特集 PR

中野雅之も認める、新人アーティストXAI。デビューを語る

中野雅之も認める、新人アーティストXAI。デビューを語る

XAI『WHITE OUT』
黒田隆憲
編集:川浦慧、矢島由佳子
2017/11/15

XAI

—『WHITE OUT』には、中野さんや蒼山さん以外にも豪華な作家陣がズラッと並んでいますよね。皆さんからは、どんなことを言われましたか?

XAI:“Somewhere in Night”を書いてくださった牛尾憲輔さんは、この曲に込めたご自身の体験や思いを歌入れの時にスタジオで熱く話してくださって。この曲は、牛尾さんが私と同じくらいの年齢の頃に、クラブに行った経験が元になっているらしく。夜の街に繰り出していく高揚感とか、ちょっと背伸びして大人ぶったこととか、音楽が重なっていく時の奇跡のような瞬間。そんな、音楽と密接だった時の経験を詰め込んだとおっしゃっていました。そのイメージをクリアに想像しながら、追体験するような気持ちで歌うことが出来ましたね。

それと、今回のレコーディングで厳しかったのも牛尾さんでした(笑)。1テイク歌い終わるたびに、しばらく沈黙があって。「うーん……。もう一回いける?」みたいな。しかもエンジニアの方は、優しい親戚のおじさんみたいな、お正月に会ったらお年玉でもくれそうな雰囲気の方だったんですけど(笑)、コーラスパートを録る時にも、メインボーカルを上回るほどのパワーが必要なくらい、何度もダメ出しをされました。牛尾さんも厳しかったんですけど、さらに厳しくてスパルタでしたね。中野さんとの作業とはまた全然違う雰囲気でした。

—“Feeling Alive”を作編曲した、TeddyLoidさんはどんな印象でした?

XAI:この曲はTeddyLoidさんではなく、アルバム全体のディレクターを務めてくださった冨田明宏さんにディレクションしていただきました。中野さんの“WHITE OUT”とはまた違った意味で、光に満ちた曲だなと思ったので、あまり考え過ぎず、音楽を聴いた時の高揚感とか、そういうものを表現できたらいいなと思いながら歌いました。

—なるほど。これだけの豪華なコンポーザーたちが参加していますもんね。

XAI:自分にとってはミトさんが作編曲してくださった“SILENT BIRD”という曲が、最もチャレンジングでしたね。激しく歌い上げるところが難しくて苦戦しました。なので「大丈夫かな、ちゃんとミトさんのイメージ通りに歌えたかな」って不安だったですが、実際に聴いていただいたらとても気に入ってくださいました。

—改めて、皆さんと仕事をしてみた感想は?

XAI:今お話しした“SILENT BIRD”のように、これまでやったことのないような激しい歌い方をするなど、挑戦的な曲もあって、おかげで自分の音楽性を広げることができた気がします。

—中野さんについて、「まだデビュー前である私を“アーティスト”にしてくださいました」と公式サイトでコメントしていましたよね。

XAI:創作作業の中で、自分自身が試されているような、そんな気持ちでした。歌入れが終わって、家に帰るときに窓から見える街の風景とか、これまで普通に眺めていたものが違って見えるようなときがあって。何気ない風景を感じ取る感覚みたいなものを、この数ヶ月で研ぎ澄まさせてもらったような気がします。

—中野さんをはじめ、今回参加しているコンポーザーたちは、それぞれ全く違うベクトルながら音楽に対する「責任感」が、メチャクチャ強い人たちばかりじゃないですか(笑)。真面目だし、売れることに対してもシビアだし。そんな人たちと、デビューのタイミングでこれだけ濃密なコラボをしたことは、とてもいい経験ですよね。

XAI:そう思います。歌うことに対する「責任」について、考える機会はたくさんありました。デビューに向けての準備をしている時も、歌手という人生を歩むとはどういうことなのか、音楽とは自分にとってどういう存在なのか、改めてそういうことを考える時期だったというか。自分にとって音楽は、生命活動そのものだったので、そういう思いを抱いている自分、音楽に何度も救われてきた自分が、これから歌手になって歌うことにはすごく意味があるんじゃないかって思いました。

—ジャケット写真はロシアのウラジオストックで撮影したんですよね。どうでした?

XAI:楽しかったです! 早朝からずっと撮影していたんですけど、ウラジオストックって海が独特の深い色をしているんですよ。そこに朝日が反射すると、息を呑むような美しさで。太陽が少しずつ登っていく景色を、これからアーティストとしてスタートする自分と重ね合わせてしまって、何だか特別な気持ちになりました。

—ちょっと異世界な雰囲気もあって、『GODZILLA 怪獣惑星』の世界観とも共鳴するものがありますよね。夜明け前の、空が少しずつ赤味を帯びていく瞬間が切り取られていて、先ほどXAIさんの言っていた「希望」をそこから感じます。

—今後、どんなアーティストになっていきたいですか?

XAI:この「XAI」というアーティスト名の「X」には、未確認とか、未知のものという意味もあって。想像を超えた未来や可能性を切り開いていきたいですし、それが無限に広がっていると感じてもらえるようなアーティストになりたいです。

Page 3
前へ

リリース情報

XAI『WHITE OUT』
XAI
『WHITE OUT』アーティスト盤(CD)

2017年11月15日発売
価格:2,160円(税込)
THCA-60174

1. WHITE OUT
2. Feeling Alive
3. Somewhere in Night
4. SILENT BIRD
5. はじまりのうた
6. WHITE OUT(Instrumental)
7. Feeling Alive(Instrumental)
8. Somewhere in Night(Instrumental)
9. SILENT BIRD(Instrumental)
10. はじまりのうた(Instrumental)

リリース情報

XAI『WHITE OUT』
XAI
『WHITE OUT』アニメ盤(CD)

2017年11月15日発売
価格:1,404円(税込)
THCA-60172

1. WHITE OUT
2. はじまりのうた
3. WHITE OUT(Instrumental)
4. はじまりのうた(Instrumental)

プロフィール

XAI
XAI(さい)

音楽が大好きな両親のもと、幼少期からオペラのような古典から流行のポップスまで、さまざまな“歌”が溢れる環境で育つ。「歌っていないと死んでしまう」「私にとって歌は酸素と同じ」とまで語るほど、常に自らの歌声と向き合いながら生きてきた。そんなXAIの歌声は、壮大な音像を歌で自由に描き切る神秘的な表現力と、聴き手の心に寄り添い語り掛けるような、温かみのある説得力をも併せ持つ。混迷する時代に光を与える、類稀な才能を有するアーティストXAIが『GODZILLA』主題歌「WHITE OUT」ではじめてそのベールを脱ぐ。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

MONO NO AWARE“東京”

一言で「東京」と言っても、いろんな場所があるし、そこに暮らす人の価値観や思想もさまざま。MONO NO AWAREの新作より、玉置周啓と加藤成順の故郷・八丈島(ここも東京)をドキュメンタリータッチに切り取った“東京”のPVが公開。<みんながみんな 幸せになる方法などない><無理くり手をつないでも 足並みなどそろわない>という歌い出しにハッとさせられる。私とあなたの違いを「受け入れる」のではなく、その違いをもっとポジティブに捉える思考の転換が僕らには必要なのかもしれないですね。これ、マジの名曲です。(山元)

  1. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 1

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  2. 徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦 2

    徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦

  3. 小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真 3

    小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真

  4. 欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編 4

    欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編

  5. King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内 5

    King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

  6. サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため 6

    サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため

  7. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 7

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  8. Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付 8

    Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付

  9. チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て 9

    チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

  10. ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く 10

    ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く