特集 PR

フレデリックが振り返る、「透明だったころ」の純粋な気持ち

フレデリックが振り返る、「透明だったころ」の純粋な気持ち

キリンレモン
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:鈴木渉 編集:川浦慧

今もあの頃と同じように、フレデリックやってて楽しいなって思えるんですよね。(赤頭)

—では、ここからは、今回のコンセプトでもある「透明なままでゆけ。」に沿って、メンバーそれぞれの「透明な時代」を振り返ってもらい、それが今とどう繋がっているのかを聞かせてもらえればと思います。

康司:途中でも話したように、中学は陸上部で、健司と一緒に長距離をやってたんですけど、僕ら2人の共通点だと思うのが、徐々に徐々に目標に向かってやっていくっていうことだと思っていて。

それってバンドのいまの状況とも重なるし、そこは中学から変わってないのかなって。今回初めてのアリーナ公演としてワールド記念ホールをやることになったのも、早い遅いじゃなくて、自分たちのペースで、なおかつみんなと一緒に、ここに向けて走ってきた気がするんです。

三原康司
三原康司

—その感じが、長距離走の感覚と重なると。

康司:僕は800mをメインにやってて、正直しんどかったんですけど(笑)、徐々に徐々にペースを上げていく楽しさに気づいたのは、陸上の経験があったからこそかなって。途中で止まっちゃうこともあったけど、最終的には800mをしっかり走り切れるようになって、そういう進み方っていうのは、すごく今と重なりますね。あ、あと先生がめちゃくちゃ怖かった(笑)。

健司:怖かったなあ。女の先生やったんですけど、凄味があって、手を出すわけじゃないんですけど、手が出てるくらいの勢いで怒られてました。

康司:今日グランドに出て、あの先生の顔思い出した(笑)。でも、その人のおかげで今があるとも思います。

—健司くんの陸上部時代はどうでしたか?

健司:3年間自分の好きなことに熱中するって初めての体験だったから、自分にとってはすごく大きい経験でした。だから、今にも繋がってると思います。陸上って、サッカーとか野球とは違って、自己ベストを更新していくことが大事で、もちろん勝ち負けも大事ですけど、3年間でどれだけタイムを縮められるかどうかだったんですよね。で、実際長距離ってやればやるほどタイムが縮むんで、やればやった分だけ自分の身になるっていうのは、3年間で学んだことですね。

今でいうと、ライブに対してストイックにやればやるほど、認めてくれたり、協力してくれる人が増える。そこは今に繋がってると思います。

取材中、撮影現場の運動場で走ってみた4人。走り終えた直後の様子
取材中、撮影現場の運動場で走ってみた4人。走り終えた直後の様子

—赤頭くんの「透明な時代」はいかがですか?

赤頭:僕は高2のときに友達に誘われてギターを始めたんですけど、最初はコピーバンドだったので、いろんなバンドの曲をそれぞれ持ち寄ってやってて、そのときはホントめっちゃ楽しくて、無我夢中でした。

それから、ずっとバンドをやってて、もちろんしんどいときもあるんですけど、でも今もあの頃と同じように、フレデリックでバンドができてて楽しいなって思えるんですよね。それで生活もしてて……いい人生やなって(笑)。

康司:めっちゃエモいこと言うやん!(笑)

Page 3
前へ 次へ

イベント情報

『キリンレモントリビュート』

本キャンペーンでは、さまざまなアーティストとのコラボレーションにより、それぞれの個性あるアレンジが加わった新しいキリンレモンのうたをお楽しみいただけます。今後も続々とバラエティ豊かなアーティストとのコラボレーションが展開されていきます。
本キャンペーンでしか見ることのできない、特別なコラボレーションにご注目ください。

『復刻版キリンレモン・新キリンレモン飲み比べセットプレゼントキャンペーン』

その場で当たる! 90周年を記念して発売当初のキリンレモンを復刻。新キリンレモンとの飲み比べセットプレゼントキャンペーン実施中!

『FREDERHYTHM ARENA 2018 ~KOKYOのTOGENKYO~』

2018年4月30日(月・祝)
会場:兵庫県 神戸ワールド記念ホール

プロフィール

フレデリック
フレデリック

三原健司(Vo./Gt.)、三原康司(Ba.)の双子の兄弟と、赤頭隆児(Gt.)、高橋武(Dr.)で編成されるロックバンド。ユーモアに富んだ歌詞と中毒性の高い楽曲が話題となる中、MASH A&Rオーディション初年度の特別賞を受賞。昨年2017年、メジャー1stフルアルバム「フレデリズム」をリリースし、どのシーンにも属さない「オンリーワン」の楽曲とそのスタンスに注目が高まっている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌 1

    米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌

  2. 「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売 2

    「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売

  3. 堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM 3

    堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM

  4. 蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」 4

    蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」

  5. 菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定 5

    菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定

  6. シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で 6

    シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で

  7. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 7

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される

  8. サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動 8

    サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動

  9. 新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示 9

    新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示

  10. 柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる 10

    柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる