特集 PR

伊藤郁女が父を想う。言葉がなくても見つめるだけで距離は縮まる

伊藤郁女が父を想う。言葉がなくても見つめるだけで距離は縮まる

伊藤郁女『私は言葉を信じないので踊る』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
編集:川浦慧

ヨーロッパを拠点に活動するダンサー・振付家の伊藤郁女(いとう かおり)。フランスを代表する人気振付家フィリップ・ドゥクフレの新作に若くして抜擢されたことをきっかけに世界に飛び出した彼女は、いまや自身のカンパニーを率い、精力的に新作を発表している。

そんな彼女にとって久しぶりの日本公演になるのが『私は言葉を信じないので踊る』だ。実の父、伊藤博史との共同制作である本作は、ダンサーである娘と、彫刻家である父とのさまざまなコミュニケーションを通じて、家族や芸術にかかわる多様な問いを観る者に提示する。

常識的に考えれば、自分の父や母と舞台上にあがるのはすごく難しいことのように思う。気恥ずかしさもあれば、小さい頃から大人に至るまでの、いろんな葛藤もあるはずだ。けれども、『私は言葉を信じないので踊る』を見た観客の多くが、国籍や民族の違いを超えて、熱の込もった声を寄せるのだという。父と娘が踊るダンスは、人の心をなぜ震わせるのだろうか? スイスで新作ツアー中の伊藤郁女に、話を聞いた。

(メイン画像:©Gregory Batardon)

作品の中で父に質問するシーンがあるんです。「どうして私の彼を嫌うの?」とか。

—『私は言葉を信じないので踊る』は、郁女さんと、郁女さんのお父さんの博史さんが共演する作品です。どんなきっかけで、この作品は生まれたのでしょうか?

伊藤:数年前、両親がそろってベルギーに遊びに来たことがあるんですよ。そのときに、父がやたらと私の真似をして踊っているのを見て、ふと「この人、才能があるかもしれない」と思ったのがきっかけです。昔から、家で父が中島みゆきの曲をかけながら社交ダンスみたいなことをしているのを目撃していたし、本人も「いつか郁女と一緒に踊りたい」なんて言ってましたから、なんとなく今回につながる予感はありましたね。

伊藤郁女 © Gregory Batardon
伊藤郁女 © Gregory Batardon

—博史さんは彫刻家ですよね。ダンスの才能もあったというのはすごい。

伊藤:「巧い」というか「味」があったんですよね。普通の人にも、踊って面白い人と面白くない人がいますけど、父は1時間見続けていても面白かったんです。それで、せっかく踊るなら作品としてかたちにしたいし、彼の作る彫刻も登場させたいな、と。

—なるほど。でも、親と一緒に何かをするって大変じゃないですか? 気恥ずかしさだってあると思うんですよ。

伊藤:家を離れてだいぶ経ちますから、距離感はありますね。母とはSkypeでちょくちょく長電話するんですけど、父は照れてどこかに逃げちゃうから、きちんと話をする機会があまりなくて。だからこのクリエーションを、久しぶりにじっくり話す機会にしたいな、とは思っていました。それもあって、作品内で私が父にいろんな質問をするシーンがあるんです。

「生きるってどういうこと?」みたいな深い内容から、「どうしてうちの家は、クリスマスの時に恐竜を飾っていたの?」なんていう些細なものまで。それと、やっぱり普通では聞けないこともたくさん知りたくて「人生で何を苦しんだか?」「どうして昔、ギリシャ音楽を聴いていたの?」「どうして私の彼を嫌うの?」とか(笑)。それで最後にその答えが父から返ってくる、というのが最初の構想でした。

Page 1
次へ

イベント情報

『私は言葉を信じないので踊る』

テキスト・演出・振付:伊藤郁女
出演:
伊藤郁女
伊藤博史
舞台美術:伊藤博史

さいたま公演
2018年7月21日(土)、7月22日(日)全2公演
会場:埼玉県 彩の国さいたま芸術劇場 小ホール
料金:一般4,000円 U-25券2,000円 メンバーズ一般:3,600円

豊橋公演
2018年7月27日(金)、7月28日(土)全2公演
会場:愛知県 豊橋 穂の国とよはし芸術劇場PLAT アートスペース
料金:一般3,000円、U24 1,500円、高校生以下1,000円

金沢公演
2018年8月4日(土)、8月5日(日)全2公演
会場:石川県 金沢21 世紀美術館 シアター21
料金:一般3,000円、大学生以下1,500円、一般ペア5,500円
※友の会会員・障がい者割引は、一般2,700円、大学生以下1,300円

プロフィール

伊藤郁女
伊藤郁女(いとう かおり)

東京生まれ。5歳よりクラシックバレエを始め、20歳でニューヨーク州立大学パーチェスカレッジへ留学後、立教大学で社会学と教育学を専攻。その後、日本政府より奨学金を得て再びニューヨークに渡米。アルビン・エイリー・ダンスシアターにて研鑽を積む。2003~05年文化庁新進芸術家海外研修制度研修員。フィリップ・ドゥクフレ『Iris』のダンサーに抜擢される。プレルジョカージュ・バレエ団に入団し、アンジュラン・プレルジョカージュ『les 4 saisons』に参加。2006年、ジェイムズ・ティエレ『Au revoir Parapluie』で踊り、2008年シディ・ラルビ・シェルカウイ『Le bruit des gens autour』の作品にアシスタントとして参加。シェルカウイとは、ソリストで参加したギィ・カシアスのオペラ『House of the sleeping beauties』で再び創作を共にする。同年、自身初となる作品『Noctiluque ノクティリュック』をヴィディ・ローザンヌ・シア ターで創作。2009年マルセイユのメラン・ナショナルシアターで『SOLOS』を発表。アラン・プラテルと共演した『Out of Context』はダンストリエンナーレトーキョー2012でも上演された。2013年、カンパニーles ballets C de la Bプロデュースによる、4作目となる『Asobi』を創作。2014年オリヴィエ・マルタン・サルヴァンと『La religieuse à la fraise』を創作、アヴィニヨン演劇祭とthe Paris Quartier d’été Festivalに参加。2015年SACDより新人優秀振付賞を、フランス政府より芸術文化勲章「シュヴァリエ」を受賞。2018年、新作『ROBOT, L'AMOUR ÉTERNEL』を発表、ヨーロッパ各地で好評を博す。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場