特集 PR

高良健吾と城田優が語る、30代の役者の覚悟と過去の自分の愛し方

高良健吾と城田優が語る、30代の役者の覚悟と過去の自分の愛し方

『連続ドラマW バイバイ、ブラックバード』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:森山将人 編集:川浦慧

伊坂幸太郎の小説を連続ドラマ化した『バイバイ、ブラックバード』。映画『聖の青春』などで知られる森義隆が監督し、今年の2月から3月にかけてWOWOWで放送され好評を博した本作は、高良健吾演じる多額の借金を抱えながら女性に5股をかけるダメ男「星野」と、城田優演じる身長190cmの金髪怪女「繭美」がバディを組んで、5人の女性たちに別れを告げに行くという、一風変わった物語だ。

1987年生まれの高良と、1985年生まれの城田。ともに10代の頃から活躍する同年代の俳優でありながら、意外にも今回が初共演となった。劇中では異色の「バディっぷり」を披露している2人が、今回の現場で育んだ同世代役者だからこその絆とは。さらに、「30代を迎えた役者としての意識変化」についてなど、互いにリスペクトし合う2人に話を聞いた。

考え方とか優先順位とか、この仕事において自分がやりたいこととか、そういうものが僕らはすごく似ていて。(城田)

—意外にも今回が初共演とのことですが、現場に入る前は、お互いのことをどんなふうに見ていたのでしょう?

高良:優くんは、すごく明るい人なんだろうなあとか、そんなことぐらいですね。僕はあんまり、会う前から人に対してどうこうっていうイメージを持たないので。実際に会ってからのほうが大事ですね。

城田:健吾はやっぱり、「ザ・俳優」というイメージでしたね。僕はドラマも舞台もミュージカルも、いろいろやってきましたけど、健吾は映画俳優っていうイメージが強かったし、すごく真面目な印象がありました。きっと、真っ直ぐで寡黙な人なんだろうなって。僕が仲良くなるタイプの人ではないと思っていました(笑)。

高良:(笑)。

左から:高良健吾、城田優
左から:高良健吾、城田優

—それが、実際共演して変わったと。

高良:変わりましたね。まさか、こんなに仲良くなるとは思わなかったです。

城田:だって、健吾の俺に対する第一印象があれだもんね。森監督に聞いたけど、「俺、無理かもしれないっす」って健吾が監督に言ってたって。

高良:あれは森さんが、すごい盛ってるんだよ! 「俺、ちゃんと仲良くなれるかなあ」とは、言ったかもしれないけど。

城田:(笑)。僕は犬みたいな性格なので、基本的にすぐ人の懐に入ろうとするんですよね。なので、それに慣れてない人は、「おお、待て、待て」みたいになるんです。

高良:そう、いきなり入ってこられるのが、僕、ちょっと苦手なのかもしれない(笑)。

左から:高良健吾、城田優

—城田さんは、実際に高良さんに会ってみてどうでした?

城田:もともと持っていたイメージはそのままでした。これは、言葉では上手く言い表せないんですけど、健吾とはフィーリングが合ったんですよね。考え方とか思考の仕方とか優先順位とか、この仕事において自分がやりたいこととか、そういうものが僕らはすごく似ていて。

—同年代という理由以上に、2人には通じる部分があった。

城田:そうだと思います。僕は共演した方と、現場が終わってからご飯に行くことがほとんどないんですけど、今回は何度もあったんですよね。別に何を話したとかじゃないんですけど、初日から、「何か合うな」と思って。何だろうね、これ。

城田優

高良:優くんが言ったように、優先順位が似ているっていうのは、僕もすごく思いましたね。みんなが最優先することが、自分からしたら順位にも入らないぐらいのことだったりとかして……。

—たとえば?

城田:役者としての生き方とか、日本人の平均的な考え方と、ちょっと自分はズレていると思っていて。で、健吾もちょっとズレてるんです(笑)。それが別に良いとか悪いとかではなく。

—まさに、今回のドラマに登場する「星野」と「繭美」の関係性のようです。そもそも、このドラマの話がきたとき、それぞれどんなことを感じましたか?

高良:まず、台本が面白いと思いました。この物語には、表面的に見えているものの下に、何か見えない大きな土台がある感じがして。あと、台詞が難しいぞっていうのは思いました。

『連続ドラマW バイバイ、ブラックバード』
『連続ドラマW バイバイ、ブラックバード』(Amazonで見る

—このドラマは、高良さん演じる「星野」と城田さん演じる「繭美」の掛け合いで物語が進行していくわけで。

高良:そう。だから、台詞の言い方もそうだし、僕たちがどういうふうにこの作品のなかにいるべきなのかを考えるのも難しい。これを2人で成立させていくのは、すごく難しいことだなと思いました。

—城田さんは、そもそも「女性役」としてのオファーだったんですよね?

城田:はい、190cmを超える長身の金髪女性という役柄で。なので、僕も女性として演じています。まあ、その解釈や感じ方は、もちろん見る人の自由なんですけど。監督からは、とにかく繊細に演じて欲しいって言われたんですよね。だから、女性らしくというよりは、繊細さを意識して演じました。

—かなりインパクトのある役でしたね。

城田:とにかくダイナミックな役なので、ふとした瞬間に見せる繊細さが大事というか。脚本だけ読むと、とんでもない役なんですけど、2人のやりとりを見ていくうちに、その奥に隠れているものが見えてくるんです。なぜ星野が5股をしているのか、なぜ繭美がこんなにピリピリしているのか、だんだんわかってくるっていう。

高良演じる星野 © 2018 WOWOW INC.
高良演じる星野 © 2018 WOWOW INC.

城田演じる繭美 © 2018 WOWOW INC.
城田演じる繭美 © 2018 WOWOW INC.

高良:実際やりながら思ったのは、ほとんど寓話なんですけど、2人の姿を見ているうちに、だんだん日常の話に見えてくるということ。それはやりたかったことのひとつなんです。決してリアルな話ではないのに、遠い出来事に感じないというか、どこか日常の話に思えてくるような。

城田:見終わったあとに「この2人になぜか共感出来てしまう」というところを、僕らは目指さなきゃいけないと思っていました。

Page 1
次へ

リリース情報

『連続ドラマW バイバイ、ブラックバード』
『連続ドラマW バイバイ、ブラックバード』(2DVD)

2018年7月4日(水)発売
価格:12,312円(税込)
© 2018 WOWOW INC.
PCBP-53726

出演:高良健吾、城田優
【登場順】
石橋杏奈 / 板谷由夏 / 前田敦子 / 臼田あさ美 / 関めぐみ
松村雄基 / 丸山智己 / 岡村いずみ / 斎藤洋介 / あがた森魚 / 戸塚祥太(A.B.C-Z/友情出演)

プロフィール

高良健吾(こうら けんご)

1987年11月12日生まれ。熊本県出身。O型。2006年『ハリヨの夏』で映画初出演。出演映画に『蛇にピアス』、『南極料理人』、『ソラニン』、『ノルウェイの森』、『横道世之介』など。ドラマでは2011年にNHK連続テレビ小説『おひさま』でヒロインの夫役を好演し話題を呼び、2016年には『べっぴんさん』にも出演。2015年のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』では高杉晋作を演じた。2016年の月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)では有村架純と共に主演を務めた。

城田優(しろた ゆう)

1985年12月26日生まれ。東京都出身。O型。2003年、ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』の地場衛/タキシード仮面役で俳優デビュー。2005年からは、ミュージカル『テニスの王子様』で手塚国光を演じ、注目を集める。以降、ミュージカルを中心に、ドラマ、映画などに出演。2016年のミュージカル『アップル・ツリー』では、演出家デビューを果たした。主な出演作品は、ミュージカル『エリザベート』、『ロミオ&ジュリエット』、『ファントム』、ドラマでは『表参道高校合唱部!』(TBS系)、『勇者ヨシヒコと導かれし七人』(テレビ東京系)。映画では『荒川アンダーザブリッジ THE MOVIE』、『黒執事』など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年