しがよい」という条件。それはもちろん物理的な事でもあるけど、本間さんを筆頭にスタッフ皆さんの、純粋にこの場所が「好き」という気持ちと、ゲストに対する親密で気持ちよい距離感が醸し出す、ここ特有の肌で感じる空気感。

好きなことをするために、好きに正面から向き合って作り出したものには、嘘がなくてこのなんとも言えない温もりが宿るんだなあ……。と取材を通して、CITANに対する溢れる熱量と愛をバシバシ感じました。

初めて訪れたのに、どこか懐かしくて、また「ただいま」と帰ってきたくなるような場所。また私も改めて足を運びに来よう。

Page 2
前へ

サイト情報

HereNow

アジアを中心としたクリエイティブシティガイド。現在東京、京都、福岡、沖縄、台北、バンコク、シンガポール、ソウルの8都市で展開しています。

店舗情報

CITAN

住所:東京都中央区日本橋大伝馬町15-2
営業時間:
コーヒースタンド「BERTH COFFEE」8:00~19:00
バー 18:00~24:00
ダイニング 18:00~22:30(ラストオーダー)
電話番号:03-6661-7559
最寄り駅:馬喰横山駅

プロフィール

村田倫子(むらた りんこ)

1992年10月23日生まれ、千葉県出身のモデル。ファッション雑誌をはじめ、テレビ・ラジオ・広告・大型ファッションイベントへの出演など幅広く活動している。自身初のスタイルブック「りんこーで」は発売から1週間で緊急増刷となり、各種SNSのフォロワーも急上昇中。趣味であるカレー屋巡りのWEB連載企画「カレーときどき村田倫子」では自らコラムの執筆も行ない、ファッションだけにとどまらず、カルチャー・ライフスタイル分野でも注目を集めている。

本間貴裕(ほんま たかひろ)

1985年生まれ、会津若松市出身。二十歳の時に一年間をかけてオーストラリアを一周。その時に出会ったホステル、ゲストハウスという文化に感銘を受け、二十四歳で株式会社Backpackers' Japanを創業。代表取締役。「あらゆる境界線を越えて、人々が集える場所を」という理念のもと2010年にゲストハウスtoco.を、その後東京にてNui.とCITAN、京都にてLen、計4つのホステルをプロデュース、運営する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年