特集 PR

全て吐き出したハナレグミが語る「来年から変わる気がしてる」

全て吐き出したハナレグミが語る「来年から変わる気がしてる」

ハナレグミ『SHINJITERU』
インタビュー・テキスト
兵庫慎司
撮影:田中聖太郎 編集:川浦慧

前作『What are you looking for』(2015年)と同じように、自身の書いた曲と、他のクリエイターに詞曲を依頼した曲が共存するニューアルバム『SHINJITERU』をリリースしたハナレグミは、その2枚を最後に次のフェーズに入るという。その新しいフェーズがなんなのか、現在はどこにいて未来はどこに行こうとしているのか、あるいはその現在にも、過去にも、きっと未来にもある永積崇の音楽の軸はどんなものなのか。『SHINJITERU』をとっかかりに、それらを訊けるだけ訊いたインタビューを、お届けする。

「今は抱えないといけない時期だ」って思っていた。

—思ったよりも早くニューアルバムができて、ちょっとびっくりしたんですけども。

永積:あの、なんか、「今年中に出さねば」っていうのが、自分の中にあって。前回の『What are you looking for』の時に、入れられなかった曲が何曲かあったんですよ。かせきさん(かせきさいだぁ)と沖さん(沖祐市 / 東京スカパラダイスオーケストラ)に書いてもらった“秘密のランデブー”とか、泰行くん(堀込泰行)に書いてもらった“ブルーベリーガム”とか。すごくいい感じにでき上がったんですけど、あのアルバムに入れると、他の曲とぶつかり合って、消し合っちゃうような気がしたんですよね。それで入れなかったんだけど。

なんかね、来年からほんとに変わる気がしてるんですよ、大きく。『What are you looking for』と、この『SHINJITERU』で全部終わったな、っていう気があって、ゼロの状態で次が始まりそうな気がしていて。だから、それを残したまま来年に行っちゃいけない気がしたんですよ。“秘密のランデブー”も“ブルーベリーガム”も、来年を迎えちゃうと、アルバムに入れられるタイミングがなくなるような気がして。

永積崇
永積崇

—来年から新しくこういうことをやろうっていうのが、もう見えている?

永積:いや、今の時点ではまったく見えてないけど……でも、すごくポジティブな方向に向かいそうな予感がしてる。今年の春のツアーで、ライブをやりながら何かを生んでいく、っていうことを初めてやったんですよ。ツアー中に地方でメンバーとスタジオに入って新曲を作って、すぐライブでやるとか。

あと、あのツアーで、僕、朗読やってたじゃないですか? あの朗読で、自分の中に溜まった澱みたいなものを全部出したっていうのもあって。「今は抱えないといけない時期だ」って思っていたんですね。

自分の中の憂いを、潜って潜って……叫びにして、ウワーッ! て出さないといけない気がしてたんですよ、この数年。それが終わったなあ、っていう気がしますね……。(アルバムジャケットを見ながら)だから燃え尽きて真っ白になっちゃったのかな(笑)。

ハナレグミ『SHINJITERU』ジャケット写真
ハナレグミ『SHINJITERU』ジャケット写真(Amazonで見る

自分のまんなかにはクールさがあると思ってたけど、意外と、熱いパッション側の人間として俺がいるなあ、と。

—「SHINJITERU」という言葉は、どんなところから?

永積:今回、詞曲で関わってもらった阿部芙蓉美さんと詞のやりとりをしている時に、何十個も詞の断片みたいなものを彼女に送ったんですよ。その中に「SHINJITERU DASAI OYAJI」っていう一言があったの。

朝方、二日酔いで起きれない時に、パッと浮かんで。40いくつにもなっても、まだこういうことをやってて、ずっと音楽もやってて、その時々で落ち込むこともあるけど、でも今ものすごく「やっぱり音楽やりたい」って思ってる俺がいるな、みたいなことを、半分酩酊しながら思ってて。

ダサイことって、熱さとも言えるっていうか。クールでいるよりも、ブルースマンのように、顔からも皮膚からも熱さがはみ出してるようなものでいたい。僕らって、フリッパーズ・ギターとか通ったり、だんだんクールになってきた世代だったと思うんですよ。一見クールで、感情を込めないようにしようっていう……SUPER BUTTER DOGの時も、そう。

でも、意外と、熱いパッション側の人間として俺がいるなあ、と。その中で思いついた言葉が「SHINJITERU DASAI OYAJI」だと思うんです。

永積崇

—そこでどういう感覚から「SHINJITERU」って言葉が出たんでしょうね。

永積:「信じてる」って、よく言う「俺、おまえのこと信じてるからな」っていうのとは全然違うっていうか。自分が信じたいものっていうのは、誰かに託すんじゃなくて、自分の内側にあるものだなと思ったんですよ。

—自分が信じたいものって、何なんでしょう?

永積:それは結局、今まで自分が歌の中に込めたいと思っていたことでもあるけど、余韻とか、感情が、言葉になって立ち上がる手前の何かなのかもしれない。

音楽は、目に見えないし、触れないし、音が鳴った瞬間に消えていくじゃないですか。その関係性がすごい好きなんですよ。だからこそ、自分がそこに入り込める、自分を投影できるものだからだなあっていう。

Page 1
次へ

リリース情報

ハナレグミ『SHINJITERU』
ハナレグミ
『SHINJITERU』(CD)

2017年10月25日(水)発売
価格:3,240円(税込)
VICL-64847

1. 線画
2. ブルーベリーガム
3. 君に星が降る
4. 深呼吸
5. My California
6. ののちゃん
7. 消磁器
8. 秘密のランデブー
9. Primal Dancer
10. 太陽の月
11. YES YOU YES ME

イベント情報

『SHINJITERU』ツアー

2017年11月7日(火)
会場:石川県 金沢 Eight Hall

2017年11月10日(金)
会場:北海道 札幌 Zepp Sapporo

2017年11月12日(日)
会場:宮城県 仙台 GIGS

2017年11月14日(火)
会場:福岡県 福岡 DRUM Logos

2017年11月16日(木)
会場:岡山県 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM

2017年11月17日(金)
会場:愛知県 名古屋 DIAMOND HALL

2017年11月26日(日)
会場:大阪府 大阪 オリックス劇場

2017年12月6日(水)
会場:東京都 東京 国際フォーラム ホールA

プロフィール

ハナレグミ
ハナレグミ

永積崇による、ソロプロジェクト。1997年、SUPER BUTTER DOG でメジャー・デビュー。2002年夏よりバンドと併行して、ハナレグミ名義でソロ活動をスタート。これまでにオリジナルアルバム6枚をリリース。2017年10月、2年ぶりとなる7枚目のオリジナルアルバム「SHINJITERU」をリリース。その深く温かい声と抜群の歌唱力を持って多くのファンから熱い支持を得ている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開