特集 PR

haruka nakamuraが語る「静寂な空間にいると、耳は開いていく」

haruka nakamuraが語る「静寂な空間にいると、耳は開いていく」

『LIVE in the DARK‐w/Quartet‐』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:豊島望 編集:矢島由佳子

5月25日から、「コニカミノルタプラネタリウム“天空”in 東京スカイツリータウン®」にて、『LIVE in the DARK -w/Quartet-』がスタート。haruka nakamuraの手掛けた“haruka nakamura QUARTET SCORE”が弦楽四重奏によって完全アンプラグドで演奏され、星空とともに「非日常」を体験できる本プログラムは、毎週金曜日に2ステージを実施。約1年間の上演が予定されている。

青森の自然を自らの原風景とし、昨年まで活動の主軸としていたharuka nakamura PIANO ENSEMBLEでは「光と闇」をテーマに創作を続けたharuka nakamuraにとって、星空は切っても切れない関係にあると言っていいだろう。そしてそれは、haruka nakamuraの表現の根幹にある「もうひとつの時間」という考え方に結び付くものであった。『LIVE in the DARK』シリーズのプロデューサーであり、もともとharuka nakamuraのファンだったというコニカミノルタプラネタリウムの佐野大介とともに、制作の裏側を語ってもらった。

4~5年前に星の検定試験を受けている少年と出会って、「この子、星の子どもだ」と思ったんです。(haruka nakamura)

—harukaさんは、これまでプラネタリウムで演奏したことってあるんですか?

haruka:プラネタリウムではないんですけど、たまにライブで故郷の星の映像を使うんですよ。たとえば、篠山rizm(兵庫県)で『明星ピアノ』というイベントがあったとき、星の映像を天井と壁一面に大きく映して演奏したり。宮沢賢治の“星めぐりの歌”をカバーするようになってから、余計そういう機会が多くなったかもしれないです。

haruka nakamuraがサウンドプロデュース / アレンジを担当

—青葉市子さんとsonorium(東京都)で『流星』というイベントを開催して、連名でオリジナルのアルバムを作られたりもしていますよね。

haruka:それが一番最初の星との演奏会じゃないかな。あと、プラネタリウムの話といえば、国立天文台の近くの森のなかに演奏会をする場所があって、4~5年前にそこで8歳くらいの少年と出会ったんですよ。僕はライブを観に行っていたんですけど、たまたま家族で来ていたその子と仲良くなったら、「星の検定士を目指してる」と言っていて。そのとき僕は、「この子、星の子どもだ」と思ったんです。

そのあと、僕のライブにも家族で来てくれるようになって。会うたびに、その子はどんどん星の検定試験を突破していって、今はもう最高難易度くらいまで達したらしくて。その子が星の解説員となり、プラネタリウムのライブツアーができたらいいなって、去年くらいから考えていたんですよね。なので、ツアーで全国各地へ行くと、その土地のプラネタリウムに寄って会場を探したりしていました。そんなときに、たまたま今回のお話をいただけたんです。

haruka nakamura
haruka nakamura

普段、人間の耳って閉じているんですよ。東京だと特にそうで。(haruka nakamura)

—『LIVE in the DARK』というプログラムは、そもそもどのように始まったのでしょうか?(参考記事:haruka nakamura×プラネタリウム×弦楽四重奏 初演をレポート

佐野:メインとなるコンセプトは、「非日常を体験してほしい」ということです。私は京都出身なんですけど、やっぱり東京に出てくるとストレスを感じる機会が増えたんですよね。

プラネタリウムって、田舎出身の私にとっては「学習施設」というイメージがあったのですが、都会の人には癒しのスペースになっていることを知って、すごく新鮮に感じたんです。なので、ワクワクでもドキドキでも癒しでも、暗闇と星空を通じて新しい体験価値を感じてもらうために、「非日常」をコンセプトにした『LIVE in the DARK』を立ち上げようと思いました。

—harukaさんも青森から東京に出てきたときはストレスが大きかったですか?

haruka:前にもお話しましたけど(過去記事:言葉を忘れるほどの孤独が生んだ、haruka nakamuraの音楽)、東京に出てきたばかりの頃はかなり大きかったですね。

左から:haruka nakamura、佐野大介
左から:haruka nakamura、佐野大介

—佐野さんが「非日常」を演出するために、「暗闇」と「音楽」を選んだのはなぜですか?

佐野:余計なことを考えずに音楽に没頭するというのは、最大の「非日常」だと思うんです。なので、それ以外は極力省きたい。そうなると、星空と暗闇って、この上ない演出なんです。そういったものを体感してもらえるイベントとして『LIVE in the DARK』を始めました。

—haruka nakamura PIANO ENSEMBLEのライブも、キャンドルなどのほのかな光のなかで行われることが多かったですよね。

haruka:僕の相棒で調律師である内田輝(haruka nakamuraが組んでいるユニット・FOLKLOREのメンバー)が教えてくれたのですが、普段、人間の耳って閉じているんですよ。東京だと特にそうで、渋谷のスクランブル交差点とかを歩くと、いろんな音が大音量で同時に鳴ってるのに、全部は耳に入ってこないじゃないですか? 頭がおかしくならないように、耳が勝手にバタンッて閉じて、情報を遮断しているんですって。

左から:haruka nakamura、佐野大介

haruka:でも、静寂な空間にいると、耳は開いていく。夜空を見ていると、目が開いていって、だんだんと星が見えてくるじゃないですか? それと同じように、キャンドルとかの生の火のほのかな明かりのなか、小さな音に耳を澄ましていると、耳は開いてくる。なので、これまではなるべく生の音で、小さな灯りから、ライブを始めるようにしていたんです。

Page 1
次へ

イベント情報

LITDメインビジュアル
『LIVE in the DARK‐w/Quartet‐』

2018年5月25日(金)より毎週金曜日に開催
[1st]OPEN 19:45 START 19:30
[2nd]OPEN 21:00 START 20:45
会場:東京都 押上 コニカミノルタプラネタリウム“天空”in 東京スカイツリータウン®

楽曲制作:haruka nakamura
演奏:KokonQuartet
弦編曲:堀田星司

プロフィール

haruka nakamura(はるか なかむら)

音楽家 / 青森出身。代表作はnujabesと共作した“lamp”、奥山由之がMV監督を手掛けた“arne”、岩倉しおりとコラボレーションした8cm CD“アイル”、PIANO ENSEMBLE名義での“光”など。カロリーメイトCM「すすめ、カロリーナ。」、NHK BSプレミアム『ガウディの遺言』、『星野道夫 旅をする本の物語』、杉本博司『江之浦測候所』などの映像音楽を担当。自身の楽曲が原題となり劇伴も務めた映画『every day』が公開。evam evaとのコラボレーションでは長年に渡り演奏会を重ね、アルバム『ゆくさき』を発表。tamaki niimeなどともコラボレーションを行う。柴田元幸の朗読とのセッションを繰り返し、それを録音したアルバム『ウインドアイ』を発表。ミロコマチコとのライブペインティングセッションシリーズを継続中。「FOLKLORE」として旅を続けている。

佐野大介(さの だいすけ)

2014年8月コニカミノルタプラネタリウム株式会社にPR・広報担当として入社。SNSをはじめデジタルマーケティング・PRを主に担当。現在は作品のアーティストキャスティングから、プラネタリウムでの音楽イベント『LIVE in the DARK』のプロデュースも担当している。プラネタリウム入社前は、大手音楽レーベルにて販促担当として関西・四国エリアの媒体を担当していた。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年