特集 PR

瀬々敬久が、衝撃作『ヘヴンズ ストーリー』からの7年を振り返る

瀬々敬久が、衝撃作『ヘヴンズ ストーリー』からの7年を振り返る

『ヘヴンズ ストーリー』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:中村ナリコ 編集:川浦慧、矢島由佳子

映画『64 -ロクヨン-』など知られる監督・瀬々敬久が2010年に生み出した、全9章合計4時間38分という巨編映画『ヘヴンズ ストーリー』。その後、『ベルリン映画祭』で「国際批評家連盟賞」と「NETPAC賞(最優秀アジア映画賞)」を受賞したのをはじめ、国内外の映画祭などで高い評価を受けつつも、今日に至るまでソフト化されていなかった本作が、公開から7年の歳月を経た今、遂にパッケージ化される。

1990年代に世間を騒がせたいくつかの事件をモチーフに、「21世紀の『罪と罰』」とも称される、壮大かつ密度の濃い人間模様を描き出したこの映画が、公開当時の世の中にもたらせたインパクトとは、どんなものだったのだろうか。そして、「世界が憎しみで壊れてしまう前に。」というキャッチコピーをはじめ、今の時代においても、いまだ強烈なインパクトを放ち続けている本作の「凄み」とは、果たしてどこからきているのだろうか。製作当時の心境を振り返ってもらいながら、瀬々敬久監督自身に、本作が持つ意味と効力ついて、改めて語ってもらった。

この4時間38分という時間を「体験する」ことが、一番この映画らしいなって思っていたので。

―7年の歳月を経て、映画『ヘヴンズ ストーリー』が、遂にパッケージ化されます。まずは、公開当時の様子から、現在に至るまでの経緯を振り返っていただけますか?

瀬々:もともとこの映画は、東京渋谷のユーロスペースで公開したのですが、初日は満員にならなかったり、興行としては思った以上に芳しくなかったんですよ。で、そのあと連休があったんですけど、そこで初めて満員になった。ユーロの支配人も、これはもう興行者冥利に尽きると言ってくださって……「初日に満員じゃなくて、途中で満員になったのは、自分も初めてだ」と。

―まさしく「口コミ」で広がっていったわけですね。

瀬々:そんな中、毎年、新宿K's Cinemaでアンコール上映をやるようになったのですが、リリース記事のためにコメントを書くときに、「当面のあいだ、DVD化の予定はありません。劇場のみの公開です」と書いたんですけど、みんなの頭の中でその「当面のあいだ」っていうのが、いつの間にか抜けて、DVDにはしない、という言葉が一人歩きしたところもあります。

―ああ、これはもう、DVD化しないんだと、勝手に解釈してしまうというか。

瀬々:そうなると、なかなかDVD化もできないですよね。みんなが、もうDVD化はしないと思って劇場に駆けつけてくれる中、「いや、そのうちDVD化するよ」とは、やっぱり言えないですから(笑)。

瀬々敬久監督
瀬々敬久監督

―まあ、そうですよね(笑)。

瀬々:多少冗談めかして話しましたけど、そういう理由がまずひとつあったのと、あとはやっぱり、この映画は非常に長い映画なので、家で見るのにはあまり向いていない。やっぱりまずは映画館という場所で、みんなと一緒にこの4時間38分という時間を「体験する」ことが、一番この映画らしいと思っていました。そういう意味で、映画館の上映というものにこだわってきたというのは、確かにあったわけです。

―なるほど。それがなぜ今になって、パッケージ化しようと思われたのでしょう?

瀬々:今って、ネット配信の時代になってきているじゃないですか。特に、この1~2年の勢いってすごいと思うんです。配信で映像を見ることが主流になりつつあるし、レンタルDVD屋さんはちょっと厳しい状況になりつつある。映画産業としても大きな変わり目に来てると思われます。

そういう中で、映画をパッケージとして所有する時代はもう終わってしまうんじゃないかという危惧もあって、パッケージ化することにしました。この『ヘヴンズ スト―リー』という映画が、モノとして個人の方々に所有していただくのは、ひょっとすると今が最後のチャンスかなと。

『ヘヴンズ ストーリー』ジャケット
『ヘヴンズ ストーリー』ジャケット(Amazonで見る

Page 1
次へ

リリース情報

『ヘヴンズ ストーリー』
『ヘヴンズ ストーリー』(Blu-ray)

2017年12月6日(水)発売
価格:6,264円(税込)
PCXP-50532

[封入特典]
・特製アウターケース
・60Pスチル写真集ブックレット
[映像特典]
『ヘヴンズ ストーリーの10年』 (瀬々敬久 構成・演出映像作品 / 42分)

『ヘヴンズ ストーリー』
『ヘヴンズ ストーリー』(DVD)

2017年12月6日(水)発売
価格:5,184円(税込)
PCBP-53669

[封入特典]
・特製アウターケース
・60Pスチル写真集ブックレット
[映像特典]
『ヘヴンズ ストーリーの10年』
(瀬々敬久 構成・演出映像作品 / 42分)

プロフィール

瀬々敬久(ぜぜ たかひさ)

1960年生まれの映画監督。京都大学在学中に『ギャングよ 向こうは晴れているか』を自主制作し注目を浴びる。その後「ピンク映画四天王」として日本映画界で独特の存在感を放つ。以後、大規模なメジャー作から社会性を取り入れた作家性溢れるものまで幅広く手がけ、国内外で高く評価されている。『雷魚』(1997)、『HYSTERIC』(2000)、『MOON CHILD』(2003)、『感染列島』(2009)、『アントキノイノチ』(2011)などの劇場映画作品からテレビ、ビデオ作品まで様々な分野で発表。近年は『なりゆきな魂、』(2017)、『8年越しの花嫁』(17年12月16日公開)、また公開待機作に自身の企画の『菊とギロチン-女相撲とアナキスト-』(2018年夏公開)や『友罪』がある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年