特集 PR

「究極の一瞬を表現できる」loundrawが明かすイラストの強さ

「究極の一瞬を表現できる」loundrawが明かすイラストの強さ

アースダンボール
インタビュー・テキスト
杉原環樹
撮影:黑田菜月 編集:久野剛士、宮原朋之

「イラストの中にあるものには、全て理由があります」——。

そう語るのは、弱冠23歳の人気イラストレーター、loundraw。手グセもヘタウマも愛される。そんなイラストの世界で、ロジックを駆使して完璧とも思える一瞬を描く彼の作品は、熱狂的な支持を得つつある。『君の膵臓をたべたい』の装画をはじめ、近年では動画表現や『月がきれい』のキャラクター原案にも挑戦。原画展も開催した。活動の拡大ぶりには目を見張るものがある。

今回、彼がイラストレーターとダンボール会社「アースダンボール」とのコラボレーション企画「UNBOX」でオリジナルのトレーを制作したのを機に、その作品作りや考え方にあらためて迫った。背景や目に見えない余白の重要性、ロジックとエモーションの共存まで。その絵の秘密と現在を紐解く。

イラストのモチベーションは、「こんな女の子がいてほしい」でした。

—loundrawさんのお仕事を拝見すると、ジャンルの幅広さに加えて、23歳とは思えないクオリティーの安定ぶりに驚かされます。「絵を描くことを仕事にしよう」と決心されたのはいつ頃だったんですか?

loundraw:商業デビューは18歳ですが、本格的に「絵で生きていこう」と思ったのは2016年からです。ちょうど大学3年生で、就職活動をするか迷っていたところ、現在の所属事務所からお声がけがあり、決心しました。

loundraw
loundraw

—商業デビューは、永田ガラさんの小説『星の眠る湖へ―愛を探しに―』(メディアワークス文庫 / 2013年)の装画ですね。人物表現が中心にあることや、奥行きを感じさせるボヤけた背景、使われる色合いなど、いまにつながる原型を感じます。こうした作風が生まれた経緯は、どのようなものだったんでしょう?

loundraw:昔から好きだった漫画やアニメの影響はあると思います。たとえば『絶対少年』(2005年)や『電脳コイル』(2007年)、あと世代的に『涼宮ハルヒの憂鬱』(2006年)のような作品も見ていましたね。その意味で、人物が絵の中で大きな比重を占めるのはすごく自然でした。

背景に関しては、いまも現実的な風景を描くことが多いですね。理詰めで物事を考える性格もあって、SFっぽい世界観が得意ではないんです。甲冑を着たキャラクターを見ても、「カッコいいけど、これじゃ攻撃は防げないだろう」と考えてしまう。それで必然的に、現実的な風景やシチェーションに興味が湧いたのだと思います。

loundrawのイラスト『GIRLS DON'T DREAM』
loundrawのイラスト『GIRLS DON'T DREAM』

—世代的には、デフォルメされたいわゆる「萌え絵」も周囲に溢れていたかと思いますが、そこには向かわなかった?

loundraw:最初はそうした絵も真似していたんです。でも、自分の作風がほしいと考えたとき、より人間らしく描きたいなと。振り返ると、そのモチベーションは、「こんな女の子がいてほしい」という思いでした。神格化された女の子を描きたかった。その触れられない対象を、より現実的に描きくだしてみたり、より神格化したり……とやるうちに、現在の作風ができたと思います。

—「現実的に描きくだす」とは、どういうことでしょう?

loundraw:神格化した女の子に、「悲しい」や「嬉しい」といった普遍的な感情を与えて、身近なキャラクターに感じさせることで。「高嶺の花を描きたい」という感覚に近いと思います。その意味では、いまも現実にいる普通の女の子っぽく描いていますが、同時に「こんな子、本当にいるのかな」とも思っている。その気持ちは当時から変わっていないです。

すごく理詰めで「余白を残すこと」を考えます。

—その日常的な風景と感情の奥行きの同居は、住野よるさんの大ヒット小説『君の膵臓をたべたい』(双葉社 / 2015年)の装画にも共通します。このお仕事はloundrawさんにとってひとつの転換点だそうですが、あの絵が大きな反響を得たのはなぜだと思われますか?

loundraw:もちろん小説そのものが素晴らしかったことが前提ですが、普通の高校生2人の物語に、完璧すぎない絵柄がうまく合ったのかなと。あの絵はいま見ると稚拙に感じるのですが、その未熟さも偶然、魅力になったと思います。

また、あの装画に限りませんが、僕はなるべく余白があるものを描きたくて。「この人がなぜその表情をしているのか」を読者に補完してもらえるように、基本的に感情を露わにした人物を描かないようにしています。その余白があの絵にも出ていたのでしょうね。

『君の膵臓を食べたい』(住野よる / 双葉社 / 2015年)装画
『君の膵臓を食べたい』(住野よる / 双葉社 / 2015年)装画

—たしかに、どちらにも針が振れていない雰囲気がありますね。その余白感が、物語に触発された読者の想像力を受け止めるクッションになると。

loundraw:絵を描くときには、時間的な前後関係から、描かれていない部分も含めた360度の空間まで、自分の中でイメージができているのですが、それを描き切らないことはつねに意識しています。たとえば、寿命が短い子の横顔を切り取るとしますよね。そのとき、視線の先に何があるかはわかりません。

光や建物の細部を入れて、なんとなくその場所が図書館であることは提示するのですが、その子が何を見て、どんな気持ちかはあえて描かない。おじいさんを見て自分の死を重ね合わせているのかもしれないし、小さい子を羨ましく思っているのかもしれない。そんな風に、人物のキャラクター設定は変えずに、読者が補完できるような余地を意図的に残す。だから、僕はすごく理詰めで、「余白を残すこと」を考えているんです。

Page 1
次へ

プロジェクト情報

「UNBOX」
What is「UNBOX」?

「箱から出す」という意味を持つこの言葉。「UNBOX(アンボックス)」は、箱職人集団であるアースダンボールが新たにスタートした取り組みです。「UNBOX」では、アースダンボールが箱職人として大事にしているこだわりや思いを、クリエイターとのコラボレートを通して発信していきます。

プロフィール

loundraw(らうんどろー)

イラストレーターとして10代のうちに商業デビュー。透明感、空気感のある色彩と、被写界深度を用いた緻密な空間設計を魅力とし、様々な作品の装画を担当する。声優・下野紘、雨宮天らが参加した卒業制作オリジナルアニメーション『夢が覚めるまで』では、監督・脚本・演出・レイアウト・原画・動画と制作のすべてを手がけたほか、小説『イミテーションと極彩色のグレー』、漫画『あおぞらとくもりぞら』の執筆、アーティスト集団・CHRONICLEでの音楽活動など、多岐にわたる。2017年9月に自身初の個展『夜明けより前の君へ』を開催。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ 1

    ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ

  2. 次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら 2

    次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら

  3. 大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年 3

    大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年

  4. KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る 4

    KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る

  5. ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも 5

    ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも

  6. 星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも 6

    星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも

  7. BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も 7

    BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も

  8. 世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る 8

    世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る

  9. BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開 9

    BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開

  10. 草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」 10

    草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」