インタビュー

やりがい搾取?藤井光×吉澤弥生がアーティストの労働問題を語る

やりがい搾取?藤井光×吉澤弥生がアーティストの労働問題を語る

インタビュー・テキスト
松本香織
撮影:柏井万作 編集:柏井万作、宮原朋之

アートの現場が疲弊している。長時間労働、低賃金、セクハラ、非正規雇用。アーティストやアートマネージャーたちが直面している現実だ。

『日産アートアワード2017』でグランプリを受賞したアーティストの藤井光は、早くからこの問題に注目してきた。2010年には芸術労働者たちに呼びかけ、墨田区役所前広場でテントを張って座り込みを行い、『Our Strike』という映像作品としても発表している。

一方、学問的な立場から、当事者に地道な聞き取り調査を重ねてきたのが共立女子大学・准教授の吉澤弥生だ。吉澤は『若い芸術家たちの労働』と題した冊子にこれらの調査結果をまとめ、現在までに続編を含む3冊を発表している。

同じ問題意識を持ち、これまでも共闘してきた二人は、芸術労働者の現状をどう見ているのか。業界を支配する共同体の存在、自主規制、「ポスト2020」問題、ビジネスとしてのアート……、話を聞くうちに、広くクリエイティブ業界を支配する構造的な問題が浮かび上がってきた。

(メイン画像:藤井光 新作のための撮影風景 国立国際美術館(2017年) 写真:福永一夫)

アーティストは搾取される対象になる以前に、まず搾取する側になりえる。(藤井)

—お二人は現在のアートに関連する労働環境に、どんな課題を感じているのでしょうか。

吉澤:ここ20~30年で芸術祭をはじめ地域振興や社会包摂を目的としたアートが増え、まちに出て制作をするアーティストや彼らを支えるアートマネージャーたちが登場しました。私自身も現場のいち労働者だったことがあります。その時「自分たちはなぜこんな低賃金で、長時間働いてしまうのか」と思ったんです。

藤井:アートの形態が、絵画や彫刻だけでなく、パフォーマンス、インスタレーション、パブリックアート、アートプロジェクトというように多様化するなかで、アートが社会的な公共世界へと実践領域を拡張していったんですよね。そして「アートの資金源が行政になる」という変化があった。

左から:藤井光、吉澤弥生
左から:藤井光、吉澤弥生

吉澤:そこには、文化政策が方向転換して、行政が施設管理を民間に行わせたり、市民との協働事業に力を入れたりするようになってきたという背景がありました。これは民間や市民のスキルを活用するためと言われますが、別の視点からみれば公務労働の民間化でもあるわけです。私はその中で搾取が起きているのではと考え、アートマネージャーを中心に労働環境などの聞き取り調査を始めたんです。すると「好きでやっているからいいんだ」「私の上にいるディレクターも低賃金だから文句は言えない」といった声があがってきた。

最初の頃は「搾取」という言葉自体、あまり使われていなかったんです。私が「それは搾取じゃないですか?」と聞いても、「いやいや、なんでそんなキツい言葉を使うんですか」という感じだった。

吉澤弥生
吉澤弥生

吉澤:だけど、インタビュー集の中で文字になったものを読むと、みなさん客観視できるようになるのか、少しずつ「確かにこれはひどすぎる」「搾取ではないか」という声もあがってくるようになりました。藤井さんに初めてお会いしたのは一冊目のインタビュー集を制作しているときで、『アサヒ・アート・フェスティバル』でのシンポジウムでした。

藤井:そうでしたね。2016年には『社会の芸術/芸術という社会』という書籍の中で、労働やキャリアに関する対談をしています。

『社会の芸術/芸術という社会 — 社会とアートの関係、その再創造に向けて』
『社会の芸術/芸術という社会 — 社会とアートの関係、その再創造に向けて』(Amazonで購入する

藤井:まず一つ確認しておくと、私たちアーティストの場合は、単に搾取される側だけではないんですよ。たとえば僕は作品で映像を使うケースが多いので、出演者、技術者らと協働体制で制作をしています。そして、その人たちに対する責任が生じる中で、自分だけでは解決できない社会的な問題が見えてくるわけです。「あれ、払うお金がないじゃん!」みたいな。

藤井光『ピレウス/ヘテロクロニア』撮影風景(2017年)
藤井光『ピレウス/ヘテロクロニア』撮影風景(2017年)

藤井:そこで、借金をするか、プロジェクトを見直すか、むしろみんなが参加したくなるようなクリエイティブな状況、つまり「やりがい」を作り出していくのか。意識的・無意識的に後者を選んだ作家たちが「搾取する側」として日本中を巡回した。それがこの20~30年間の大きな違いの一つなのかなと思っています。アーティストは搾取の対象になる以前に、まず搾取する側になりえるわけです。

藤井光
藤井光

Page 1
次へ

イベント情報

『トラベラー:まだ見ぬ地を踏むために』

2018年1月21日(日)~2018年5月6日(日)
会場:大阪府 中之島 国立国際美術館
時間:10:00~17:00、金、土曜は20:00まで(入場は閉館の30分前まで)

参加予定作家(所蔵作品からの出品含む):
ピピロッティ・リスト、高松次郎、ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラー、ジョアン・ミロ、ヘンリー・ムア、アレクサンダー・コールダー、ペーター・フィッシュリ&ダヴィッド・ヴァイス、ロバート・ラウシェンバーグ、カリン・ザンダー、畠山直哉、米田知子、藤井光、大竹伸朗、ジェイ・チュン&キュウ・タケキ・マエダ、テリーサ・ハバード/アレクサンダー・ビルヒラー、アルベルト・ジャコメッティ、安齊重男、ボリス・ミハイロフ、許家維(シュウ・ジャウェイ)、小泉明郎、シアスター・ゲイツ、ヤン・ヴォー、須田悦弘、ナイリー・バグラミアン、ティノ・セーガル、アローラ&カルサディーラ、マリーナ・アブラモヴィッチ、ロバート・スミッソン、ポール・マッカーシー、ヴィト・アコンチ、植松奎二、白髪一雄、工藤哲巳、塩見允枝子(千枝子)、榎忠、篠原有司男、彦坂尚嘉、森村泰昌、村上三郎、塩田千春、笹本晃、ヒーメン・チョン、関川航平、ロベルト・クシミロフスキ、サムソン・ヤンほか
休館日:月曜(ただし、2月12日は開館、13日は休館。4月30日は開館)
料金:
一般1,200円 大学生800円
夜間割引料金(対象時間:金曜・土曜の17:00~20:00)一般1,000円 大学生700円
※2018年3月31日は無料観覧日
※心身に障がいのある方とその付添者1名無料(証明できるものをご提示願います)

『シアターコモンズ'18』

2018年2月22日(木)~3月11日(日)
会場:東京都港区エリア各所
参加アーティスト:
ジュリアン・フルネ/アミカル・ド・プロダクション(フランス)
ブシュラ・ハリーリ(モロッコ)
藤井光
森村泰昌
劇団アルテミス(オランダ)
小泉明郎
シュウ・ジャウェイ(台湾)
萩原雄太/かもめマシーン
マーク・テ/ファイブ・アーツ・センター(マレーシア)
ほか
主催:シアターコモンズ実行委員会
台北駐日経済文化代表処台湾文化センター
ゲーテ・インスティトゥート東京ドイツ文化センター
在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
在日オランダ王国大使館
特定非営利活動法人芸術公社

プロフィール

藤井光(ふじい ひかる)

1976年東京都生まれ。美術家、映像作家。映像メディアを中心にアーカイブ資料などを取り上げ、人々の記憶や歴史の歪みを解きほぐすように関係性を再解釈した作品で知られる。作品形態は映像、ワークショップの実施、ドキュメンタリー映画の制作、演劇/映画作品の演出とテキストの執筆など。パリ第8大学美学・芸術第三期博士課程DEA卒業。近年では、『爆撃の記録』(東京都現代美術館『MOTアニュアル 2016 キセイノセイキ』展)、『帝国の教育制度』(森美術館『六本木クロッシング2016』展)を発表。監督作品にドキュメンタリー『プロジェクトFUKUSHIMA!』(プロジェクトFUKUSHIMA! オフィシャル映像記録実行委員会、2012年)、『ASAHIZA人間は、どこへ行く』(ASAHIZA製作委員会、2013年)などがある。

吉澤弥生(よしざわやよい)

共立女子大学文芸学部准教授、NPO法人地域文化に関する情報とプロジェクト[recip]理事、NPO法人アートNPOリンク理事。1972年生まれ。大阪大学大学院修了、博士(人間科学)。専門は芸術社会学。近著に『芸術生産の現場から考える ―労働・キャリア・マネジメント』(藤井光との対談)『社会の芸術/芸術という社会』(2016年、フィルムアート社)、『労働者としての芸術家たち —アートプロジェクトの現場から』『文化経済学』第12巻第2号(2015年、文化経済学会)など。単著『芸術は社会を変えるか? —文化生産の社会学からの接近』(青弓社、2011年)、調査報告書『続々・若い芸術家たちの労働』(2014年、科研費報告書)など。またrecipでは『「船は種」に関する活動記録と検証報告』(2013年、東京都)、アートNPOリンクでは『アートNPOデータバンク2016-17 —アートNPOの基盤整備のためのリサーチ』(2017年、文化庁)などを共同制作。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら