特集 PR

ヘニング・シュミートを知っている?美しく静かなピアノに恋する

ヘニング・シュミートを知っている?美しく静かなピアノに恋する

ヘニング・シュミート
インタビュー・テキスト
朝倉奈緒
撮影:田中一人 編集:柏井万作

旧東ドイツ出身のピアニスト、ヘニング・シュミート。どこまでも優しく柔らかく、ノルタルジックともいえる耳触りの良いピアノメロディーが日本人の琴線に触れ、全ての作品がロングヒットを記録。これまで4度のジャパンツアーも、各都市の公演が続々ソールドアウトしている。

その人気の秘訣は、サウンドはもちろんのこと、愉快で温かく、チャーミングな彼のキャラクターにありそうだ。今回、最新アルバム『Schöneweide』をひっさげ来日、18都市の全国ツアー真っ最中のヘニングさんを捕まえ、ヘニングワールドへの扉を叩いた。

静寂の中に、アルバムになった全ての音楽があったんです。

—多岐に渡り活躍されているヘニングさんですが、ピアノとの出会いはいつですか?

ヘニング:7歳のとき。当時はあまりピアノが好きでなく、僕はサッカーがやりたくて逃げ出そうとするんだけど、牧師である父の肩に担がれて無理矢理ピアノのところまで運ばれたりしてね。

14歳くらいのときかな。気になる女の子が、僕がピアノを弾くのを見て「素敵ね」と褒めてくれて。それがうれしくて、自主的に弾くようになりました(笑)。

ヘニング・シュミート
ヘニング・シュミート

ヘニング:僕の家庭は東ドイツにあったので、当時の状況としてピアノの先生のところに通うことができなかったんです。それで、結果的に15、6歳のころから自分で作曲をするようになりました。

『Spazieren』収録曲

—『Wolken(=雲)』『Spazieren(=散歩)』『Schnee(=雪)』といったアルバム名にもあるように、身近なもの、身近で感じたことにインスピレーションを受けて作曲をされていますよね。

ヘニング:最初のアルバム『Klavierraum(=ピアノルーム)』は、妻が妊娠中、ちょっと興奮した状態だったので、落ち着けるようにと彼女のために曲を作ったのが始まりでした。妻へのプレゼントでもあり、同時にお腹の中の赤ちゃんへのプレゼントでもあって。

—赤ちゃんにも。素敵なエピソードですね。

ヘニング:お腹の中の赤ちゃんって、ちゃんと外の音が聴こえているんですよね。生まれた後に、同じ曲を聴かせたらきちんと認識していたんです。だからお腹の中にいるうちから、赤ちゃんに良い音楽を聴かせるのはとても大事なことだと思います。

ヘニング・シュミート

—私も妊娠中にヘニングさんの『Spazieren』を聴いていました(笑)。作曲のインスピレーションは、どんなところから得るのですか?

ヘニング:それぞれスタートポイントは違いますが、共通点があるとすれば僕は曲を作るとき、まず目を閉じて、自分のために弾くんです。それで自分の中のバランスを取るような感覚があります。

例えば今年flau(日本の音楽レーベル。ヘニング・シュミートは1stアルバムからflauでリリースしている)からリリースした、ヴァイオリン奏者クリストフ・ベルクとの作品は、はじめ全く構想がなかったんです。お互い顔を突き合わせて座って、「さぁ、どうしよう?」といった具体に。

そこで二人で目を閉じて、静寂に耳を傾けた。その静寂の中に、アルバムになった全ての音楽があったんです。だからそれをただ作り上げていくような作業でした。

Christoph Berg & Henning Schmiedt『bei』ジャケット
Christoph Berg & Henning Schmiedt『bei』ジャケット(Amazonで見る

—静寂の中から、何かが降りてくるような?

ヘニング:言葉で表現するのは難しいですね……。そうだな、インスピレーションって、鏡のようなものなんじゃないかな。

—鏡ですか?

ヘニング:例えばausさん(flauのオーナーであり音楽家)の音楽で素晴らしい部分があったときに、私が素晴らしいなと思って共鳴する。その共鳴というのは、美しいと感じる要素が既に僕の中にあって、それがausさんの音楽を聴くことで発見されるんです。

ヘニング:インスピレーションというのはそういう意味で、自分の中に予めあるもの。鏡のように、その美しさが発見されていくような出来事なんだと思います。

—そういう感性が、ヘニングさんの中に育ったのはなぜでしょう?

ヘニング:若いころにショスタコーヴィチ、バッハ、キース・ジャレットの曲を聴いていたとき、ときどき魔法にかかったような瞬間があって。その瞬間に曲を書き起こしたりもしていたので、もしかしたら、それも影響しているのかもしれません。

Page 1
次へ

リリース情報

ヘニング・シュミート『Schöneweide』
ヘニング・シュミート『Schöneweide』

2017年9月20日(水)発売
価格:¥2,160(税込)

01. mondlied
02. kühle lippen
03. seegrün
04. den hügel hinauf
05. für sota
06. plötzlich froh
07. behütet
08. blauer wind
09. barfuß laufe ich
10. aus voller Kraft
11. kann dich schon sehen
12. verstreute kirschen
13. immer noch
14. frühlingsregen fällt
15. weißer dunst (cd bonus track)

プロフィール

ヘニング・シュミート(Henning Schmiedt)

1965年生まれ、旧東ドイツ出身のピアニスト、作曲家、編曲家。早くからジャズ、クラシック、ワールドミュージックなどジャンルの壁を超えた活動を先駆的に展開。80年代中盤から90年代にかけて様々なジャズ・アンサンブルで活躍後、ギリシャにおける20世紀最大の作曲家と言われるMikis Theodorakis(ミキス・テオドラキス)から絶大な信頼を受け、長年にわたり音楽監督、編曲を務めている。今年バイオリン奏者Christoph Bergとのデュオ作「Bei」とソロアルバム「Schöneweide」と共に全国19公演のロングツアーを開催。名指揮者クルト・マズアも一目置くという個性的なアレンジメントやピアノ・スタイルは、世代を超えて愛されている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら