特集 PR

メロウ・イエロー・バナナムーン 現役大学生バンドの幸せと不安

メロウ・イエロー・バナナムーン 現役大学生バンドの幸せと不安

メロウ・イエロー・バナナムーン『かくも素晴らしき日々』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:新妻和久 編集:久野剛士

いつか終わりがくることを知りながら、それでも、いまこの瞬間に自分が抱きしめているささやかな幸せを手放さないための音楽――。2015年に早稲田大学で結成された11人組バンド、メロウ・イエロー・バナナムーンがリリースした処女作『かくも素晴らしき日々』。ここに刻まれたのは、満たされていて、でもなにかが足りなくて、遠ざかっていく「過去」と近寄ってくる「未来」の足音に一喜一憂しながら「いま」を生きる、若者たちの小さくて、でも力強い呼吸そのものだ。

今回は、バンドから岩井百合香、緒方利菜、樋口敏寛、宮田泰輔の四人に話を聞いた。音楽を奏でる喜びや、将来への不安といった、彼らの複雑な感情がそのまま表れたような楽曲の数々に耳を傾けてほしい。11人の若者が鳴らす、メロウで、少しほろ苦いこの音の連なりが導いてくれる場所に、あなたも想いを巡らせてみてはいかがだろう。

大人数バンドって、大学生だからこそできる部分もある。(宮田)

—メロウ・イエロー・バナナムーンは2015年に大学で結成されたそうですけど、現在もみなさん、大学生なんですか?

宮田(Gt):そうですね。社会人になったメンバーも一人いるんですけど、あとはみんな大学生です。

—ミニアルバム『かくも素晴らしき日々』で描かれているのは、メロウ・イエロー・バナナムーンという大学生たちからなるバンドのモラトリアムの表れでもあるのかなって思うんですよね。

宮田:「モラトリアム」っていうのは、まさにそうだと思います。メロウ・イエロー・バナナムーンは、この先もずっとやっていきたいんですけど、大人数バンドって大学生だからこそできる部分もあると思うんですよ。社会人になったら、予定を合わせるもの難しくなるし。

左から:岩井百合香(Ba.)、宮田泰輔(Gt.)、緒方利菜(Vo.)、樋口敏寛(Dr.)
左から:岩井百合香(Ba.)、宮田泰輔(Gt.)、緒方利菜(Vo.)、樋口敏寛(Dr.)

—そもそも11人という大勢のメンバーは、どのようにして集まったんですか?

宮田:大学で知り合ったもの同士で。メンバーは、それぞれブラックミュージックのサークルや、中南米音楽のサークルに所属しているんですけど、パーカッションの宮坂が「バンドをやろう」って言い始めて、このメンバーを集めたんです。

ソウルや中南米の音楽って、10人とか、多いときには15人でやったりすることが基本なので、気づいたら11人になっていましたね。バンドをやるなら、ホーンやパーカッションがあるのは普通だと思っていたし。

—なるほど。ちなみに今日、バンドの発起人である宮坂さんは……。

宮田:すみません、いま留学中です(笑)。

—Twitterを見ていたら、緒方さんも少し前にジャマイカに行かれていたそうですね。

緒方(Vo):はい。まるまるひと月、バンドの練習も休んで、ニューヨーク、ニューオーリンズ、ジャマイカに一人で行ってきました。私、人よりも「恐怖遺伝子」が少ないらしくて(笑)。「行きたい!」と思ったら「行こう!」ってなっちゃうんですよね。

左から:宮田泰輔、緒方利菜、岩井百合香、樋口敏寛
左から:宮田泰輔、緒方利菜、岩井百合香、樋口敏寛

—それらの土地に行こうと思ったのは、どうしてですか?

緒方:ソウルやレゲエのようなルーツミュージックをやっているのに、それらの音楽が生まれた現地の空気感、その土地で音楽を鳴らしている人たちのプレイ、バックグラウンド……そういうものを知らないと、「音楽への思いは本物か?」って疑われるじゃないですか。私はそれがすごく嫌で。

好きでやっている以上、現地でその音楽が鳴っているところを見たいなと思ったんです。現地の人たちと、ボブ・マーリーの曲とか、“上を向いて歩こう”をセッションしました。

—自身の考えを確立する為に、ちゃんと自分自身で経験を踏もうとする……緒方さんの行動力はすごいですよね。

緒方:まぁ、ジャマイカに行ったのは、結局、歌が好きだからですね。私、いい音楽を聴くとめっちゃ泣くんですよ。ボロボロ泣いてしまうんです。私は、歌を聴いて、心がグワッて動く瞬間がすごく好きなんです。その歌の発する感情が「幸せ」ではなかったとしても、心の真ん中の部分を揺さぶられるような感覚があればいい。

だから、私にとって歌うことは、「幸せ」を求めているからというより、その揺さぶられる瞬間を求めているから。私にとっての多幸感って、あくまで、「いろんな心の揺さぶられ方のひとつ」っていう感じなんです。

Page 1
次へ

リリース情報

メロウ・イエロー・バナナムーン『かくも素晴らしき日々』(CD)
メロウ・イエロー・バナナムーン
『かくも素晴らしき日々』(CD)

2017年11月22日(水)発売
価格:1,620円(税込)
UXCL-137

1. かくも素晴らしき日々
2. 夏霞
3. ライカ・デイドリーム
4. 渦
5. 胸の裏
6. cycle!

イベント情報

『TERMINAL-H』

2018年1月20日(土)
会場:東京都 渋谷 UNDER DEER LOUNGE
出演:
メロウ・イエロー・バナナムーン
umber session tribe
RAMMELLS
COLTECO
DJ:
樹里
朝岡周
RIKU
Satosh Kan

『会いにいく』

2018年1月28日(日)
会場:愛知県 名古屋 K.Dハポン
出演:
メロウ・イエロー・バナナムーン
くすり
てら
ノンブラリ
Easycome

プロフィール

メロウ・イエロー・バナナムーン

2015年夏頃、大学の音楽サークルで出会ったメンバーが「野外フェス出たいね」を合言葉に集合。翌年春より本格的に活動開始。ポップ、中南米音楽、ロック、黒人音楽、ケルト音楽など多種多彩な音楽を聴いたりやったり揉みつ揉まれつしてきたメンバーによる、にぎやかなポップ・ミュージック。りんご音楽祭2016出演。「早稲田大学生が注目する『11人組』アーティスト」として、J-WAVE 81.3FM出演。メンバーは、緒方利菜(Vo.)、宮坂遼太郎(Per.)、宮田泰輔(Gt.)、荒川剛士(Gt.)、岩井百合香(Ba.)、樋口敏寛(Dr.)、斉木麻里衣(Cho.)、石居和人(Trp.)、堀田洋子(Trb.)、原田陽平(T.Sax)。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで