特集 PR

蓮沼執太が自身の活動を総括して語る。ソロ、フィル、アートなど

蓮沼執太が自身の活動を総括して語る。ソロ、フィル、アートなど

蓮沼執太フィル『ANTHROPOCENE』
インタビュー
杉原環樹
テキスト・編集:矢島由佳子 撮影:鈴木渉

音楽、アート、舞台、広告など、あらゆる方面でその名前と活躍ぶりが目に入ってくる人物、蓮沼執太。2018年の活動だけ見ても、テレビやラジオをつければ蓮沼が作った音が流れてくるし、2月にニューヨークで個展を開いたかと思えば、4月には6枚組のCD『windandwindows』をリリース、そして7月18日には「蓮沼執太フィル」名義でアルバム『ANTHROPOCENE』を発表した。蓮沼の多面的な活躍は『windandwindows』の中身が象徴的で、そこには彼が手がけたCM、映画、ダンス、舞台、美術作品、ファッション、プロデュース作品の楽曲が、計80曲も収録されている。

今回の取材では、「蓮沼執太フィル」として前作をリリースした2014年から現在までの蓮沼自身の活動を振り返りながら、彼が「音楽」や「美術」をどう捉えているのか、そして、それらを通して社会とどうコミットしようとしているのかを聞いた。

現在は、様々な利便性が追求された結果、ひとりでも楽しく生きていけるような時代に見えるかもしれない。でも、蓮沼は、この時代の危険性を感じ取っている。他者との「共存」「調和」という言葉は、なんとなく堅苦しいし大きすぎて自分ごととして捉えづらいけれど、蓮沼率いる計16人のポップオーケストラ「蓮沼執太フィル」は、非合理的であっても人との違いを受け入れながら生きていくことの楽しさを、優しく、穏やかに、身近な距離から表してくれる。

数年前に僕は、蓮沼執太フィルを「やり切った」「満足した」とか言ってたけど、なに言ってんだと。

—蓮沼執太フィル(以下、フィル)としては4年半ぶりのアルバムリリースですが、まず、なぜこのタイミングでフィルとして作品を出そうと思ったのかを聞かせていただけますか?

蓮沼:フィルって、一応2010年結成ということにしているんですけど、もともとはアルバムとかを作るような集団ではなく、僕がソロで作っていた曲をライブでパフォーマンスするためにミュージシャンを呼んでいたのがベースなんです。年に2、3回コンサートをやるときに、パッと集まって上演するということをやっていたんですけど、ライブのたびに曲を作っていたら曲がたくさんたまって、「レコーディングをしよう」となったのが前作『時が奏でる』(2014年1月リリース)で。

それでアルバムを作って、全国ツアーをしたら、僕が大満足しちゃったんですよね。しかも、そのあとすぐに僕は「アジアン・カルチュラル・カウンシル」(アメリカとアジア、アジア諸国間での国際文化交流を支援するアメリカの非営利財団。以下、ACC)から助成金を受けてニューヨークへ行くことになって。フィルを「終了」としたわけではないですけど、別に誰かにやれって言われてやってたプロジェクトではないし、始まりもゆるやかだったから、「もしかしたら、もうやらないかもね」なんて言ったりもしていたんです。

蓮沼執太
蓮沼執太

『時が奏でる』リリース後のライブの様子

—『時が奏でる』リリース後の4年半は、フィルの活動は活発でなくとも、蓮沼さん自身は動き続けていた期間でしたよね。

蓮沼:個展をやったり、ソロで『メロディーズ』というプロジェクトをやったり(参考記事:「自分で歌う」を選んだワケ 傑作を生んだ蓮沼執太インタビュー)、タブラ奏者のU-zhaanと映画やCMの音楽を作ってアルバム(『2 Tone』、2017年2月リリース)も出したり。それなりに色々なことをやりつつも、1年半前(2017年2月)にスパイラルホールで、フィルとして『Meeting Place』という公演をやったんですね。

—『Meeting Place』こそが、またフィルを動かそうと思ったきっかけだった?

蓮沼:『Meeting Place』をやったとき、新曲を作って、会場に来た人へダウンロードコードを渡せるようにレコーディングもしたので、リハーサル、レコーディング、ライブという、音楽活動のパッケージを一気にやったんです。そのときが、素晴らしくて。

なにが素晴らしいかって、もちろん音もいいんだけど、メンバーが素晴らしかったんです。2~3年のあいだ、各々が音楽シーンで活躍するなか色々なことを経験していて、身なりとかも変わってたりして。数年前に僕は「やり切った」「満足した」とか言ってたけど、なに言ってんだと。自分の頭のなかで考えてたことはちっぽけだったな、と。まだまだ可能性が見つかるなと思って、そこからですね。

蓮沼執太フィル。左から:Jimanica、宮地夏海、斉藤亮輔、小林うてな、ゴンドウトモヒコ、葛西敏彦、環ROY、K-Ta、蓮沼執太、木下美紗都、イトケン、三浦千明、石塚周太、手島絵里子、大谷能生、千葉広樹
蓮沼執太フィル。左から:Jimanica、宮地夏海、斉藤亮輔、小林うてな、ゴンドウトモヒコ、葛西敏彦、環ROY、K-Ta、蓮沼執太、木下美紗都、イトケン、三浦千明、石塚周太、手島絵里子、大谷能生、千葉広樹

—蓮沼さんが展覧会やACCなどのチャレンジをしていたあいだに、メンバーにも並行して生活があった。それに改めて気づいて感動したことが原動力になっていて、レコード会社的なサイクルとかそういうものは関係ないというのが、フィル的な感じがしますね。

蓮沼:僕がそもそもレコード会社のサイクルから逸脱して、本当に自由にやらせてもらっているというのもあるし、そういうのに縛られるのは音楽のためによくないとも思っていますからね。

長くやればやるほど、どんどんよくなっていくというのも必ずあると思うんですけど、それだけじゃなくて……メンバーそれぞれに生活があって、僕が歩んできたのと同じようになにかをやっている時間があったということ。それの重さみたいものを、自分のコンサートの演奏で知れるというのが素晴らしいなと思ったんです。だからこそ、これまでよりさらにメンバーの一人ひとりを個人として丁寧に見るようになりました。

蓮沼執太

—全体をコンダクトする蓮沼さんの意識や、メンバーに対する見方も変わったと。

蓮沼:そうですね。フィルって、「ライブのために今なにができるか」みたいなことを考えてやってきていたんですけど、4年半前と今では社会の状況もたくさん変化しているし、「メンバーとフィルを使ってなにができるだろうか」というふうに考えるようにもなりました。

Page 1
次へ

リリース情報

蓮沼執太フィル
『ANTHROPOCENE』

2018年7月18日(水)発売
価格:3,300円(税込)
COCP-40486︎

1. Anthropocene – intro
2. Meeting Place
3. Juxtaposition with Tokyo
4. the unseen
5. 4O
6. off-site
7. centers #1
8. centers #2
9. centers #3
10. TIME
11. Bridge Suites
12. NEW
13. Anthropocene – outro

イベント情報

蓮沼執太フルフィル
『フルフォニー Shuta Hasunuma Full Philharmonic Orchestra FULLPHONY』

2018年8月18日(土)
会場:東京都 錦糸町 すみだトリフォニーホール
料金:SS席6,000円 S席5,000円 A席4,000円 B席2,000円

蓮沼執太フィル
『ANTHROPOCENE - Extinguishers in Aichi』

2018年9月16日(日)
会場:愛知県 ナディアパーク デザインホール
料金:前売4,500円 当日5.000円 学生割引3,000円

『ANTHROPOCENE - 360° in Osaka』

2018年9月17日(月・祝)
会場:大阪府 味園ユニバース
料金:5,000円(ドリンク別)

プロフィール

蓮沼執太フィル
蓮沼執太フィル(はすぬましゅうたふぃる)

蓮沼執太がコンダクトする、総勢16名が奏でる現代版フィルハーモニック・ポップ・オーケストラ。 2010年に結成、2014年1月にファーストアルバム『時が奏でる』をリリース。蓮沼執太(conduct, compose, keyboards, vocal)|石塚周太(Bass, Guitar)|イトケン(Drums, Synthesizer)|大谷能生(Saxophone)|葛西敏彦(PA)|木下美紗都(Chorus)|K-Ta(Marimba)|小林うてな(Steelpan)|ゴンドウトモヒコ(Euphonium)|斉藤亮輔(Guitar)|Jimanica(Drums)|環ROY(Rap)|千葉広樹(Violin, Bass)|手島絵里子(Viola)|宮地夏海(Flute)|三浦千明(Flugelhorn, Glockenspiel)

関連チケット情報

2021年4月23日(金)
蓮沼執太フィル
会場:オーチャードホール(東京都)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場 1

    『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場

  2. マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』 2

    マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』

  3. 坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演 3

    坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演

  4. 『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録 4

    『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録

  5. GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力 5

    GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力

  6. 星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う 6

    星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う

  7. 伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売 7

    伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売

  8. 北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開 8

    北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開

  9. 映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋 9

    映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋

  10. Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を 10

    Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を