特集 PR

なぜレキシは愛される? 池田貴史の本心に、マジメに切り込んだ

なぜレキシは愛される? 池田貴史の本心に、マジメに切り込んだ

レキシ『S & G』
インタビュー・テキスト
兵庫慎司
撮影:YAMA 山添雄彦 編集:山元翔一

大河ドラマ『西郷どん』のパワープッシュソングとしてNHKから依頼を受けた“SEGODON”と、フジテレビ系アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』エンディング主題歌として書き下された“GET A NOTE”。それぞれの頭文字をとって『S & G』と名づけられたレキシのニューシングルが、7月18日にリリースされた。

ワンマン公演の規模は、2017年10月段階で日本武道館2デイズ即完。どんなタイプの、どこの地方のフェスに出ても大人気。2018年4月29日には地元である福井県鯖江市で野外ワンマンを開催し、6,500人を集めソールドアウト。2018年11月からは全国18本の大規模ホールツアーが控えている。

この現状について、このニューシングルについて、そしてレキシとはそもそも何なのかについて、レキシこと御館様こと池田貴史に訊いたテキストが、以下となる。

自分がおもしろいと思ってるだけでよかったのに、こんなに周りもおもしろいと感じてくれているんだなって。

―最初にレキシの現状について伺いたいです。ライブの動員の増え方とかに関して、どのあたりで、池ちゃん(池田貴史)の思惑を超えはじめました?

池田:思惑というか、「こうなりたい」とか「こういう会場でライブやりたい」みたいなのは最初からないですよ。

―こんな大ごとになると思っていました?

池田:思ってないですよ、もちろん。大ごとなのかな? そもそも大ごとって何ですか?

レキシ
レキシ

―たとえば、今くらい大規模なワンマンツアーをやるようになると、かかるおカネも大きくなるしいろんなものを背負ってやっていくことになるでしょう? 新代田FEVERでワンマンをやってた頃(2011年5月)は、そんなことを考える必要なかっただろうけど。

池田:ああ。やっぱり規模が大きくなると、それだけ考えることも増えるね。「尺を守らなくちゃ」っていうプレッシャーもあったり。

―そもそもレキシってどういう想いではじめたんですか?

池田:ライフワークですよ。今まではバンドとか、誰かのプロデュースとかで音楽をやってきたけど、パーソナルな作品って出してないなと思って、作ったのが最初(1stアルバム『レキシ』、2007年発表)。それを作ったら、ちょっと創作意欲も湧いて、すぐにもう1枚作りたいなと思ったんだけど結局4年ぐらい空いて。

レキシ『レキシ』を聴く(Apple Musicはこちら

池田:で、2枚目を出すときに東日本大震災があったんです(2ndアルバム『レキツ』は2011年3月16日にリリースされた)。それが大きかった。大変な時期だったんだけど、それでも何とかやろうと思って……がむしゃらに、自分のやりたいように必死でやってたら、こうなってましたね。

―震災が大きかったというのは、そこでいろいろ考えたことが大きかったということ?

池田:震災のあと、「こんな感じでライブやってもいいのかなぁ?」みたいに迷いながらやっていたら、大変な状況のなかでもお客さんに「楽しい」って言ってもらえたんですよ。それで、「もうこれ、やるしかないんだな」って逆に背中を押されて。

―で、それをがむしゃらにやり続けた結果、どうやら自分がおもしろいと思うことを同じようにおもしろいと思ってくれる人がいてくれた、と。

池田:本当にそう。自分がおもしろいと思ってるだけでよかったのに、こんなに周りもおもしろいと感じてくれているんだなって。

レキシ『レキツ』収録曲。ゲストの「Deyonna」は椎名林檎

―ライブも、普通に曲をやって軽くMCするみたいな当たり前のやり方ではないじゃないですか。

池田:それだと自分的にはちょっと面白みに欠けるというか。極端に言うと、ツアー2本目くらいでちょっともう飽きが出てきちゃうと思うんです。まず自分が新鮮で、そのうえで楽しみたくて……これは矛盾してる言い方だけど、決まりきってないことをやろうとするから大変な部分もある(笑)。

―大変なほうへ大変なほうへといってしまう。

池田:うん。それはもうしょうがないなと思ってはいるけど、やっぱりみんなに楽しんでもらいたいし、もう必死だからね。

2017年10月に開催された武道館公演『不思議の国のレキシと稲穂の妖精たち』より
2017年10月に開催された武道館公演『不思議の国のレキシと稲穂の妖精たち』より

Page 1
次へ

リリース情報

レキシ『S & G』初回限定盤
レキシ
『S & G』初回限定盤(CD+DVD)

2018年7月18日(水)発売
価格:1,620円(税込)
VIZL-1393

[CD]
1. GET A NOTE
2. BANASHI
3. SEGODON
[DVD]
1. ライブドキュメンタリーすんのか~い、せんのか~い
※金箔押しジャケット

レキシ『S & G』通常盤
レキシ
『S & G』通常盤(CD)

2018年7月18日(水)発売
価格:1,080円(税込)
VICL-37402

1. GET A NOTE
2. BANASHI
3. SEGODON

イベント情報

『レキシ TOUR 2018』

2018年11月7日(水)
会場:北海道 旭川市民文化会館 大ホール

2018年11月8日(木)
会場:北海道 札幌 わくわくホリデーホール 大ホール

2018年11月15日(木)
会場:岩手県 盛岡市民文化ホール 大ホール

2018年11月16日(金)
会場:宮城県 仙台銀行ホール イズミティ21 大ホール

2018年11月19日(月)
会場:東京都 中野サンプラザホール

2018年11月21日(水)
会場:群馬県 桐生市市民文化会館 シルクホール

2018年11月29日(木)
会場:愛知県 名古屋国際会議場 センチュリーホール

2018年11月30日(金)
会場:広島県 広島上野学園ホール

2018年12月4日(火)
会場:神奈川県 神奈川県民ホール 大ホール

2018年12月5日(水)
会場:神奈川県 神奈川県民ホール 大ホール

2018年12月10日(月)
会場:香川県 サンポートホール高松大ホール

2018年12月12日(水)
会場:熊本県 市民会館シアーズホーム夢ホール

2018年12月13日(木)
会場:福岡県 福岡サンパレス

2018年12月17日(月)
会場:兵庫県 神戸国際会館こくさいホール

2018年12月18日(火)
会場:京都府 ロームシアター京都 メインホール

2018年12月20日(木)
会場:千葉県 市川市文化会館 大ホール

2018年12月23日(日・祝)
会場:石川県 金沢市文化ホール

2018年12月26日(水)
会場:静岡県 静岡市民文化会館 中ホール

料金:各公演6,480円
※4歳以上チケット必要

プロフィール

レキシ
レキシ

2007年アルバム『レキシ』でソロデビュー。ファンキーなサウンドに乗せて歌う日本史の歌詞と、ユーモア溢れるステージングで話題を呼ぶ。現在までに、『レキツ』『レキミ』『レシキ』『Vキシ』と5枚のアルバムをリリース。アルバムにはこれまで、いとうせいこう、椎名林檎、斉藤和義、松たか子、持田香織(Every Little Thing)、秦 基博、後藤正文(from ASIAN KUNG-FU GENERATION)、山口隆(サンボマスター)、Bose、ANI(スチャダラパー)、安藤裕子、Mummy-D(Rhymester)、キュウソネコカミほか、多彩で豪華なゲストが参加している。2018年1月から放送が開始されている大河ドラマ『西郷どん』のパワープッシュソングに新曲“SEGODON”を提供。4月には、地元福井県鯖江市で凱旋となる野外公演を開催し、大盛況で幕を閉じた。5月、椎名林檎トリビュートアルバム『アダムとイヴの林檎』に参加し、“幸福論”をカバー。7月には、初のダブルタイアップシングル『S & G』を発売。11月からは、全国17都市18公演にわたる約1年ぶりの全国ホールツアーの開催も決定している。

関連チケット情報

2018年11月19日(月)〜12月20日(木)
レキシ
会場:中野サンプラザ(東京都)
2018年11月29日(木)〜12月26日(水)
レキシ
会場:名古屋国際会議場 センチュリーホール(愛知県)
2018年12月17日(月)〜12月18日(火)
レキシ
会場:神戸国際会館こくさいホール(兵庫県)
2018年12月23日(日)
レキシ
会場:金沢市文化ホール(石川県)
2019年1月22日(火)〜1月23日(水)
レキシ
会場:横浜アリーナ(神奈川県)
2019年2月6日(水)
レキシ
会場:大阪城ホール(大阪府)
2019年3月10日(日)〜3月24日(日)
愛のレキシアター『ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ』
会場:TBS赤坂ACTシアター(東京都)
2019年3月30日(土)〜3月31日(日)
愛のレキシアター「ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ」
会場:オリックス劇場(大阪府)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 1

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  2. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 2

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  3. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 3

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  4. 稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾がAmazon Music日本初テレビCM出演 CM曲配信 4

    稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾がAmazon Music日本初テレビCM出演 CM曲配信

  5. 『グータンヌーボ』7年ぶりに復活、新MC陣に長谷川京子、西野七瀬ら 5

    『グータンヌーボ』7年ぶりに復活、新MC陣に長谷川京子、西野七瀬ら

  6. 映画『空母いぶき』に本田翼、片桐仁、中井貴一、深川麻衣、斉藤由貴ら出演 6

    映画『空母いぶき』に本田翼、片桐仁、中井貴一、深川麻衣、斉藤由貴ら出演

  7. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 7

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  8. 特番『星野源のYELLOW RADIO』再び、ゲストに長岡亮介&銀シャリ橋本 8

    特番『星野源のYELLOW RADIO』再び、ゲストに長岡亮介&銀シャリ橋本

  9. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 9

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  10. 星野源の新曲“Pop Virus”PV公開、リリース間近の新アルバムタイトル曲 10

    星野源の新曲“Pop Virus”PV公開、リリース間近の新アルバムタイトル曲