特集 PR

篠笛・佐藤和哉×ゆず北川悠仁対談 いつまでも残る歌を作る「責任」

篠笛・佐藤和哉×ゆず北川悠仁対談 いつまでも残る歌を作る「責任」

佐藤和哉『唄の音』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:鈴木渉 編集:川浦慧

昨年、アルバム『フエウタイ』でデビューした若き篠笛奏者、佐藤和哉によるセカンドアルバム『唄の音(うたのね)』がリリースされる。

本作は、これまでファンの間でもリクエストの多かった待望のカバー集。中島みゆきの“糸”やさだまさしの“秋桜”、森山直太朗の“夏の終わり”といった新旧の名曲をはじめ、アントニン・ドヴォルザーク作曲の“遠き山に日は落ちて”など様々な名曲が、ピアノと篠笛を中心としたアコースティックなアレンジでよみがえる。郷愁を誘うような懐かしい篠笛の音色が、まるで歌うように奏でられると、目の前に様々な情景や歌詞までもがありありと浮かんでくるようだ。

そして、本作のもう一つの聴きどころが、北川悠仁(ゆず)との共作曲“誓いの空”だ。NHK朝ドラの主題歌“雨のち晴レルヤ”以降、交流を深めてきた二人による約4年ぶりのコラボ曲。北川の自宅スタジオにて制作されたというこのインスト曲は、ゆずの楽曲たちとはまた違った魅力を放っている。

そこで今回、佐藤と北川の対談を実現。コラボ曲の制作裏話はもちろん、ゆずが佐藤をはじめ、若い世代のミュージシャンたちに大きな影響を与え続けている理由にも迫った。

和哉が篠笛を通して生み出す「日本的な郷愁感」はとてもユニークだし、僕らのようなソングライターとはまた違った持ち味があるんですよね。(北川)

—まずは、お二人が出会ったきっかけを教えてもらえますか?

北川:僕がNHK朝ドラ『ごちそうさん』(2013年)の楽曲制作をしていた頃、総合プロデューサーから「とても面白い若者がいる」っていうことで、(佐藤)和哉と、トランペット奏者の秋山璃帆さんを紹介してもらったんです。それで、せっかくならこの出会いをカタチにしたいなと。朝ドラの設定が大正時代ということもあって、日本の伝統的な楽器を奏でる和哉を含めみんなで曲を作ったら楽しそうだなと思ってやり始めたのが、最初のきっかけですね。

—佐藤さんのどんなところに魅力を感じたのですか?

北川:和哉みたいな若い世代の子が篠笛を演奏していて、それを広めようとしていることが面白いなと思いました。それと、彼の作るメロディーを聴いた時に、生意気な言い方ですが「いいものがあるな」と。彼が篠笛を通して生み出す「日本的な郷愁感」はとてもユニークだし、僕らのようなソングライターとはまた違った持ち味があるんですよね。

北川悠仁(ゆず)
北川悠仁(ゆず)

—“雨のち晴レルヤ”を一緒にレコーディングしたあとも、コンサートを一緒にやるなど、交流もずっと続いていますよね。

北川:はい。そのあとすぐに、ゆずは『新世界』(2014年)というアルバムを作るんですが、そこで「懐かしいけど、新しい」という意味を込めて、「懐か新しい」というキーワードで楽曲を作ることができたのは、和哉や秋山さんとの出会いのおかげでした。そのアルバムにも参加してもらったので、「じゃあ、ツアーも一緒に回ろうか」っていう話になって。

佐藤:いやあ、まさかそんな展開になるとは思わなくて、緊張しましたね(笑)。1万人を超えるお客さんの前で演奏するのはものすごく貴重な体験でした。ゆずのお二人は大先輩ですし、最初のうちはずっとオドオドしていたんですけど、北川さんがとても兄貴肌というか。気さくに話しかけてくださったり、楽屋に来て「一緒に飯食おうぜ」って言ってくださったり、そうやってフランクに接していただいているうちに、だんだんリラックスできるようになっていきました。

佐藤和哉
佐藤和哉

—北川さんにとっては、佐藤さんは弟みたいな感じ?

北川:もう、玉のように可愛がっています(笑)。本当に彼は、見た目の通り誠実で、ひたむきに音楽に取り組んでいる人。彼のやっている、インストゥルメンタルで、しかも篠笛というのは、言ってしまえば「茨の道」だし、それに対して何らかの形で応援したいっていう気持ちはありますね。

でもね、とにかく彼は真面目なんで、時々つまんないんですよ(笑)。それをどうやって壊してやろうかなって思ってますね。ツアー中も無茶なこと色々させて。最終的に、前髪パッツンのヅラ被らせて、ボンゴ叩かせましたから(笑)。

佐藤:「パラダイス佐藤」という芸名までいただいて(笑)。

左から:佐藤和哉、北川悠仁(ゆず)

北川さんにモチーフを聴いてもらったとき、「和装の結婚式に似合うような曲にしたらどうかな」っていうヒントをくださって。(佐藤)

—今回、お二人が再びコラボをすることになったのは、どんな経緯だったのでしょうか。

北川:“雨のち晴レルヤ”を一緒に作って、それがゆずにとって代表曲の一つになったし、一緒に紅白にも出られたので、すごく手応えを感じたんです。その時は僕のフィールドでやらせてもらったんだけど、今度は和哉のフィールドで何かできればとは、ツアー中も話していて。それで今回、以前から和哉が持っていたモチーフを使いながら、新たな曲を作っていきました。

—そのモチーフは、“文と風鈴”という曲でしたね?

佐藤:そうなんです。元々“文と風鈴”は、「旅先で大切な人を思い出しながら手紙を書く」というイメージで作っていた曲だったんですけど、それを北川さんに聴いてもらったとき、「和装の結婚式に似合うような曲にしたらどうかな」っていうヒントをくださって。それで、しばらく経って北川さんに「和哉、ちょっと聴いて欲しい曲があるんだけど」って言われてスタジオにうかがったんです。そこで、“誓いの空”の原型を聴かせていただきました。

北川:“文と風鈴”には、独特の静けさやメロディーの美しさがあったんですけど、僕はやっぱりポップス畑の人間なので、そこにドラマティックな表現を入れたいなと思ったんです。バイオリンを加えることによって、篠笛だけでは表現しきれないイメージを加えようと思いましたね。

—篠笛によるインスト曲でありながら、構成はいわゆるポップスのフォーマットになっているのも北川さんのアイデア?

北川:まさしくそうですね。僕らがポップスでよく使っている手法を今回は多用しています。例えばピアノのイントロで始まったり、途中のAメロで一度ブレイクしてみたり、篠笛のインスト曲では珍しいであろう、Dメロを加えてみたり。

—逆に、篠笛のインストだからこそできた、普段のゆずの楽曲制作にはないプロセスもありました?

北川:まず、歌詞がなくて楽でした(笑)。ゆずではいつも、最後に歌詞をどうメロディーに落とし込んでいくかで悩みますからね。「てにをは」で5時間とか(笑)。そういうのがないぶん、逆にOKラインはどこなのか? っていう、ジャッジの仕方が普段とはかなり違いましたね。最終的には、笛の持つ独特の響きを活かすのが一番なのかなと思いながら作っていきました。

—レコーディングは、北川さんの自宅スタジオで行ったのですか?

北川:そうです。できたばっかりのスタジオだったんですよ。ひょっとしたら、この曲が処女作になるのかもしれない。和哉をそこに呼んだのも、ゆずのレコーディングをやる前に、スタジオの具合を試したかったっていうのがあったのかも。

北川悠仁(ゆず)

佐藤:あははは。もうメッチャきれいでしたもん。ピッカピカで。

—スタジオは、本格的なレコーディングができるような規模なのですか?

北川:はい。小さいブースなんですけど、ドラムも録れるし完パケまでできるようになっています。和哉とのレコーディングの後、「これはイケるな」と思ったので、その後ゆずでアルバム1枚作っていますし、現在はここが楽曲制作の拠点になっています。

Page 1
次へ

リリース情報

佐藤和哉『唄の音』
佐藤和哉
『唄の音』(CD)

2017年12月6日(水)発売
価格:2,700円(税込)
COCQ-85390

1. 浜辺の歌
2. 夏の終わり
3. 糸
4. 童神
5. 秋桜
6. 舞姫
7. さよならの夏~コクリコ坂から~
8. 遠き山に日は落ちて
9. 誓いの空

イベント情報

『篠笛奏者 佐藤和哉 New Album「唄の音」発売記念コンサート』

2018年2月10日(土)
会場:福岡県 アクロス福岡 円形ホール

2018年2月11日(日)
会場:東京都 池袋 自由学園 明日館

2018年2月17日(土)
会場:大阪府 大阪倶楽部

料金:各公演 前売4,500円 当日5,000円

プロフィール

佐藤和哉
佐藤和哉(さとう かずや)

九州は佐賀県唐津市の海辺に生まれる。中学生で「唐津くんち」の囃子を学び、この時初めて横笛に触れる。ピアノ、ドラム、ギター弾き語りなど、音楽に没頭する少年期を過ごす。大学卒業後、篠笛と出会い、その音色に魅了され、また、自身の想いを歌として表現するのにもっとも適しているのがこの楽器であることに気づき、篠笛奏者の道を志す。現在、東京を拠点に音楽活動を展開。2012年06月には国宝・薬師寺東塔解体式典「宝珠降臨法要」にて献笛を勤める。近年では、作曲家としての活動も展開し、2013年NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』主題歌「雨のち晴レルヤ(ゆず)」には、モチーフとして自身作曲の「さくら色のワルツ」が採用され、作曲に携わる。また同作は、2014年日本レコード大賞優秀作品賞を受賞。2016年には、佐賀県嬉野市の曲「ふるさとの空よ」を制作。同年、日本コロムビアからメジャーデビュー。「二十一世紀ノスタルジア」と評される佐藤和哉作品の数々は、今を生きる自分の心と素直に向き合うことで紡ぎだされる。その旋律を、素朴で優しく、しかし芯のある篠笛の音で唄いあげる“詩のない歌”は、聴く者に懐かしさや温かさ、優しさが万国共通のものであることを感じさせる。

北川悠仁
北川悠仁(きたがわ ゆうじん)

同じ神奈川・横浜市出身の岩沢厚治とともに1996年3月「ゆず」を結成。横浜・伊勢佐木町で路上ライブを行うようになる。1997年10月、1stMini Album『ゆずの素』でCDデビュー。万人を引きつけるキャッチーなメロディーと独特なハーモニー、飾らない共感性の高い歌詞が評判を呼び、翌6月にリリースした1stシングル「夏色」がスマッシュヒット。以後、「飛べない鳥」「栄光の架橋」「虹」「雨のち晴レルヤ」などヒット曲を多数世に送り出し、スタジアム・ドームクラスのライブも大盛況。2017年にデビュー20周年を迎え、アニバーサリーイヤーを記念し発売されたオールタイムベストアルバム『ゆずイロハ 1997-2017』が大ヒットを記録、そのアルバムを引っさげて行われた自身初のドームツアーでは約30万人を動員。2018年春にはNEW ALBUMのリリースと全国アリーナツアーの開催が決定している。

関連チケット情報

2018年1月2日(火)
上妻宏光
会場:東京国際フォーラム ホールC(東京都)
2018年2月10日(土)〜2月17日(土)
佐藤和哉(篠笛)
会場:アクロス福岡 円形ホール(福岡県)
2018年2月24日(土)
佐藤和哉(篠笛)
会場:アクトシティ浜松 音楽工房ホール(静岡県)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

キセル“富士と夕闇”

キセルを聴くと、特別なものは本当に言葉にするのが難しいなと思う。3年ぶりのアルバムより、“富士と夕闇”のMV。日常を切り取っているはずなのにサイケデリックで、二人と一匹を映しているようで景色ばかりが目に入る映像の不思議が、妙にキセルにはまっている。監督はVIDEOTAPEMUSIC。浮遊感ある音も相まって、忙しない現実も融解するよう。(山元)

  1. 宇多田ヒカルの新曲“あなた”PV公開 来年に新アルバム&ライブツアー予定 1

    宇多田ヒカルの新曲“あなた”PV公開 来年に新アルバム&ライブツアー予定

  2. Charisma.comが無期限活動休止へ DJゴンチは脱退&アーティスト活動引退 2

    Charisma.comが無期限活動休止へ DJゴンチは脱退&アーティスト活動引退

  3. 小沢健二&満島ひかりが屋形船で“ラブリー” Apple Musicの新コンテンツ 3

    小沢健二&満島ひかりが屋形船で“ラブリー” Apple Musicの新コンテンツ

  4. 『デザインあ展』が5年ぶり開催 中村勇吾、小山田圭吾も参加 4

    『デザインあ展』が5年ぶり開催 中村勇吾、小山田圭吾も参加

  5. 香取慎吾&草彅剛&稲垣吾郎の映画『クソ野郎と美しき世界』ビジュアル公開 5

    香取慎吾&草彅剛&稲垣吾郎の映画『クソ野郎と美しき世界』ビジュアル公開

  6. Perfume支えるテクノロジーに迫るNHK特番 案内人に真鍋大度&ムロツヨシ 6

    Perfume支えるテクノロジーに迫るNHK特番 案内人に真鍋大度&ムロツヨシ

  7. 磯部涼『ルポ 川崎』 ラップからヤクザ、差別問題まで取材、BAD HOPも証言 7

    磯部涼『ルポ 川崎』 ラップからヤクザ、差別問題まで取材、BAD HOPも証言

  8. 『全員死刑』小林勇貴監督がケータイで撮影 映画『ヘドローバ』公開 8

    『全員死刑』小林勇貴監督がケータイで撮影 映画『ヘドローバ』公開

  9. アニソン、舐めたらアカン。ミト×OxTによる「アニソン座談会」 9

    アニソン、舐めたらアカン。ミト×OxTによる「アニソン座談会」

  10. 『SWITCH』の「良い音」特集に世界のオーディオ機器集結 高橋幸宏らも登場 10

    『SWITCH』の「良い音」特集に世界のオーディオ機器集結 高橋幸宏らも登場