特集 PR

なぜ電波少女にNIHA-Cが加入した?9年目に増員の決意をした背景

なぜ電波少女にNIHA-Cが加入した?9年目に増員の決意をした背景

電波少女『GXXD MEDICINE』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:西槇太一 編集:久野剛士、矢島由佳子

「作った曲をどれだけの数の人に届けることができたか?」を考えるのも、すごく大事なことだと思うんです。(ハシシ)

—ハシシさんはNIHA-Cさんに対して厳しい目も向けているけど、同じくらいNIHA-Cさんの魅力を知っている人でもありますよね。

ハシシ:俺、友達をあんまり増やしたくないんですよ。決めた人たちと一緒に成長していきたいっていう変なプライドがあって。中でもNIHA-Cは、初めてライブで観たときから「こいつ、なんか持ってるな」って思わせられた男だったし、だからこそ、一緒に動いていけたらなと思ってたんですよね。ラッパーとしても器用だし、電波少女とは方向性は違うんだけど、それこそ、みんなを惹きつけれる力を持ってるなと。

nicecream:あの頃のNIHA-Cくんは、本当にいい顔してたっすねぇ……。

—そんな、しみじみと(笑)。

ハシシ:だから、最初に会った頃のNIHA-Cの魅力が、少し減ってきてる部分もあるなと感じてて……。SKY-HIさんのレーベル(BULLMOOSE)に在籍した当時は「いい流れだな」って思っていたんですけど、それからの動きを見ていると、「いまどういう状態なんだろう?」って歯がゆかったんですよね。

ハシシ

—確かに、NIHA-Cさんは1stアルバム『BRIGHT LIGHT』(2016年2月)から『アリバイ』(2017年11月)まで、約1年半のスパンが空きましたからね。

ハシシ:俺から見れば、正直、置かれている環境がよくないなと思っていたんだけど、それに対して、抗おうともしてないというか。深刻に考えてた?

NIHA-C:別に、考えていないわけではないんです。ただ俺、本当に頭の中が高校生みたいなんですよ。いい音楽を作って、いいライブをして、かっこいい人間でいれば、有名になって売れると思っていて。いまもそれが一番重要なことだと思っているけど、一方で「音楽業界でどうやって闘っていけばいいか?」みたいな戦略を練ることは放棄してきたんですよね。

左から:nicecream、NIHA-C

ハシシ:俺もNIHA-Cくんが言うように、「いい曲を作って、いいライブをする」のが大事だと思います。けど、「それをどれだけの数の人に届けることができるか?」を考えるのも、すごく大事なことだと思っていて。それに「いい音楽を作って、かっこいい人間でいればいい」っていうNIHA-Cくんの真っ直ぐな魅力って、ある程度認知された上でないと成立しづらいんじゃないかなと。

—確かに、結果が出てこそ説得力が出るものでもありますよね。

ハシシ:無名なままだと、魅力が発揮できなくなってしまうんですよ。知名度が上がれば上がるほど調子に乗れるし、調子に乗っているときにこそ、NIHA-Cくんは爆発する瞬間があって。でも状況は右肩上がりではなかったし、どんどんと目から光が失われていったから(笑)。だから「一緒に頑張らない?」って誘った部分もあるんです。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

電波少女『GXXD MEDICINE』
電波少女
『GXXD MEDICINE』

6月20日(水)配信リリース

イベント情報

『OWARI NO HAJIMARI』

2018年7月1日(日)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-EAST
料金:前売り4,200円(ドリンク代別)
出演:電波少女 
ゲスト:Jinmenusagi

プロフィール

電波少女(でんぱがーる)

2009年、インターネット動画投稿サイトに突如姿を現した数名の個性派MC・TMで電波少女結成。幾度のメンバー加入、脱退を経る。MC担当ハシシとパフォーマンス&ボタンを押す係担当nicecreamに、NIHA-Cが加わり、現在は3名で活動。等身大でリアルなリリックと、キャッチーなメロディーは一度聞いたら耳から離れない中毒性を持ち、ライブにおけるnicecreamのダンスパフォーマンスは、ほかでは味わえない華やかさがありライブならではの一体感を生み出している。各動画サイトにアップロードされたMVなどの映像は累計で300万再生を突破しており、今、最も注目と期待を集めているHIPHOPCREWである。2017年9月27日メジャーデビューアルバム『HEALTH』を発売。NIHA-C加入後初となる作品『GXXD MEDICINE』を6月20日に配信リリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優