特集 PR

Young Juvenile Youthに時代は味方する。5年の集大成を語る

Young Juvenile Youthに時代は味方する。5年の集大成を語る

Young Juvenile Youth『mirror』
インタビュー・テキスト
三宅正一
撮影:小境勝巳 編集:山元翔一

2012年にシンガーのゆう姫とトラックメイカーのJEMAPURがタッグを組み始まったYoung Juvenile Youthが、満を持して1stフルアルバム『mirror』を完成させた。どこまでも先鋭的で、静謐かつ深淵なJEMAPURのトラック。クールな声色のなかでさまざまな感情の動きと色を表現する、ゆう姫のボーカル。本作では、その音と歌が濃密に溶け合う音楽世界を全13曲にわたって、つぶさに触れることができる。

ラッパーのCampanellaをフィーチャーした“When feat. Campanella”やAphex TwinのビジュアルコラボレーターであるWEIRDCOREがミュージックビデオを手がけた“Slapback”などの新曲群と、古くは4年前にリリースした既発曲が等しい求心力を伴って編まれていることにも驚かされる。ゆう姫とJEMAPURにYoung Juvenile Youthと『mirror』の真髄を語ってもらった。

自分と向き合って「自分自身を知る」ための時間を経て、音楽が自分に近いものになった。(ゆう姫)

—どうですか、Young Juvenile Youth(以下、YJY)にとっても待望の1stフルアルバムだと思うんですけど。

ゆう姫:「うれしい」の一言です。ただ、こうやってプロダクトになると一段落ついた感もありますけど、私的には「ライフ・ゴーズ・オン」というか、早く次の作品ことを考えたいという気持ちもあります。

—作品の内容的にはどうですか?

ゆう姫:このアルバムの制作中、自分と向き合って「自分自身を知る」ための時間がたくさんあったんです。その時間のなかで「もっとこうしたい」とか「私はこうなんじゃないか?」という意思がどんどん芽生えてきて。

やりたくないことを突き詰めることの無意味さを感じたし、自分が思ったことに突っ走る素晴らしさも知りました。そういう時間を経て、音楽が自分に近いものになったし、楽曲に自分という人間を映し出すことができたと思います。

ゆう姫
ゆう姫

—ご自身のボーカルについてはどうですか? 独立した求心力があると思うのですが。

ゆう姫:自分を知ることの一環として、私の声がどの音程だったら一番カッコいいとか、美しく響くのか、そういうことは考えました。歌い方やテンションで私の声って全然違う響き方をするんですよ。同じメロディーを歌っていても、子どもっぽく聴こえるときもあるし、大人っぽく聴こえるときもあるので。

—色っぽい気分にさせられるボーカルだと思います。サウンド同様、深淵でクールな感触は通底してるんだけど,あるときはソウルフルに、あるときはブルージーに、あるときはポップな高揚感を覚えるときもある。

ゆう姫:ありがとうございます。「バーボンを飲みたくなる」とかよく言われますね(笑)。

自分で音を作って、そこに自分の声を乗せること以外に自信を感じられることがなかったんです。(ゆう姫)

—JEMAPURさんは、ゆう姫さんのボーカルに初めて触れたときにどんなことを感じました?

JEMAPUR:楽器的に見ちゃっているんですけど、倍音がすごく豊かですね。こればかりはトレーニングしても変わらない天性のものです、体格だったり、声帯に影響される、生まれ持ったものなので。そこにはとても惹かれましたね。

—ゆう姫さんどうですか、そんなことを言われて。

ゆう姫:「うん、そうでしょ」(笑)。私、自分が歌が上手いとは思ったことないですけど、自分の声は好きなんです。録音した自分の声を聴いてカッコいいなって思う。

—いや、それは相当珍しいですよ。だいたい人って、最初に自分の声を客観的に聴いたときに絶望するじゃないですか。

JEMAPUR:そうですよね。

ゆう姫:自分でもカッコいいと思えたから、歌い始めたところもあるんです。曲を作って、録音して、それをずっと聴くことで、自分の曲と自分の声に包まれる感じがすごく好きなんです。

—ゆう姫さんにとって、音楽は自分を表現する場所を見つけられたという感じだったんですか?

ゆう姫:そうですね。うーん、自分の声とか自分が作る音楽くらいしか自分のことを好きになれるポイントがなかったというか。そこ以外に自信を感じられることがなかったんです。

Page 1
次へ

リリース情報

Young Juvenile Youth
『mirror』初回生産限定盤
Young Juvenile Youth
『mirror』初回生産限定盤(CD+DVD)

2017年11月22日(水)発売
価格:3,888円(税込)
UMA-9100/1

[CD]
1. Her
2. Keys
3. In Blue
4. When feat. Campanella
5. R.E.M.
6. Girlfriend
7. Gossip
8. Slapback
9. Youth
10. Hive
11. Anti Everything
12. A Way Out
13. Roman
[DVD]
1. Slapback
2. Her
3. Youth
4. Animation
※7インチサイズ紙ジャケット仕様、16Pブックレット付き

Young Juvenile Youth
『mirror』通常盤
Young Juvenile Youth
『mirror』通常盤(CD)

2017年11月22日(水)発売
価格:2,700円(税込)
UMA-1100

1. Her
2. Keys
3. In Blue
4. When feat. Campanella
5. R.E.M.
6. Girlfriend
7. Gossip
8. Slapback
9. Youth
10. Hive
11. Anti Everything
12. A Way Out
13. Roman

イベント情報

『birth of mirror』

2017年11月30日(木)
会場:東京都 六本木SuperDeluxe
ライブ:Young Juvenile Youth
DJ:
Daito Manabe (Rhizomatiks)
Licaxxx
Lighting:
HGRN
光線クラブ
Photo Exhibition:ティム・ギャロ

プロフィール

Young Juvenile Youth(やんぐ じゅゔぃないる ゆーす)

ヴォーカルゆう姫と電子音楽家JEMAPURによるエレクトロニック・ミュージック・ユニット。2012年より活動を開始。2015年、iTunesが世界中のニューカマーの中から選ぶ「NEW ARTIST スポットライト」に選出される。同年Beat Recordsよりミニ・アルバム「Animation」をリリース。iTunesエレクトロニック・チャートにおいて最高7週連続1位を獲得。映像作家・関根光才監督が手がけたMV「Animation」が海外を中心に話題を呼ぶ。U/M/A/Aに移籍後、2016年5月、「Hive / In Blue」を配信限定でリリース。同年、ショウダユキヒロ監督による新感覚体感型アート・フィルム『KAMUY』で村上虹郎と共にゆう姫が主演を務め話題を呼ぶ。この映画の中で重要な役割を担った楽曲「A Way Out」を「Youth」と共に配信と数量限定カセット・テープにてリリース。2017年11月、デビュー・アルバム『mirror』をリリースする。Taicoclub、朝霧JAM、EMAF TOKYO、Boiler Room、MUTEK.JPといった音楽イベントのみならず、YSL、sacai / UNDERCOVER PARTY、ERDEM x H&Mなどファッション界からも大きな注目を集める。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー