特集 PR

『ミスiD』は女の子の居場所を作る 兎遊&ろるらりが首謀者と語る

『ミスiD』は女の子の居場所を作る 兎遊&ろるらりが首謀者と語る

『ミスiD2019』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人 編集:矢島由佳子

様々な側面において、旧来的な「芸能」の枠組みが急速に崩れつつあるなか、「多様性」を体現する2010年代のミスコン『ミスiD』の開催意義は、ますます確かなものになってきていると言っていいだろう。

兎遊(うゆ)とろるらりという、『ミスiD2015』の金子理江と水野しず以来となるWグランプリ、過去最多となる80人超えのファイナリスト、さらにはCGやAIといった架空のキャラクターのエントリーなど、話題豊富だった前年度に続いて、『ミスiD2019』のエントリーが4月2日からスタートした。

今回CINRA.NETでは、『ミスiD』実行委員長の小林司、兎遊、ろるらりの3人を迎え、「『ミスiD2019』が考える、女の子の魅力とはなにか?」を聞いた。エントリーをしようと思っている人には必読のテキストだし、そうでない人にとっても、3人の対話には現代的な価値観が息づいていることを感じてもらえると思う。なお、今年のキャッチコピーは「キミがいる景色が この世界」。ティザー映像には、「ここは僕の居場所じゃない」と歌われるRadioheadの名曲“Creep”のカバーが使われている。

これまで女の子を選ぶ価値基準って、スタイルやルックスだったけど、もっといろんな側面で評価しようと。(小林)

—『ミスiD』の開催意義については、連載「ギョーカイ列伝」の取材にて小林さんに話していただきましたが(なぜ見た目重視ではないアイドルを探す?『ミスiD』小林司の発想)、昨年度の『ミスiD2018』については、どういった印象をお持ちでしたか?

小林:堅苦しい言い方になってしまいますけど、『ミスiD』を一言でいうと、やっぱり「多様性」だと思うんです。これまで女の子を選ぶ価値基準って、スタイルやルックス、あとはポジティブさとかで、一度ドロップアウトしちゃったらおしまい、後ろ向きの性格、理解に時間がかかる個性といったグレーゾーンはそもそも評価にも入らなかった。でも、『ミスiD』はもっといろんな側面で評価しようと。

とにかく「女の子がサバイブしていくパターン」をどんどん増やしていこうと。だから去年は、Wグランプリ含めた、ファイナリストの人数も過去最高の83人になってしまいました。

『ミスiD2018』グランプリ。左から:兎遊、ろるらり
『ミスiD2018』グランプリ。左から:兎遊、ろるらり

—その結果は、まさに『ミスiD』にとって「多様性」が核であることの表れだと。

小林:生物の進化でいうと、恐竜って大きくて強い個体ほど勝ち組だったけど、隕石によって地球の環境が変わって、ほぼ一瞬で絶滅しちゃったじゃないですか? そこで生き残ったのは小さい生き物なんですよね。言ってしまえば、それまで最下層の負け組だったのが、逆転した。

そこから、隠れながら生きていた小さな生き物のおかげで、やがて人間が生まれて繁栄したわけです。つまり、多様性やグレーゾーンを保証しておかないと、すべて死んでしまう可能性があるんですよ。

小林司
小林司

—なるほど、確かに。

小林:メディア側も、女の子の多様性を保証しておかないと、次の時代に絶対に対応できなくなるなと。それにはもっといろんなロールモデルがあるべきで。まだ評価されてない部分を評価することで、今は生きづらいと思っている人たちにとって生きる道を作ってあげたいというのが、あえて言葉にすれば『ミスiD』で。

「iD」は「アイデンティティ」と「アイドル」の「iD」って言ってたんですが、今はそれに「I(私)」と「Diversity(多様性)」も、と言っています。後付けですけど(笑)。実際、始めたとき(2013年)よりは、女の子の生き方やパターンが少しずつ増えてきている気がします。

毎年、「賞の数が多すぎる」と苦情が来るんですよね。だけど、僕はファイナリストくらいまで残った人は本当にもう全員「ミスiD」だと思っているので。『ミスiD』は、本当はグランプリを決めるオーディションではなく、未来に種を蒔くオーディションなので、どうしてもそうなっちゃう。でも「今年はファイナリスト80人が『ミスiD』です、終わり」だとさすがに怒られるだろうし、伝わらないにもほどがある(笑)。なので、その年の象徴として賞やグランプリを決めてるという感じです。

—実際、これまで『ミスiD』で受賞した女の子たちは、今様々な活躍の仕方をしていますね。

小林:そうですね。稲村亜美みたいにスポーツというどメジャーなフィールドで活躍する子もいれば、水野しずみたいに「水野しず」としか言えないアートベースのフィールドで存在感を示す子もいて。あと、最初からわりとそうなんですが、同性に支持される女の子が結果的に多く出てるのは嬉しいですね。初代グランプリで今や『ViVi』(講談社)の看板モデルでもある玉城ティナはもちろん、LADYBABYから分裂した金子理江や黒宮れい、最近も広瀬すずに絶賛されたオタク系モデルの多屋来夢、『non-no』(集英社)専属モデルにもなった女優の山田愛奈……。

あと、たとえば、ゆうこす(菅本裕子。『ミスiD2016』準グランプリ)。『ミスiD』を取る前までは「自分は絶対に女子ウケしない」とずっとグズってたのが、今や女の子の欲望を上手にすくい取って形にしていくジャンヌダルク的存在になってしまった。SNSを誰よりも上手に使いこなし、事務所に入らず個人でブレイクしていく感じは、本当に新しい女の子像ですよね。「『ミスiD』前」と「『ミスiD』後」を目に見える形で示した最高のケースだなと思います。過去まで自分で書き換えてしまった。こういうことがあるから、どうしても「問題のある子ほど面白い」「いろんな子を選びたい」って思っちゃうんですよね。

兎遊、ろるらり、小林司
兎遊、ろるらり、小林司

「自我が強すぎて生きづらい」と思うことも多くて、この生活から逃げ出したい、という気持ちがどこかでずっとあったんです。(ろるらり)

—昨年グランプリを受賞した2人にお伺いすると、まずろるらりさんは、なぜ『ミスiD』に応募しようと思ったのでしょうか?

ろるらり:美大に通ってたんですけど、周りに『ミスiD』をすごく好きな子がいて、「すごく合ってると思うから、受けてみなよ」みたいに言われて。『ミスiD』は昔から知っていました。私のなかでは水野しずさん(『ミスiD2015』グランプリ)のインターネットへの登場が衝撃で。当時、元美大生のしずさんが、美大生が抱える問題というか窮屈さをTwitterで言語化していたのが、的を得すぎて頭から離れず、悶々とすることが何度かあったんです。それぐらいしずさんの言葉は強いなあと思います。

あと、私は女子のイラストを描くことが多いのですが、『ミスiD』のなかでグッとくるビジュアルの女の人を絵の資料として大量に印刷してファイリングしていて、個人的にお世話になっております。

—もともと『ミスiD』に興味もあったし、周りの後押しもあって、受けてみようと。

ろるらり:でも最初は「自分は出る側じゃない、ウォッチャーだ」って思ってました。もともとクリエイター志向だし。あと家の事情もあって、「こういう表の道に行っちゃいけない」っていう、無言の圧力が小さい頃からあったのかもしれません。後押しがあるまで、本気でこんな人たちと自分は関係ないと思ってました。

でも、薦められて初めて要項とかをちゃんと見てみると、「私向けだなあ」と思う節がかなりあってビビったんです。その節をもう一度見直して、いろんな意味でヤバすぎるメンツの審査員が自分のために描き下ろしてくれる言葉とか、日常とはなにか違う、予定外の景色を見てみたいと思って、我慢ならずエントリーを決めました。

ろるらり
ろるらり

—ろるらりさんは、8人兄弟のなかで、唯一の女の子だそうですね。

ろるらり:その人数なのでお金に余裕がなかったはずなのに、大学まで行かせてもらったから、親に悪いんじゃないかって気持ちがあるのも確かです。でも私は、「自我が強すぎて生きづらい」と思うことも多くて、この生活から逃げ出したい、どこかに私の居場所がある、という気持ちがどこかでずっとあったんです。そんなときに、小林さんと擬似遭遇することがあって……。

Page 1
次へ

プロジェクト情報

『ミスiD2019』
『ミスiD2019』

応募受付期間:2018年4月2日(月)〜5月13日(日)

応募方法:ミスiD2019オフィシャルサイト 専用応募フォームから応募
選考委員:
家入一真(株式会社CAMPFIRE 代表取締役)
大郷剛(プロデューサー)
大森靖子(超歌手)
菅野結似(モデル)
岸田メル(イラストレーター)
小林司(ミスiD実行委員長)
佐久間宣行(テレビ東京プロデューサー)
SKY-HI(Rapper/Singer/Producer)
中郡暖菜(bis編集長)
東佳苗(縷縷夢兎デザイナー)
山戸結希(映画監督)
吉田豪(プロインタビューアー)
ほか

プロフィール

兎遊(うゆ)

1999年10月7日生まれ。中華人民共和国出身(インドネシアとのハーフ)。イラストを描くこと、漫画を読むこと、ゲームをすること、ロリータファッションが好き。Aimer“Ref:rain”、どついたるねん“アイスクリーム”MVに主演。ミスiD2018グランプリ。

ろるらり

1996年4月24日生まれ。岩手県一関市出身。イラストレーターを軸に、モデル、女優、グラビアなどできることはなんでもやる系をしている。飽き性で目新しいものや珍しいものに触れないと死ぬ。ミスiD2018グランプリ。

小林司(こばやし つかさ)

講談社第一編集局企画部所属。ミスiD実行委員長。『FRaU』『VoCE』『KING』『FRIDAY』といった雑誌編集や、水原希子や二階堂ふみの本などの書籍編集を経て、2012年オーディション「ミスiD」をスタート。玉城ティナ、金子理江、黒宮れい、水野しず、菅本裕子ら新しいタイプの女子を輩出。4月2日より「ミスiD2019」エントリー中。5月13日まで。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“祝日”

カネコアヤノの来たる新作『祝祭』より、屈指の名曲“祝日”のPV。ディレクションを務めた木村和平は真の鬼才だと思う。<できないことも頑張って/やってみようと思ってる>と歌われる、まっすぐで繊細な楽曲にこの映像をあてるか! と、鋭利な感性が描きとった画にまたも唸らされる。(山元)

  1. 乃木坂『セーラームーン』セーラー5戦士の写真公開 白石麻衣が映像出演 1

    乃木坂『セーラームーン』セーラー5戦士の写真公開 白石麻衣が映像出演

  2. 安室奈美恵×H&M 全アイテム着用ビジュアル&撮り下ろしポートレート公開 2

    安室奈美恵×H&M 全アイテム着用ビジュアル&撮り下ろしポートレート公開

  3. 実写映画『がっこうぐらし!』キャストに阿部菜々実、長月翠ら4人 3

    実写映画『がっこうぐらし!』キャストに阿部菜々実、長月翠ら4人

  4. 最上もがヌード展を語る。アートかエロか?議論自体がナンセンス 4

    最上もがヌード展を語る。アートかエロか?議論自体がナンセンス

  5. 是枝裕和『万引き家族』予告編 リリー、安藤サクラらの「許されない絆」 5

    是枝裕和『万引き家族』予告編 リリー、安藤サクラらの「許されない絆」

  6. 映画『パンク侍、斬られて候』特報公開 綾野剛の殺陣や北川景子のダンスも 6

    映画『パンク侍、斬られて候』特報公開 綾野剛の殺陣や北川景子のダンスも

  7. ヒグチユウコ、ヨシタケシンスケら5作家の原画約200点 『MOE』40周年展 7

    ヒグチユウコ、ヨシタケシンスケら5作家の原画約200点 『MOE』40周年展

  8. 木皿泉の5年ぶり新作小説本『さざなみのよる』刊行 装画は荒井良二 8

    木皿泉の5年ぶり新作小説本『さざなみのよる』刊行 装画は荒井良二

  9. 宇多田ヒカル新曲“初恋”5月配信 『花男』新章『花のち晴れ』イメージ曲 9

    宇多田ヒカル新曲“初恋”5月配信 『花男』新章『花のち晴れ』イメージ曲

  10. 国府達矢の苦闘の歴史。空白の15年を埋めるべく七尾旅人と語る 10

    国府達矢の苦闘の歴史。空白の15年を埋めるべく七尾旅人と語る