特集 PR

ROTH BART BARONが海外進出と、刺激的なイギリス滞在を語る

ROTH BART BARONが海外進出と、刺激的なイギリス滞在を語る

CAMPFIRE
インタビュー・テキスト
柴那典
撮影:豊島望 編集:矢島由佳子、久野剛士

イギリスデビューに向けたプロジェクトをクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて成功させたROTH BART BARON。ロンドンでのレコーディングを終えた彼らは、既発曲のリミックスや、新曲“dying for”をApple MusicやSpotifyなどで全世界配信。あわせてこれらの楽曲を収録したアナログ盤EP『dying for』をリリースする。

彼らはロンドンでどんな刺激を受けたのか。The xxやMura Masaなどが象徴する、いまのイギリスの音楽シーンとも共振するサウンドはどのように生まれたのか。これまでレコーディングで訪れてきたカナダ、アメリカとイギリスにどういった違いがあるか。そして、アリアナ・グランデのライブ会場テロ事件をイギリス国内で経験し、ショックを受けた彼らの心を支えたものとは。三船雅也、中原鉄也に話を聞いた。

英語で歌うか日本語で歌うか、という問題は常につきまとうけれど、宮崎駿に対して「英語で作らないんですか?」とは言わないじゃないですか。(三船)

—ロンドンにはどれくらい行っていたんですか?

三船(Vo,Gt):約ひと月です。ちゃんと向こうの人たちの生活や街を知ろうと思って。真剣に音楽に向き合おうとすると、どうしても長期になってしまうところがあるんです。

—これまでの作品でもROTH BART BARONはアメリカやカナダのスタジオでレコーディングしてきましたよね。そして、その場所の空気感も音楽の中に入っていると言っていた。

三船:そうですね。その街の空気やそこで自分がどう生きるのかということは、音楽の中にグラデーションのように常に入っていると思います。ただ、結局いろんな国に行って思うのは、「どこに行っても僕らは変わらないな」っていうことです。

左から:三船雅也、中原鉄也
左から:三船雅也、中原鉄也

—二人から見たロンドンはどんな土地でしたか?

三船:人との関係性、街並みや、生活する人間のリズムは日本と近いと思うことが多かったです。それでいて多様性のある、マルチカルチャーな国だとも思いますし。いろんな人種のカップルや家族がバスに乗って、それぞれの言語を話している。この先、日本が辿るであろう道の先を行っている感じがありましたね。

中原(Dr):僕らが居たのは「ハックニー」という、どちらかというと観光客のいない北の外れのエリアだったんです。ただ、近くに市場もあるしライブハウスもあって賑やかなところで。確かに日本に近い部分はちょっとあったかな。

ROTH BART BARON、ロンドンで撮影された新しいアーティスト写真
ROTH BART BARON、ロンドンで撮影された新しいアーティスト写真

—今回のプロジェクトでは、アナログ盤EPを制作し、その収録曲が「Spotify」や「Apple Music」などのサブスクリプションサービスで配信リリースされます。これはどういう意図があったんでしょうか?

三船:いろんな人がいろんな形で聴けるフォーマットで音楽を提供したいんです。もちろん、僕らはロックバンドだから、レコードはプレスします。やっぱりコンピューターのスピーカーで聴くのと、レコードに針を落として聴くという行為は全然違うと思っているので。

ただ、いまの時代は「Spotify」みたいなストリーミングを通して、とても簡単に世界の人たちに音楽を渡すことができる。大きなステップだなって思います。

三船雅也

—海外で音楽を届けるにあたって、ROTH BART BARONにはいろんな選択肢があったと思うんです。たとえば、「日本語で歌うか英語で歌うか」。けれど、ROTH BART BARONは日本語を選んだ。

三船:えーと、「英語か日本語か」という問題は、特に僕らみたいな音楽性だと常につきまとうんです。でも、宮崎駿に対して「映画を英語で作らないんですか?」とは言わないじゃないですか。それは映画が日本人のものになったからですよね。そう考えると、ひょっとしたらまだロックミュージックが日本人のものになってないからなのかもしれない。

—なるほど。

三船:なにより、僕らが音楽をやる上で「英語じゃない」ということがネックになった経験がないんですよ。おかげさまで日本以外のいろんなところでライブをやらせてもらってきたけど、幸運にも困ったことがない。そこが僕の中でのある種の自信にもなっている。「英語にしなきゃ誰も聴いてくれない」って絶望したことがないんです。

新しいMusic Video『ATOM (UK mix)』のワンシーン
新しいMusic Video『ATOM (UK mix)』のワンシーン

三船:現地でコミュニケーションを取るときには英語なんですけれど、いまのところ音楽を作る上で英語を使おうという好奇心や気持ちが生まれていないんですよね。もちろん、「日本人だから」ということにこだわっているわけではないです。日本人特有のプライドの高さだけで「いいものを作れば誰かが気付いてくれる」という幻想を抱くつもりはまったくない。そこに対しては僕らはすごくニュートラルで、フレキシブルでいたいと思います。

—少なくとも、いまは日本語で歌っていても世界各国の人に届いている実感がある。

三船:そうですね。音楽はもうひとつの言葉だなって思うんです。言語の壁をふっと越えられるところがある。僕らのライブでも、演奏してるうちに初めてのお客さんがわーっと盛り上がることがよくあって。ある種の直感というか、シックスセンス的なものに助けられてるところもあるかもしれないです。

—今回のロンドン滞在時にもライブをやったんですよね。自分たちの音楽をどんな風に受け入れられた実感がありますか?

中原:僕らって、どちらかというと北国の人に受け入れられる感覚があるんですよね。ロンドンもその感覚に近かったですね。当然初めて聴いてもらう人たちばかりだったし、こちらの言葉もわからないけど、それまでバーで飲んでた人たちがどんどん集まってくれて。

中原鉄也

三船:パブとライブスペースが隣り合ってるようなライブハウスだったんです。終盤には知らないおじさんやお兄さんたちが、みんな初めて聴く曲なのに合唱してた。あれはすごかったですね。何かがハマっているような感覚がありました。

中原:東京では得られない手応えでしたね。

Page 1
次へ

イベント情報

『ROTH BART BARON EP release party "dying for”』

2017年11月9日(木)
会場:東京都 新代田 FEVER

『ROTH BART BARON Live at "文翔館議場ホール"』

2017年12月23日(土・祝)
会場:山形県 山形県郷土館「文翔館」議場ホール

プロフィール

(ろっとばるとばろん)
ROTH BART BARON(ろっとばるとばろん)

三船雅也(Vo/G)、中原鉄也(D)による東京出身のインディーロックバンド。 2014年、1stアルバム『ロットバルトバロンの氷河期』を真冬のフィラデルフィアで制作。2015年、2ndアルバム『ATOM』をカナダ・モントリオールのスタジオにて現地ミュージシャンとセッションを重ね作り上げる。その後、日本国内のみならずUS・ASIAでツアーを行うなど精力的なライブ活動を展開、2016年12月には恵比寿リキッドルームにてバンド史上初、9人フル編成による単独公演「BEAR NIGHT」を開催、圧巻のステージを披露、大歓声のもと1年を締めくくった。また大型ミュージックフェスティバルにも数多く出演、2015年サマーソニック、2016年フジロック、2017年ライジングサン、朝霧JAM、各会場にて大きなインパクトを残している。2017年はバンドキャリア初、クラウドファンディングをプラットフォームにイギリス、ロンドンにてEP盤を製作、この秋、待望の新曲”dying for”を発表。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催