特集 PR

人生最大の勝負は何だった? 山田佳奈×増子直純×あっこゴリラ

人生最大の勝負は何だった? 山田佳奈×増子直純×あっこゴリラ

□字ック『滅びの国』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:伊藤惇 編集:山元翔一

怒髪天のボーカル、増子直純。異色の女性ラッパーとして活躍する、あっこゴリラ。そして、劇団「□字ック」を主宰する山田佳奈。バンド、ヒップホップ、演劇と、異なるフィールドで活動する三者には意外な接点があった。「□字ック」が旗揚げする以前、山田はあるレコード会社のプロモーターとして怒髪天を担当し、さらにあっこゴリラがかつて所属していたガールズバンドとも交流があったのだ。それぞれ異なる道を突き進み、そしてブレイクを果たした女性二人と、彼女たちをずっと見守ってきた先輩ミュージシャン。その三人が、久々に一堂に会することとなった。

小劇場界の「日本武道館」とも言える下北沢本多劇場で新作『滅びの国』の上演を控える山田佳奈にとって、今年はまさに大勝負の年だ。それは、渋谷WWWでのワンマンライブを成功させたあっこゴリラも同じことと言えよう。そして増子もまた、数々の大勝負に打ち勝ってきた音楽界の猛者である。何につけ厳しさがキワ立つ昨今の日本で、表現者たちはどんな大勝負に挑み、「勝ち」を得ようとしているのか?

バンド活動に関しては、俺は冒険しないタイプだからね。(増子)

—いきなり直球の質問ですが、みなさんがこれまでの人生で「大勝負だ!」と感じたのは、どんなときでしょう。

増子:人生の一番の大勝負。そうだなあ……40歳のときの私生活でのアレだな(笑)。

一同:(笑)

左から:増子直純(怒髪天)、山田佳奈(□字ック)、あっこゴリラ
左から:増子直純(怒髪天)、山田佳奈(□字ック)、あっこゴリラ

増子:(笑)。まあ、バンドとしてはやっぱり30周年の武道館ライブ(2014年)だよね。あれは大大大勝負だった。28年間、怒髪天をやってきて、それまでの客席が最大で3000とかなのに、あと2年でどうして3倍(武道館のキャパシティーは最大で1万超)にできるのよって話じゃない?

「バカじゃねえか!」って思ったけど、これを逃したら武道館でやる機会はないだろうし、メンバーもみんな「やりたい!」って言うからね。そうしたら、もうやるしかないじゃない。そこからはできることは全部やって、1年間猛烈にプロモーションしまくったよ。俺にとっては驚きの連続だった。バンド活動に関しては、俺は冒険しないタイプだからね。

—そうなんですね、なんだか意外です。

増子:楽曲制作では冒険するんだけどね。札幌から東京に出て来たのも、友だちのバンドが全員上京しちゃって、遊ぶヤツらがいなくなったからだしね。そのテキトーさからしたら、武道館でやるなんて「嘘だろ!?」って感じよ。みんな「怒髪天が狂った!」って思ったんじゃないかな(笑)。まあでも、おかげさまでチケットも売り切れて本当によかった。

増子直純(怒髪天)

怒髪天は演奏のできないパンクバンドから始まった愚連隊みたいなもんでさ、それが武道館なんだから、バンドって夢があるよな。(増子)

あっこ:「怒髪天が武道館でライブする」ってこと自体がめちゃくちゃエモかったですよ! 活動の全部を知ってるわけではない私ですらアガってるんだから、ずっと応援してたファンの方、それこそマネージャーの方とか、本当にヤバかっただろうと思います。案の定、みんなライブで号泣してましたよね。

増子:泣いたねー! ステージも客席もみんな泣いてるっていう、わけのわからない状態。でも実際に立ってみると、ひとつ勲章をもらっただけって感じだよ。それで一生食っていけるわけじゃない。もっと、すごいことやりたくなるしな。

山田:増子さんが、その感慨を舞台上で噛み締めているのがわかったから、こっちもガンガン泣いてしまいましたよ。MCしてる増子さんが、何度も言葉を詰まらせて……。

増子:そりゃあ詰まるよ(笑)。誰も武道館でやるなんて思ってなかったんだから。しかもステージ上でメンバーにお礼を言われたりしたらさ、涙も出て来るよ。

あっこ:私、勇気もらいましたよ。

増子:「自分にもできるんじゃねえか?」って思ったでしょ。バンドの勝ちパターンって、動員力があるとか、超ヒット曲があるとかじゃない? でも俺たちみたいにこれといったヒット曲もなく、ただただ楽しくてバンド続けてきたヤツらでも、長く続けていることでできることもあるんだぞっていうのを、多少無茶してでも後進の者たちに見せたかったんだ。

左から:増子直純(怒髪天)、山田佳奈(□字ック)

増子:そもそも、怒髪天は演奏のできないパンクバンドから始まった愚連隊みたいなもんでさ、当時の札幌バンド界隈って各地域の一番悪いヤツらがそれぞれバンドをやってて。

—三国志みたいな世界ですね。

増子:まさにそう! ギターケースのなかに金属バット入れてライブ行ってたんだからどうかしてたよ! それが武道館なんだから、バンドって夢があるよな。

Page 1
次へ

公演情報

□字ック本公演
『滅びの国』

2018年1月17日(水)~1月21日(日)全7公演予定
会場:東京都 下北沢 本多劇場
脚本・演出:山田佳奈
出演:
吉本菜穂子
三津谷亮
小野寺ずる
日高ボブ美
山田佳奈
大竹ココ
Q本かよ
滑川喬樹
大鶴美仁音
小林竜樹
冨森ジャスティン
水野駿太朗
東谷英人(DULL-COLORED POP)
キムラサトル
ホリユウキ(犬と串)
オクイシュージ
黒沢あすか
柏崎絵美子
倉冨尚人
近藤洋扶
三丈ゆき
JUMPEI
照井健仁
難波なう
橋本つむぎ

プロフィール

山田佳奈(やまだ・かな)

1985年、神奈川県生まれ。劇作家、演出家、女優、映画監督、□字ック主宰。レコード会社勤務を経て、2010年に□字ックを旗揚げ。ほぼ全公演の脚本、演出、選曲を担当。演劇ポータルサイト「CoRich 舞台芸術まつり!2014」でグランプリ受賞。映画監督としても注目を集めており、『夜、逃げる』で初監督のメガホンをとり、『今夜新宿で、彼女は、』では、「第1回 渋谷TANPEN映画祭 CLIMAX at佐世保」でブロンズバーガー賞と最優秀女優賞、「第13回 山形国際ムービーフェスティバル」では大西金属賞と船越英一郎賞を受賞。2018年1月17日より、下北沢・本多劇場にて『滅びの国』の公演を控える。

増子直純(ますこ なおずみ)

1966年4月23日生まれ、北海道札幌市出身。ロックバンド怒髪天のボーカルを務める。ダミ声で歌い上げるスタイルが特徴で、気さくなキャラクターで「兄ィ」の愛称で親しまれている。実力に裏打ちされたライブパフォーマンスで観客を魅了し、JAPANESER&E(リズム&演歌)という独自の世界観を切り開く。2014年1月に行なった結成30周年の日本武道館公演は満員御礼。2017年5月、シングル『赤ら月』をリリース。2018年3月にはライブ映像作品『怒髪天presents"響都ノ宴"10周年記念「夢十夜」』のリリースを控える。

あっこゴリラ

レペゼン地球のラッパー、あっこゴリラ。リズムで会話する動物、ゴリラに魅了され、ドラマー時代に「あっこゴリラ」と名乗りはじめる。ラップ・トラックメイクを自身が行い、また元々ドラマーという異色な経歴から自由に生み出されるラップスタイルは、唯一無二の形を提示している。様々なジャンルのイベントに参加するが、彼女がステージに立てばどんな場所でも其処はBack to the Jungleと化す。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年