特集 PR

ピコ太郎を生んだ古坂大魔王がNo titleに伝授 ゼロ発屋にならない術

ピコ太郎を生んだ古坂大魔王がNo titleに伝授 ゼロ発屋にならない術

LINE RECORDS
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:鈴木渉 編集:川浦慧

「観客参加型」であることを特徴とする『LINEオーディション2017』で総合グランプリに輝き、今年1月にLINE RECORDSよりデビューした3人組バンド、No title。音楽ストリーミング時代の新たなスターになるべく活動を開始した彼らだが、青森在住の現役高校生ということもあって、今後の展開はまだまだ未知数だ。彼らはこれから、どんな活動をしていくべきなのか。

そこで今回は、“PPAP”というたった一本の動画で一躍世界的なスターに上り詰めた、ご存知「ピコ太郎」のプロデューサーとして知られる芸人の古坂大魔王を招聘。インターネット時代の申し子とも言える「ピコ太郎」の大ヒットにまつわる話はもちろん、その独特な音楽観や青年時代の話を交えつつ、現在のNo titleが感じている疑問や悩みについても、同じ青森の出身ということで、親身に語り合ってもらった。

既存のカテゴリーに入らないものを考えていて……それで最終的に、ピコ太郎を作った。(古坂)

—本日は、ピコ太郎のプロデューサーとしても知られる芸人の古坂大魔王さんに来ていただきました!

あんべほのかポチ(ゆうと):よろしくお願いします!

左から:ポチ(ゆうと)、ほのか、あんべ
左から:ポチ(ゆうと)、ほのか、あんべ

古坂:よろしくお願いします~。No titleの三人は、青森在住の高校生なんだよね。僕も青森出身なの知ってた?

古坂大魔王
古坂大魔王

ほのか:もちろんです。

—ピコ太郎の“PPAP”がYouTubeに登場してから、約1年半が経ちました。当時、No titleの三人は、まだ中学生?

ほのか:そうですね。文化祭に出るバンドの練習が終わったあと、たまたまその動画を見て……。

ポチ(ゆうと):一回見ただけなのに、そこからずっと頭から離れなくて。気がついたら、いつの間にか生徒だけじゃなくて先生も真似をするようになっていて、ビックリしました。

古坂:それは嬉しい話ですね。

—当時三人は、あの動画を何だと思って見ていたのですか?

あんべ:最初に見たときは、それが何なのか、まったく分類できなかったですね。それを受け入れるカテゴリーが、自分のなかにはなかったというか。

古坂:ああ、それは最高ですね。カテゴリーほど愚の骨頂はないというか、カテゴリーっていうものが、僕はホントに嫌で。僕はもともと、お笑いと音楽の両方が好きで、お笑い芸人になりたいと思ったんだけど、好きなお笑い芸人は、とんねるずさんだったんですよね。

右:古坂大魔王

—なるほど、世代ですね。

古坂:そう。君たち三人は知らないかもしれないけど、当時とんねるずさんは、歌もバリバリ歌っていて、歌番組に出るわ、『紅白歌合戦』に出るわ、『日本有線大賞』を取るわ、もうホントにすごかったんですよね。

僕のなかでお笑い芸人っていうのは、ネタをやったりフリートークをやったり大喜利をやるっていうことよりも、とんねるずさんのように、芸能界を引っ掻き回すような存在だったんです。

ほのか:へー。

古坂:それが最高にカッコいいと思って。だから、自分もそうやってカテゴリーに入らないものをやりたかったし、実際そういうことを、ずーっとしていたの。それも君たちが生まれる前……実はもう、26年ぐらい芸人をやっているので(笑)。

ほのか:26年か~……すごい!

ほのか
ほのか

古坂:でも、なかなかハマらなかったんだよね。それこそ、カテゴリーにハマらないことばっかりやっていたから(笑)。やっぱり、カテゴリーにないことをすると批判されるんですよ。

でも、青森県人特有の「じょっぱり精神」があって。青森県人って、これが東京で流行ってるとか言っても、最初は「ふん」って感じでしょ? 「青森とは違うな」とか言って。で、半年ぐらい遅れて、まあやってみようかなみたいな。

ほのか:うんうん。

古坂:青森の人にはこういう、変な劣等感からくる頑固さとかひねくれ方みたいなのがあるんだよね。

あんべ:ああ、ちょっとわかります。

あんべ
あんべ

古坂:わかるでしょ? 当時の俺は、そういう感じだったの。だから、既存のカテゴリーに入らないものを、ずっと考えていて……それで最終的に、ピコ太郎を作ったっていう(笑)。

日本の裏の裏は世界の表だった。(古坂)

—そんな「ピコ太郎」は、どういう発想で生まれたキャラクターだったのですか?

古坂:正直言うと、あれはもう自分のなかのマニアックを極めたんですよね。ピコ太郎を単独ライブに出したんですけど、お客さんよりも、裏にいる芸人やスタッフが笑っているんです。で、音楽ライブに出ても、裏にいるミュージシャンが笑っていてお客さんはポカンとしている。

そういう画を作りたくて、あれをやったんですよね。だから、音もできるだけマニアックにして、歌詞もわけわかんない感じにして。

—冷静に考えると、ある意味、メチャクチャですよね(笑)。

古坂:そう、もうメチャクチャやろうと思って(笑)。見た目は怖いし、爆音のテクノだし、何だこれっていう(笑)。そうやって、お客さんがポカンとすることをやってみたら、日本の裏の裏は世界の表だったっていう。

日本の裏を行こうと思って、敢えて歌詞も英語にしたし、ロックやヒップホップよりもテクノサウンド……しかも、テクノのなかでも、いちばんマニアックなところをやろうと思って。

古坂大魔王

—それまでも、PSYの“江南スタイル”(2012年)をはじめ、ネットでバズる音楽系の動画はありましたが、そういうものとは、ちょっと違う受け止められ方をされたというか……。

古坂:それは結局、尺が1分だったからだと思うんです。音楽として成立しないギリギリの時間というか。だから、音楽じゃないと思われたんでしょう。

僕の中で1分で終わるっていうのは、結構重要だったんですよね。AメロもBメロも作らない、イントロも無くて、サビだけあるっていう(笑)。そういうところも、さっき言った「じょっぱり精神」なのかもしれないけど。

ちょっとズレたり、薄皮一枚破ったところに、何かがあるような気がして。(古坂)

—世界を巻き込むような「新しいもの」っていうのは、こういうものなんだって驚きました。

古坂:最初は批判だらけでしたけどね。ただ、最近僕が思うのは……たとえば「この曲はシングル向きじゃない」とか、「A面じゃない」とかよく言うじゃないですか。でも、そういうもののなかに、何かがあるような気がするんですよね。つまり、みんなが腑に落ちてないものっていうのは、みんなが想像できてないものなんです。

“Vegetable(ベジタボー)” / ももくろちゃんZ×ピコ太郎

ほのか:ああ、なるほど。

古坂:想像できるものは、腑に落ちるの。だから、そこからちょっとズレたり、薄皮一枚破ったところに、何かがあるような気がして。まあ、そんなのまったくわからないまま、20年以上やってきたんだけど(笑)。だから一連の話を総括すると、結局は全部……運です。

—ははは。

古坂:でも、宝くじって買わないと絶対当たらないでしょ? それと同じで、運をつかもうと思ったら、何百回も失敗しないとダメなんですよ。宝くじ1枚買うより、1億枚買った方が可能性は絶対高いじゃないですか。1億回、チャレンジするってことがきっと大事なんですよね。

—そうやって頑張ることができたのは、やっぱり音楽を作るのが好きだったからですか?

古坂:音楽と言うよりも、お笑いが好きってことですね。これはきっと、No titleの三人とは多分話が合わないところだと思うけど、僕、音楽をカッコいいと思ってないんですよ。

ほのか:ん? どういうことですか?

古坂:僕がカッコいいと思うことは、カッコ悪いことをすることなんです。

—そこはあくまでも「芸人」なんですね。

古坂:そうですね。だから、女の子たちにキャーって言われるようなカッコいい人間に憧れるのではなく、その横で「おいおい、俺は?」って言っている人間をカッコいいと思うんです。

音楽って、カッコいいことをカッコよく聴かせることが多いじゃないですか。ちゃんと心の芯に届くように歌ったり。でも、お笑いって、カッコいいものをクサして、自分を落としながら、笑わせる。ある意味感動を歪んだ形で届けることだと思うんですよね。

古坂大魔王

—だから、ピコ太郎の音楽はカッコいいテクノなのに、歌っていることはそうじゃないと。

古坂:そうですね。音楽でいちばんカッコいいと思ったのがテクノだったんですけど、カッコいいものをそのままやるのはダサいから、超こだわった音に、思いっきり変な歌を乗せてみた(笑)。そうやって自分が面白いと思うものを、ひたすら追求したいって思いが強かったからこそ、続けてこれたんだと思うんですよね。

Page 1
次へ

リリース情報

No title『rain stops, good-bye』
No title
『rain stops, good-bye』

2018年1月23日(火)配信リリース

プロフィール

No title(のー たいとる)

あんべ(Gt)、ほのか(Vo&Gt)、ポチ(ゆうと)(Piano)の三人からなる青森県三沢市出身の現役高校1年生バンド。2017年にLINE社が主催する『LINEオーディション2017』のバンド部門にエントリーし、ファイナリスト25組に選出。同年11月に行なわれたLINE LIVE『LINEオーディション2017 総合グランプリ発表SP!』にてバンド部門最優秀賞、そして総合グランプリを獲得。2018年1月23日にLINE RECORDSよりデビューが決定。プロデューサーにはGReeeeN等を手掛けたJINが就任した。

古坂大魔王(こさか だいまおう)

1991年 お笑い芸人『底ぬけAIR-LINE』でデビュー。現在は古坂大魔王としてバラエティ番組への出演をはじめ、SCANDAL、mihimaruGT、AAAなどとコラボや楽曲制作も行うなど、芸人、クリエーター、プロデューサーとして奇才ぶりを発揮し活動中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像