特集 PR

高校を卒業しても自由にはなれなかった。みきなつみの葛藤と成長

高校を卒業しても自由にはなれなかった。みきなつみの葛藤と成長

Eggs
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:馬込将充 編集:川浦慧、山元翔一

埼玉出身、19歳のシンガーソングライター・みきなつみが、初の全国流通音源『きみとわたしとメロンソーダ』を3月14日にリリースする。

CINRA.NETでは、約1年半ぶりのインタビュー。1年半前の彼女は、まだ18歳の高校生で、夢や理想はあるが、自分がこの先どうなっていくのか想像もできない……そんな、とても衝動的な状態だった。今回、久しぶりに話を聞かせてくれたみきなつみは、18歳の頃にはなかった凛とした力強さを兼ね備えて、私たちの前に表れた。その力強さとは言うなれば、揺れ動くこと、悩み続けること、変わり続けることを肯定する強さだ。

『きみとわたしとメロンソーダ』は、「きみとわたし」で完結された作品でなく、あくまでも「メロンソーダ」という3つ目の視点の存在が重要な作品だ。二人の間に置かれたメロンソーダは、まるで砂時計のように、じわじわと刻まれる時間の経過を露にする。だが、ひっくり返せばまた砂が元に戻る砂時計とは違い、メロンソーダの抜けた炭酸は、もう簡単には、元に戻らない。

大人になりたいけどなれないし、子供でいたいしっていう……この気持ちは今しか書けないもの。

—みきさんにインタビューさせていただくのは、約1年半ぶりです。あの頃はまだ、18歳の高校生だったんですよね。(参考記事:女子高生のみきなつみ、音楽業界のオトナたちの言葉に困惑する

みき:前回の取材のとき、雨降っていましたよね。しかも私、取材場所に行く途中で迷子になって……。

—そう、割と大胆に遅刻されましたよね(笑)。

みき:あの日、お母さんに泣きながら電話したんですよ! でも、あれから1年半経って……あぁ、すごいなぁ。

—なにがすごいですか?

みき:だって今日、ここまで迷子にならずに来ることができたから(笑)。

みきなつみ
みきなつみ

—(笑)。あのときはまだ音源のリリースもしていなくて、プロのミュージシャンになるにはどうすればいいのか? という点で、いろんな迷いがあった時期だったと思うんですけど、遂に、作品の全国流通が決まりました。

みき:はい。「買ってもらえるかなぁ?」とか、「どんなふうに思われるんだろう?」とか、不安もいっぱいあるんですけど、「楽しみだな」っていう気持ちの方が大きいです。初めてのちゃんとしたレコーディングも楽しかったし、「こういう人たちに聴いてほしい」ということを想像しながら作れたので。そうやって作った音楽を、いろんな人たちに渡せるのが楽しみです。

みきなつみ『きみとわたしとメロンソーダ』ジャケット
みきなつみ『きみとわたしとメロンソーダ』ジャケット(Amazonで見る

—どんな人たちに聴いてほしいと思いますか?

みき:同じ世代の人たちですね。そこに一番刺さるんじゃないかなって思っています。やっぱり、そのときに感じたことしか歌にできないし、その瞬間を残すのが好きだから。

—瞬間を歌にして切り取る、というスタンスは、1年半前から一貫していますね。

みき:そうですね。でも、だからこそ、今回の作品は上の世代の人が聴いても「こういう時期があったな」と思ってもらえるんじゃないか、とも思うんです。たとえば、『きみとわたしとメロンソーダ』の2曲目の“神様も知らない”は、1番では高校生だった17歳の頃の自分の気持ちを歌って、2番では現在の19歳の自分の気持ちを歌っているんですね。

大人になりたいけどなれないし、子供でいたいしっていう……この気持ちは今しか書けないものだけど、上の世代の人が聴いても、「こういう時期があったなぁ」って思ってもらえるんじゃないかなぁ。

自由になれると思って、髪を染めたりピアスを開けたりしたけど、そんなことをしている自分が誰よりもダサかった。

—常に「いま」に向き合い続けてきたみきさんご自身のなかに、過去を振り返る視点が生まれてきたということですよね。実際、17歳だった頃から19歳の現在で、自分自身はどのように変わったと思います?

みき:そうですね……17歳のときは、変に大人になろうとしていたなって思います。こういうインタビューの場でも、着飾っていたし、かっこつけてしまっていたというか。だから、初めてインタビューしてもらったときに比べて、私、いろんな意味で子供になった気がするんですよ。

みきなつみ

みきなつみ

—面白いですね。「大人になること」は「子供になること」でもあった?

みき:高校生の頃って、ある程度縛られた環境にいたから、「自由」というものにすごく惹かれていたと思うんです。だから、高校を卒業したあと、髪を染めたり、ピアスを開けたり、高校生の頃にダメだと言われていたことは全部やったんです。でも、なにも変わらなかった。当時の自分、本当にダサかったなって思うんですけど……そういう瞬間、ありませんでした?

—わかります。服装を変えたり、住む場所を変えたりしても、結局、そこにいるのは高校時代から地続きの自分自身なんだって気づく……その瞬間の虚無感みたいなものは、僕も大学に進学した頃に感じました。

みき:私も、虚しくなったんですよ。自由になれると思って、髪を染めたりピアスを開けたりしたけど、そんなことをしている自分が誰よりもダサかった。それに気づいた瞬間、「自由になりたい」って、なんだ? って……孤独になった、というか。

—高校を卒業したあとは、進学の道などは考えなかったんですか?

みき:前のインタビューのときが、ちょうど悩んでいた時期だったと思うんですけど、結局、進学はしなかったです。

—きっと、音楽を辞めるという選択もあったと思うんですけど、音楽を手放すことはしなかったわけですよね。

みき:それは無理ですね。音楽は、私が唯一、ずっと続けてくることができたものだから。離れることができないと思います。

Page 1
次へ
『Eggs』
『Eggs』

アーティストが自身の楽曲やプロフィール、活動情報、ライブ映像などを自由に登録・公開し、また、リスナーも登録された楽曲を聴き、プレビューや「いいね」等を行うことができる、アーティストとリスナーをつなぐ新しい音楽の無料プラットフォーム。登録アーティストの楽曲視聴や情報は、「Eggsアプリ」(無料)をダウンロードすると、いつでもお手もとでお楽しみいただけます。

料金:無料

リリース情報

みきなつみ『きみとわたしとメロンソーダ』
みきなつみ
『きみとわたしとメロンソーダ』

2018年3月14日(水)発売
1,700円(税込)
EGGS-029

1. Dear
2. 神様も知らない
3. your song
4. 本気を魅せてやれ
5. 君へ送る唄
6. 朝よ、こないで

プロジェクト情報

『みきなつみ史上最大の挑戦、47都道府県ツアー応援プロジェクト!』

プロジェクト受付期間:2018年3月31日(土)23:59まで

プロフィール

みきなつみ
みきなつみ

19歳 埼玉県出身、身長150cm。2015年高校2年生の春からライブ活動を始める。夏にはTOKYO FM(他JFN全国38局で放送)の看板番組「SCHOOL OF LOCK!」による10代アーティスト限定のエントリー型音楽フェス『未確認フェスティバル2015』に出演し、3000通を越える応募の中からファイナリスト8組の最後の1枠に選ばれる。2016年にはイナズマロックフェス出演。またZEPP TOKYOのステージも経験。2017年8月には初のワンマンライブをO-crestで実施。また同年、インディーズバンド音楽配信サイト:Eggsで年間ランキングのアーティスト部門で1位に輝く。2018年には世界最大規模の楽器ショーNAMM SHOWでライブを行う。3月14日に初の全国流通のCDをリリース、また3月29日にはレコ発ワンマンと今まで以上に精力的な活動をしていく。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

TENDRE“RIDE”

2018年はTENDREが絶対くる。2月の『exPoP!!!!!』で脳裏をかすめた予感は確信に変わりました。セクシー&グルーヴィな“RIDE”で完全にヤられた。ラフなダンスと自由度高いコラージュで構成された映像も、河原太朗のチャーミングさがダダ漏れでいい感じ。今年の夏はこの曲で踊りまくりたい。(山元)

  1. 有働由美子がテレ東『マツコ、昨日死んだってよ。』に参加 民放初登場 1

    有働由美子がテレ東『マツコ、昨日死んだってよ。』に参加 民放初登場

  2. ずぶ濡れの山田孝之と長澤まさみ 『50回目のファーストキス』新写真 2

    ずぶ濡れの山田孝之と長澤まさみ 『50回目のファーストキス』新写真

  3. 小松菜奈×大泉洋の映画『恋雨』場面写真 主題歌入りサントラは本日発売 3

    小松菜奈×大泉洋の映画『恋雨』場面写真 主題歌入りサントラは本日発売

  4. 小栗旬主演『銀魂2(仮)』新キャストにキムラ緑子 「お登勢」役で登場 4

    小栗旬主演『銀魂2(仮)』新キャストにキムラ緑子 「お登勢」役で登場

  5. 竹内涼真が志尊淳の先輩役 映画『走れ!T校バスケット部』に友情出演 5

    竹内涼真が志尊淳の先輩役 映画『走れ!T校バスケット部』に友情出演

  6. TOKIOがフマキラーCM続投、22年目へ 決め手は「メンバー4人の人柄」 6

    TOKIOがフマキラーCM続投、22年目へ 決め手は「メンバー4人の人柄」

  7. 是枝裕和×井浦新×伊勢谷友介 まだ大人になれなかった日々の話 7

    是枝裕和×井浦新×伊勢谷友介 まだ大人になれなかった日々の話

  8. 高橋一生×レティシア・カスタ 『シンデレラ』再解釈した短編映像公開 8

    高橋一生×レティシア・カスタ 『シンデレラ』再解釈した短編映像公開

  9. デヴィッド・ボウイが浮世絵で蘇る、浮世絵&写真展が6月に原宿で開催 9

    デヴィッド・ボウイが浮世絵で蘇る、浮世絵&写真展が6月に原宿で開催

  10. チャットモンチーのラストアルバムに元メンバー高橋久美子が作詞で参加 10

    チャットモンチーのラストアルバムに元メンバー高橋久美子が作詞で参加