特集 PR

菅田将暉と渡辺大知が共鳴し合い語る、表現者としての葛藤と喜び

菅田将暉と渡辺大知が共鳴し合い語る、表現者としての葛藤と喜び

菅田将暉『PLAY』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:西田香織 編集:川浦慧

菅田将暉がデビューアルバム『PLAY』を発表する。先日発表された『日本アカデミー賞』で「最優秀主演男優賞」を獲得するなど、「今最も注目を集める若手俳優」と言っても過言ではない菅田のアルバムには、CMソングとして話題を呼んだ“見たこともない景色”、米津玄師とのコラボ曲“灰色と青”といった既発曲に加え、amazarashiの提供曲“スプリンター”や、上京時の思い出の曲だというフジファブリック“茜色の夕日”のカバーなどを収録。菅田自身が作詞のみならず作曲にも挑戦するなど、「枠にとらわれず、今を楽しむ」という彼の基本姿勢がよく表れている。

そんな作品にロックンロールナンバー“風になってゆく”を提供したのが、黒猫チェルシーのボーカリストで、役者としても朝ドラから映画まで幅広く活躍する渡辺大知。役者から音楽の世界に足を踏み入れた菅田と、音楽から役者の世界に足を踏み入れた渡辺。この組み合わせだからこそ語り合える、表現に対する葛藤と喜びがきっとある。ぜひ、二人の「共鳴」を感じてほしい。

大知くんだったら僕のやりたいムードをやってくれるんじゃないかって。(菅田)

—まず、菅田さんが渡辺さんに楽曲を依頼した経緯を教えてください。

菅田:これまではまったく交流がなかったんですけど、よくすれ違ってはいたんです。古着屋さんだったり、なぜか富山でも一回バッタリお会いしたり。それに、個人的に『色即ぜねれいしょん』(2009年公開、田口トモロヲ監督作品。渡辺は主演を務め、共演した銀杏BOYZ・峯田和伸、くるり・岸田繁とともに主題歌“どうしようかな”の歌唱も担当した)とか、朝ドラ(NHK『まれ』、劇中歌は黒猫チェルシーの“涙のふたり”)の曲もすごく好きで。

なので、(渡辺)大知くんだったら僕のやりたいムードをやってくれるんじゃないかっていう、僕の勝手な思い込みにより、こういうことになった次第です。同世代で音楽とお芝居の両方をやってる人って、あんまりいないですし。

菅田将暉
菅田将暉

—まさに、そこがお二人の共通点ですよね。渡辺さんは菅田さんにどんな印象を持っていましたか?

渡辺:ずっと気になる存在で、会いたいと思ってました。今回数少ない曲数の中で声をかけていただいたのは、すごく嬉しかったですね。やっぱり、僕自身、役者も音楽もどっちもやってるっていうところで、「菅田将暉がCDを出す」っていうのは、僕のアンテナが揺れたというか、ワクワクしたんです。

昔は役者の人が歌を出すことって結構あったと思うんですけど、最近はなかったなって。しかも、懐古的な意味じゃなくて、「今」というのを大事にしてやられてる感じがして。だから、お話をもらって、ぜひやりたいと思いました。

渡辺大知
渡辺大知

—菅田さんは昔から音楽との接点は多かったものの、自分の名前で音楽活動をするとは考えていなかったそうですが、意識が変化したのはどんなきっかけが大きかったですか?

菅田:いくつかあって……米津(玄師)くんとの出会いもそうですし。

菅田:あと、NHKで撮影をしてたときに、峯田(和伸)さんにお会いしたんです。そのとき、「この間タワレコ行ったとき、流れてた曲がかっこいいなと思ったら菅田くんだったんだよ」って言われて、「え? マジすか?」ってなって。僕からしたら、そんな神のお告げみたいな……。

—神のお告げ(笑)。

菅田:あと、そのときに、「今、朝ドラ(『ひよっこ』)を見てる人は俺が音楽やってることを知らなかったりもするけど、それはそれでいいんだよね。だから、菅田くんもドンドン音楽やってほしい」って言われたんです。

それまではどこか、「音楽に簡単に手を出すのはどうなんだろう?」っていう気持ちがあったんです。でも、その峯田さんの言葉も大きかったし、大知くんを含め、今回のアルバムで出会ったミュージシャンの方々が、本当にみんな能動的に、自分から進んで「いいもの作ろう、面白いもの作ろう」ってやってくれる姿を見て、ようやく意識が変わりました。

左から:菅田将暉、渡辺大知

Page 1
次へ

リリース情報

菅田将暉『PLAY』完全生産限定盤
菅田将暉
『PLAY』完全生産限定盤(CD+Tシャツ)

2018年3月21日(水・祝)発売
価格:8,500円(税込)
ESCL 5037-8

1.さよならエレジー
2.いいんだよ、きっと
3.見たこともない景色
4.ピンクのアフロにカザールかけて
5.風になってゆく
6.台詞
7.スプリンター
8.ゆらゆら
9.呼吸
10.浅草キッド
11.灰色と青
12.茜色の夕日

菅田将暉『PLAY』初回生産限定盤
菅田将暉
『PLAY』初回生産限定盤(CD+DVD)

2018年3月21日(水・祝)発売
価格:3,900円(税込)
ESCL 5039-40

[CD]
1.さよならエレジー
2.いいんだよ、きっと
3.見たこともない景色
4.ピンクのアフロにカザールかけて
5.風になってゆく
6.台詞
7.スプリンター
8.ゆらゆら
9.呼吸
10.浅草キッド
11.灰色と青
12.茜色の夕日
[DVD]
『5年後の茜色の夕日』(北九州小旅行ドキュメント映像)

菅田将暉『PLAY』通常盤
菅田将暉
『PLAY』通常盤(CD)

2018年3月21日(水・祝)発売
価格:3,200円(税込)
ESCL-5041

1.さよならエレジー
2.いいんだよ、きっと
3.見たこともない景色
4.ピンクのアフロにカザールかけて
5.風になってゆく
6.台詞
7.スプリンター
8.ゆらゆら
9.呼吸
10.浅草キッド
11.灰色と青
12.茜色の夕日

  <p>黒猫チェルシー『ベイビーユー』通常盤

黒猫チェルシー
『ベイビーユー』通常盤(CD)

2017年12月13日(水)発売
価格:1,296円
SRCL-9616

1. ベイビーユー
2. ベイビーユー ―宮田岳ver.―
3. ベイビーユー ―澤竜次ver.―
4. ベイビーユー ―岡本啓佑ver.―
5. ベイビーユー ―渡辺大知ver.―

プロフィール

菅田将暉
菅田将暉(すだ まさき)

1993年2月21日大阪府生まれ。2009年『仮面ライダーW』でデビュー。2013年には、第37回日本アカデミー賞新人俳優賞を始め、数々の映画賞を受賞。2017年公開の「あゝ、荒野」で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。公開待機作品に「となりの怪物くん」(4月27日公開)がある。今注目の実力派若手俳優。2017年6月7日「見たこともない景色」でCDデビュー。

渡辺大知(わたなべ だいち)

1990年8月8日生まれ、兵庫県神戸市出身。4人組ロックバンド【黒猫チェルシー】のボーカルを務める。2017年2月に3枚目のアルバム「LIFE IS A MIRACLE」を発売し全国ツアーを敢行。同年12月には渡辺自身も出演した映画『勝手にふるえてろ』の主題歌「ベイビーユー」をリリース。この春以降も各地にてワンマンLIVE等を予定している。俳優としても映画『色即ぜねれいしょん』で第33回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。多数のドラマ、CMにも出演し映画監督作品も公開されるなど、多彩な才能を開花させている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

THE CARTERS“APES**T”

THE CARTERS“APES**T”MV。「世界で最も稼ぐカップル」JAY-Zとビヨンセがルーヴル美術館を貸し切りにして撮影。『モナ・リザ』『サモトラケのニケ』といったマスターピースの前でラップし、踊る2人の姿を映したカットは、どれも芸術作品のように美しい。歴史的な名画の数々を撮影用の小道具に変えてしまう夫婦、恐るべし。(久野)

  1. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 1

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  2. 草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演 2

    草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演

  3. KOHHの沖縄旅行&地元に密着する『SWITCH』 宇多田、ワンオクTakaらも証言 3

    KOHHの沖縄旅行&地元に密着する『SWITCH』 宇多田、ワンオクTakaらも証言

  4. 椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ 4

    椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ

  5. 石原さとみが10秒メイクに挑戦、花王「オーブ」ウェブ動画&新CM公開 5

    石原さとみが10秒メイクに挑戦、花王「オーブ」ウェブ動画&新CM公開

  6. 安藤政信がカメラを向ける 仏写真家&愛人に着想の矢崎仁司監督作予告編 6

    安藤政信がカメラを向ける 仏写真家&愛人に着想の矢崎仁司監督作予告編

  7. 池松壮亮に尾崎豊が憑依 松居大悟監督『君が君で君だ』新場面写真公開 7

    池松壮亮に尾崎豊が憑依 松居大悟監督『君が君で君だ』新場面写真公開

  8. 小池徹平が「先生界のプリンス」 中川大志主演『覚悟はいいかそこの女子。』 8

    小池徹平が「先生界のプリンス」 中川大志主演『覚悟はいいかそこの女子。』

  9. ラッパーのXXXTentacionが銃撃受けて逝去 20歳 9

    ラッパーのXXXTentacionが銃撃受けて逝去 20歳

  10. 野村萬斎×落合陽一 「表現の本質」に迫る『MANSAI◎解体新書』第28弾 10

    野村萬斎×落合陽一 「表現の本質」に迫る『MANSAI◎解体新書』第28弾