特集 PR

広告業界最前線をTOWから学ぶ。SNSが起した業界の変化が面白い

広告業界最前線をTOWから学ぶ。SNSが起した業界の変化が面白い

『第4期 TOWインタラクティブプロモーションスクール』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:永峰拓也 編集:久野剛士、野村由芽

「インタラクティブプロモーション」や「体験デザイン」。SNSの登場やスマホの普及で、現在、広告業界は、ドラスティックな変化を遂げつつある。そんな中、1976年の設立以来、プロモーションの企画制作を行い、業界と共に、WEB、PR、映像と領域を拡大してきた株式会社TOWが『第4期TOWインタラクティブプロモーションスクール(IPスクール)』を開講する。後進の育成にも努めるTOWは、どんなプロモーション戦略のもと、施策を行ってきたのだろう。

TOWのプランナー海老根俊一と、プロデューサー木部喬の二人に、近年の広告業界の動向から、SNSの特徴を捉えたプロモーション事例、「体験」をデザインする手法について語ってもらった。

いまの広告は、内容は勿論、それをどう波及させていくかという拡散の視点も求められている(木部)

—まず、広告業界のここ10年の変化を教えてください。

海老根:やはり、スマートフォンの普及とSNSの浸透でしょうね。それにともなう変化が、最も大きいと思います。

木部:10年前って、ウェブコンテンツが盛んな頃で、中村勇吾さんの「エコトノハ」とかがトレンドになっていた時代だったと思うんです。でもいまは、そういったリッチなウェブコンテンツは、あまり求められなくなっています。スマホとSNSの普及で、コンテンツ自体がライトになっていく一方、それをどう波及させるかに重きが置かれているというか。そういったPRの視点が重要になってきている感覚があります。

海老根:かつての広告は、「プッシュ型」でしかなかったと思うんです。単純に良いものを作って、それを発表すればいいっていう。だけどSNSの登場で、それをユーザーが評価できるようになった。だから、ユーザーの興味や能動的なアクションを引き起こす「プル型」じゃないと、ちょっと通用しないところがあるんですよね。

左から:木部喬、海老根俊一(TOW)
左から:木部喬、海老根俊一(TOW)

—そういう中でキーワードとして、「インタラクティブプロモーション(IP)」という言葉があると思うのですが、それは具体的に、何を意味するのでしょう?

海老根:インタラクティブプロモーションと言うと、たとえばライゾマティクスさんやチームラボさんがやっているデジタル体験にイメージが寄りがちなのですが、我々の場合、それをもう少し広義に捉えています。

デジタルを絡めたカッコいい施策をやればいいというのではなく、施策を実施して、そこから返ってくる反応をどう計算しながら全体を設計していくのか、そういうところまで含めて「インタラクティブプロモーション」を考えていますね。

海老根俊一

Page 1
次へ

イベント情報

第4期 TOWインタラクティブプロモーションスクール
第4期 TOWインタラクティブプロモーションスクール
「第4期 TOWインタラクティブプロモーションスクール」

日時:2018年1月31日(水)~3月29日(木)
会場:東京都 株式会社テー・オー・ダブリュー 会議室他
対象:広告/プロモーション業界に興味がある・目指している学生の方
(2019年 / 2020年大学・大学院卒業予定者)
料金:21,600円

プロフィール

海老根俊一(えびね しゅんいち)

1977年生まれ。芝浦工業大卒。2005年にTOWに入社後、リアル体験領域を起点にしながらPR・デジタル・映像など様々な手法を駆使して、多数のアクティベーション企画・開発に携わる。

木部喬(きべ たかし)

2011年TOW入社。デザイナー、Webディレクター、PARTYへの1年間の出向を経て、現在はプロデューサーとしてデジタル・リアルを問わずプロモーション施策を手掛ける。主な実績として、資生堂「マジョリ画」、日清食品「山の海の家 in Gunma」など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで