特集 PR

地方都市文化の鍵を握るのは公共ホール? 岸野雄一×出口亮太

地方都市文化の鍵を握るのは公共ホール? 岸野雄一×出口亮太

長崎市チトセピアホール
インタビュー・テキスト
杉原環樹
撮影:長谷川健太郎 編集:宮原朋之 撮影協力:美学校

全国に2200館ほどあるとされる公共ホール。おそらくあなたの近所にも、文化イベントを催すためのホール機能を持った施設が、少なからずあるはずだ。しかし、その場所を観客として訪れたり、ましてや主催者として利用した経験のある人は、とても珍しいのではないだろうか?

実際、公共ホールの多くは、資金難や人材難を抱えながら、「ハコモノ」の有効な使い途に悩んでいるのが現状だという。そんな状況のなか、自治体予算や助成金に頼らず、自己資金だけでCINRA.NET読者にも馴染み深いカルチャー企画を独創的な空間で実施し、公共ホールのあり方を拡張しているのが、長崎県の「長崎市チトセピアホール」だ。

今回はその若き館長・出口亮太と、同ホールでのイベント出演経験もある岸野雄一に、公共ホールの可能性について語ってもらった。二人の対話から見えてきたのは、施設の活用にとどまらない、地方都市における文化の現在だった。

設備が充実している公共ホールには、本来大きな可能性がある。(出口)

—まずは率直に、公共ホールの現状についてお聞きできますか?

出口:公共ホールは全国に2200館あるとされていますが、実際にアクティブに活動しているホールは少なくて、多くは予算もなければ企画を考案するアートマネジメント人材もいないなど、厳しい状況にあります。とくに中小規模のホールに問題は顕著で、事業を回すためにパッケージ化された有名歌手の公演を買い取ったり、行政の予算や補助金に頼ったりせざるを得ない施設が多くあるのが実情です。

その一方で、大きなホールほど人材・予算ともにリソースが集まり、一種の格差が生まれている、という問題もある。でも、基本的な音響照明の設備が備わっている公共ホールには、本来大きな可能性があると思うんです。

左から、出口亮太(長崎市チトセピアホール館長)、岸野雄一
左から、出口亮太(長崎市チトセピアホール館長)、岸野雄一

岸野:僕はイベントのオーガナイザーとしても活動していますが、全国に使える施設があるのに、それらが機能していない現状をいろんな地域で感じてきました。ハコモノを、本当にただのハコモノにしてしまっている。そんな、いたたまれなさがありますね。

—オーガナイザーから見て、公共ホールの使いづらさの原因とはなんでしょうか?

岸野:一番の原因は、融通の利かなさですね。民間のハコは、話がしやすくフレキシブルな対応もできる。イベントは生き物ですから、たとえば撤収時間が過ぎてもハコのスタッフにタクシー代を払えばなんとかなる。

でも公共ホールの場合、それが利用規約に引っかかるからという理由で、企画自体がダメになることもあったり、無慈悲に電源が落とされて、施錠されてしまうこともあるわけです。もちろん、時間がきたら電源を落として施錠することでお給料をもらっているので、当たり前の話なんですが、多くのホールは、公演を盛り上げなくても補助金などでお金がもらえるので、面倒臭いことはしたくないのが本音でしょう。

出口:公共ホールはどうしても条例などの決まりに従って動くので、やむを得ない部分もあるとは思います。ただ、「お客さま」と「サービスの提供者」という関係ではなくて、一緒にイベントを作っていく姿勢を持てば、使いづらさを軽減して自由度を高めることもできるんですよね。

出口亮太

岸野:じつは公共施設を有効活用するアイデアは、企画を持ち込む運営側にもあるんです。職員さんたちは自分では言い出せないけど、本当は面白いことをやりたいと思っていることも多いです。だけど使い手がそれを知らない。ホールの現状の背景には、使い手の問題もあると思います。

公共ホールが扱うジャンルを人口比や経済合理性だけで選んでいると、都市と地方の文化資本の差は開く一方。(出口)

—そうした現状のなか、チトセピアホールでは岸野さんの「ヒゲの未亡人」の公演をはじめ、スガダイローさんと中村達也さんのセッション、二階堂和美さんや伊藤ゴローさんのコンサート、神田松之丞さんなどの若手が出演する寄席『千歳公楽座』など、サブカルチャー寄りの自主企画を多く実施していますね。こうしたスタイルで運営をされているのは、なぜですか?

出口:扱うジャンルを人口比や経済合理性だけで選んでいると、都市と地方の文化資本の差は開く一方だと思うんです。それに抗うため、サブカルチャーを意識的に取り入れて、豊かな文化環境作りを目指しています。

たとえばチトセピアホールの近隣には、うちを含めて4館の公共ホールがありますが、それらがすべて、同じようなクラシックコンサートを企画していていいのか。決まったジャンルにしか触れられない環境と、東京のようなさまざまな文化が身近にある環境では、そこで育つ子供も含めて、市民のあいだに大きな文化体験の差ができてしまいますよね。自主事業にはその多様性を担保したいという思いがあります。

チトセピアホールで行われたドラマー・中村達也とピアニスト・スガダイローのデュオ「赤斬月」のセッション / ホールの客席部分にグランドピアノとドラムセットを置いた特設ステージでの演奏が行われた
チトセピアホールで行われたドラマー・中村達也とピアニスト・スガダイローのデュオ「赤斬月」のセッション / ホールの客席部分にグランドピアノとドラムセットを置いた特設ステージでの演奏が行われた

『二階堂和美のコンサート』舞台美術は地元の障がい者をアートで支援するNPO「TSUNAGU FAMILY」が手がけている
『二階堂和美のコンサート』舞台美術は地元の障がい者をアートで支援するNPO「TSUNAGU FAMILY」が手がけている

『伊藤ゴロー・エンド・オブ・ザ・イヤー・ギター・コンサート 2016』 / アコースティックギターとチェロのアンサンブルによるコンサート
『伊藤ゴロー・エンド・オブ・ザ・イヤー・ギター・コンサート 2016』 / アコースティックギターとチェロのアンサンブルによるコンサート

岸野:多様性は重要ですね。僕なんか、子供のころに影絵作家の藤城清治さんの公演に連れて行ってもらったおかげで、いまの自分があるようなものです。もちろん、著名なヴァイオリニストが育つかもしれないから、クラシックの公演はあるべきですが、同じ理屈で有名トラックメイカーを育てるためにクラブイベントもなきゃダメでしょう。

岸野雄一

出口:どんな子に育つかなんて、わからないわけですからね。

岸野:だから、とにかくいろんなものに触れさせたほうがいい。よくクラシック初心者の若者から、「最初になにを聴けばいいのか?」と訊かれるのですが、僕は「なんでもいいからクラシックのコンサートに一回、行ってください」と答えるんです。

というのも、生のアンサンブルが空気を震わせる体験って、やっぱり特別なんです。なにより体験をしないとはじまらない。各都市のホールは、その体験を提供する役割を担っているんですよ。

Page 1
次へ

イベント情報

『伊藤ゴロー with ロビン・デュプイ デュオコンサート』
『伊藤ゴロー with ロビン・デュプイ デュオコンサート』

2017年12月27日(水)
会場:長崎県 長崎市チトセピアホール
料金:前売3,000円

King Gnu『千歳公楽座 旅成金 in 長崎』
『千歳公楽座 旅成金 in 長崎』

2018年2月1日(木)
会場:長崎県 長崎市市民生活プラザホール
出演:
柳亭小痴楽
瀧川鯉八
神田松之丞
料金:前売2,500円

プロフィール

岸野雄一(きしの ゆういち)

1963年、東京都生まれ。東京藝術大学大学院映像研究科、美学校等で教鞭をとる。「ヒゲの未亡人」「ワッツタワーズ」などの音楽ユニットをはじめとした多岐に渡る活動を包括する名称としてスタディスト(勉強家)を名乗る。銭湯やコンビニ、盆踊り会場でDJイベントを行うなど常に革新的な場を創出している。2015年、『正しい数の数え方』で第19回文化庁メディア芸術際エンターテインメント部門の大賞を受賞。2017年、さっぽろ雪まつり×札幌国際芸術祭2017「トット商店街」に芸術監督として参加。

出口亮太(いでぐち りょうた)

1979年長崎市生まれ。東京学芸大学で博物館学を学んだ後、青山・桃林堂画廊の運営を経て、長崎歴史文化博物館の研究員として教育普及を担当する。その後、家業である舞台管理会社・ステージサービスに入社。公共ホール管理のほか博物館展示デザインやイベント運営を手がける。2015年、若干35歳で長崎市チトセピアホールの館長に就任、これまでに50本あまりの企画を運営する。2016年にはDOMMUNEにて「公共ホールの新たな可能性を探す ~サードプレイスとしての劇場空間」と題した特集プログラムを岸野雄一氏と共同で企画・出演し話題となる。近年では、ホール内での事業にとどまらず、教育機関や医療機関、地元のNPOとの協働事業を企画運営しながら、現場での実践をもとにした公共文化施設についての講義を県内の大学でも行う。また、近隣の公共施設と連携し長崎市チトセピアホールで企画した事業を巡回させるネットワーク作りも行っている。

長崎市チトセピアホール

長崎市千歳町に1991年に開館した500席を擁する多目的ホール。平成27年度より自主事業を本格的にスタートさせ、先鋭的な企画と助成金に頼らない運営スタイルで注目を集める。これまでの出演者は伊藤ゴロー、神田松之丞、岸野雄一、スガダイロー、高浪慶太郎、瀧川鯉八、内藤廣、中島ノブユキ、中村達也、二階堂和美、柳亭小痴楽、渡辺航など。また、既存の「舞台 / 客席」の関係性にとらわれず、「公共ホールでブロックパーティ」をテーマに、客席内に舞台を仮設したり、ロビースペースを寄席やダンスフロアに転用するなど、オルタナティブスペース的発想に基づいた公共空間の新たな活用法と利用価値を模索している。事業内容は舞台芸術の分野だけでなく、まちづくり、建築、福祉、医療、食育分野とのコラボレーション企画も多く、公共ホールの可能性を拡張する活動を続けている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

キセル“富士と夕闇”

キセルを聴くと、特別なものは本当に言葉にするのが難しいなと思う。3年ぶりのアルバムより、“富士と夕闇”のMV。日常を切り取っているはずなのにサイケデリックで、二人と一匹を映しているようで景色ばかりが目に入る映像の不思議が、妙にキセルにはまっている。監督はVIDEOTAPEMUSIC。浮遊感ある音も相まって、忙しない現実も融解するよう。(山元)

  1. 宇多田ヒカルの新曲“あなた”PV公開 来年に新アルバム&ライブツアー予定 1

    宇多田ヒカルの新曲“あなた”PV公開 来年に新アルバム&ライブツアー予定

  2. Charisma.comが無期限活動休止へ DJゴンチは脱退&アーティスト活動引退 2

    Charisma.comが無期限活動休止へ DJゴンチは脱退&アーティスト活動引退

  3. 小沢健二&満島ひかりが屋形船で“ラブリー” Apple Musicの新コンテンツ 3

    小沢健二&満島ひかりが屋形船で“ラブリー” Apple Musicの新コンテンツ

  4. 『デザインあ展』が5年ぶり開催 中村勇吾、小山田圭吾も参加 4

    『デザインあ展』が5年ぶり開催 中村勇吾、小山田圭吾も参加

  5. 香取慎吾&草彅剛&稲垣吾郎の映画『クソ野郎と美しき世界』ビジュアル公開 5

    香取慎吾&草彅剛&稲垣吾郎の映画『クソ野郎と美しき世界』ビジュアル公開

  6. Perfume支えるテクノロジーに迫るNHK特番 案内人に真鍋大度&ムロツヨシ 6

    Perfume支えるテクノロジーに迫るNHK特番 案内人に真鍋大度&ムロツヨシ

  7. 磯部涼『ルポ 川崎』 ラップからヤクザ、差別問題まで取材、BAD HOPも証言 7

    磯部涼『ルポ 川崎』 ラップからヤクザ、差別問題まで取材、BAD HOPも証言

  8. 『全員死刑』小林勇貴監督がケータイで撮影 映画『ヘドローバ』公開 8

    『全員死刑』小林勇貴監督がケータイで撮影 映画『ヘドローバ』公開

  9. アニソン、舐めたらアカン。ミト×OxTによる「アニソン座談会」 9

    アニソン、舐めたらアカン。ミト×OxTによる「アニソン座談会」

  10. 『SWITCH』の「良い音」特集に世界のオーディオ機器集結 高橋幸宏らも登場 10

    『SWITCH』の「良い音」特集に世界のオーディオ機器集結 高橋幸宏らも登場