特集 PR

ラジオって今どうなってる?NACK5の制作担当に業界事情を訊いた

ラジオって今どうなってる?NACK5の制作担当に業界事情を訊いた

『KILLER TUNE RADIO』、Churchill『Killer-Tune / モラトリアム・カットアップ』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:沼田学 編集:山元翔一

映画監督とアーティストをかけ合わせ、気鋭の才能を発掘する異色の映画祭『MOOSIC LAB』において、今年数々の作品が公開されるなか、音楽シーンへの問いかけを秘めていたのが、柴野太朗監督の『KILLER TUNE RADIO』である。コミュニティーFMを舞台に、「キラーチューン」を探し求める男女の奮闘を通じて、音楽を媒介としたコミュニケーションのあり方を再考する一作だ。それだけにとどまらず本作は、「5.1chサラウンド」と20以上ある全ての劇伴を同時再生することで主題歌が完成するという実験的なコンセプトによって、映像と音楽の新たな可能性を提示している。

『KILLER TUNE RADIO』が投げかけるメッセージを紐解き、そして今の時代におけるリアルなラジオのあり方について話を伺うべく、NACK5で編成制作を担当する都丸征紀のもとを訪ねた。埼玉を拠点に、来年で開局30周年を迎えるNACK5は、ブロードバンドの進展によってメディアのあり方が著しく変化するなかで、何を指針として、これからどこへ向かうのか。ラジオ局の内側を語ってもらった。

やっぱり時代的には、ネットが中心なんですよね。だからといって、ネットのためにラジオをやるわけではない。

―都丸さんは1998年にNACK5に入社されたそうですね。となると、ブロードバンドの発展に伴うラジオのあり方の変化をずっと見てこられたと思うのですが、一番の変化はどんな部分だと感じていますか?

都丸:当時はインターネットによって、ラジオを聴く人がいなくなっちゃうんじゃないかっていう危機感がありました。当時NTT東日本と協力して、サテライトスタジオの収録映像をストリーミングで流すという試みがあったのですが、そのときも音声は流してなかったんです。ラジオが第一にあって、ネットはそれを補完するみたいな、そういう感覚だった。でも、今はネットと共存していける可能性がすごく見えてきたと感じていて、昔感じていたような危機感はなくなってきました。

都丸征紀
都丸征紀

―ネットに対する意識が「補完」から「共存」に変わったと。

都丸:逆に言うと、ちゃんとネットと組んでやっていかないと、生き残っていけないんだろうなっていう感覚も強いです。最近は「radikoで聴いてます」とか「タイムフリーで聴いてます」っていう方もすごく増えているので、多様化するライフスタイルに合わせて番組を聴いてもらうにはどうすべきか、そしてそこからNACK5にファンとして根づいてもらうにはどうすればいいかをすごく考えています。

ラジオを作っている人間がこんなこと言っちゃいけないかもしれないですけど、やっぱり時代的には、ネットが中心なんですよね。でもだからといって、ネットのためにラジオをやるわけではなく、ちゃんと対等にやっていくことが大事かなと思います。

―CDからYouTube、さらにはストリーミングと、音楽の聴き方・聴かれ方が多様化するなかで、「ラジオ局としてどうやって曲を届けていくのか?」という点に関しては、どのようにお考えでしょうか?

都丸:やはりライフスタイルのことを考えて、どういうターゲットに届けるかを意識する必要があると思います。たとえば、僕が今担当している『GOGOMONZ』という月曜から木曜の午後の帯番組は、時間帯的に学生はなかなか聴けないので、20代から40代の車で聴いている人を主に想定しているんですね。

そういった層の人は、音楽を「見つけたい」という気持ちよりも、「楽しみたい」と考えている人が多いと思うので、カラオケができるようなヒットチューンを主に流しています。逆に、遅い時間は若い世代が聴くので、新しい音楽をカタログのように流したり。そこは今も昔もそんなに変わらないですね。

 

キラーチューンを生むために必要なのって、信頼関係だと思うんです。

―昔と大きく変わったのはどんな部分でしょうか?

都丸:アルバム特集は非常に少なくなりました。というのも、昔はそのアーティストが好きで、アルバムを買う人がいっぱいいましたけど、今は曲単位でダウンロードして聴く人が増えていますよね。昔はレコード会社と一緒に「シングルでイントロダクションを作って、アルバムを売ろう」みたいな一連の動きがあったんですよ。でも今は、いろんな音楽がネットで聴けるから、アルバムを1枚買うよりも「そのときにいいと思った曲を買う」っていう感覚というか。

―確かに、そうですね。

都丸:昔はよくも悪くもこだわりを持って、「これは流したい」という意思で選んでたんですよ。でも今は、価値観の多様化に合わせて作り手側も、「これもあれも流したほうがいい」っていう考えになっていると思います。いろんな世代に話を聞いて、自分の価値観だけではなく、リスナーのいろんな価値観を考慮する意識は強くなっていますね。

昔はラジオマンが偉そうに「こういう曲が売れる」って語っていたもんですけど、もうそれは通用しない。実際、「これ売れるのかな?」っていう曲が売れたりするんですよ。自分の年齢が上がったからというのもあると思うんですけど、自分だけを信じ過ぎないで、もっともっと俯瞰してみないとなって感じています。

都丸征紀

―ラジオ局とヒット曲の関係性というと、各局がパワープレイを選んで、大量にオンエアして、そこからヒットが生まれたりもしますよね。NACK5としては、パワープレイをどのように捉えているのでしょうか?

都丸:そこはステーションのエゴがあっていいと思っています。僕らはパワープレイを投票制で決めているんです。それは全国のFM局のなかでも少ないと思います。

パワープレイを広告枠として売っている局もあるんですけど、それは局ごとの方針だし、民放は稼がなきゃいけないから、もちろん理解できる。でも僕らはディレクター陣から上がってきた曲をリストにして、「これをヒットさせたい」っていう感覚で選んでいます。なので、「こういう曲をリスナーに聴いてもらいたい」という意味で「パワープレイ」ですね。

―その想いがあるからこそ、リスナーとの信頼関係が生まれるわけですよね。

都丸:そう言っていただけると心強いです。まさにそうで、キラーチューンを生むために必要なのって、信頼関係だと思うんです。

Page 1
次へ

作品情報

『KILLER TUNE RADIO』

2017年10月20日(金)~10月26日(木)の期間、青山シアターにてオンライン配信
監督・脚本:柴野太朗
音楽・音響:井上湧(Churchill)
出演:
兼田いぶき
小川ゲン
川籠石駿平
堀春菜
モラル
宮井浩行
安藤理樹
村井彩子
守利郁弥
大石晟雄
竹林佑介
笠松七海

リリース情報

Churchill『Killer-Tune / モラトリアム・カットアップ』
Churchill
『Killer-Tune / モラトリアム・カットアップ』

2017年8月9日(水)発売
価格:1,000円(税込)
VPCC-82344

1. Killer-Tune
2. モラトリアム・カットアップ

番組情報

『GOGOMONZ』

毎週月~木曜13:00~16:55にNACK5で放送
パーソナリティー:三遊亭鬼丸、高橋麻美

プロフィール

都丸征紀(とまるゆきのり)

1973年生まれ、埼玉県出身・埼玉在住。1998年、埼玉大学工学部情報工学科卒業。(株)エフエム埼玉(現エフエムナックファイブ)の技術部に4年、編成部に7年在籍、営業5年半を経て編成制作部に配属。『GOGOMONZ』(月-木13:00~16:55)、『カメレオンパーティ-』(日12:55~17:55)、『マジカルスノーランド』(土18:00~21:00)、『FANTASY RADIO』(金26:00~29:00)、『One More Pint』(金18:00~19:00)など担当。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら