特集 PR

ヤバTこやまたくやがSTYLYでVR作り「これ絶対流行るでしょう」

ヤバTこやまたくやがSTYLYでVR作り「これ絶対流行るでしょう」

『NEWVIEW AWARDS 2018』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:豊島望 編集:宮原朋之

オンライン上で誰でも簡単にVR空間が作れるサービスがあるのをご存知だろうか。STYLYは特別なアプリケーションや拡張機能などを用意する必要がなく、一般的なパソコンさえあれば利用可能。STYLY上にある3D素材や、手持ちの画像を組み合わせたり、YouTubeやInstagramにある素材を取り込んだりしながら、誰もが簡単にVR空間を構築できる。

現在、Psychic VR Lab、パルコ、ロフトワークによる共同プロジェクトNEWVIEWが、次世代クリエーターの発掘を目的としたVRコンテンツアワード『NEWVIEW AWARDS 2018』を開催し、このSTYLYで制作された作品を募集している(締め切りは、2018年7月末日)。

そこで今回、Psychic VR Lab八幡純和の立会いのもと、本アワードの審査員にもなっている映像作家「寿司くん」こと、こやまたくやにSTYLYでVRコンテンツ制作を体験してもらった。VRはほぼ未体験だというこやまは、どんな反応を示すだろう?

もう世の中ってここまで来てるんや。

—まずはこやまさんにVRの世界を体験してもらいたいと思います。STYLYのウェブサイトでは、世界中のクリエーターが制作したVR作品が閲覧できるんですよ。

こやま:へえ! ここにあるのは、すべてSTYLYで作った作品なんですか?

左から、八幡純和(Psychic VR Lab)、こやまたくや。
左から、八幡純和(Psychic VR Lab)、こやまたくや。(STYLYを見る

—そうなんです。まずはでんすけ28号さんの作品を体験してみましょう。これは、Qiezi Maboが「Qiezi Mabo loves PUNPEE」名義でリリースした楽曲のPV世界に入っていける内容です。

こやま:ヘッドマウントディスプレイを装着して体験するんですね。おお! 本当にPVの世界に入り込んだみたい。わ、こっちにも何かいる!

左のモニターに見えるような洗面器の裏を探っている様子。かがみ込んで下から覗くと、洗面器の裏で小さい人が踊っているというシュールな世界観
左のモニターに見えるような洗面器の裏を探っている様子。かがみ込んで下から覗くと、洗面器の裏で小さい人が踊っているというシュールな世界観

でんすけ28号『Qiezi Mabo Forever - VR ver.』
でんすけ28号『Qiezi Mabo Forever - VR ver.』(vimeoで見る)(STYLYで見る

—この作品は舞台がバスルームで、あえてプレイヤーに移動させない作品ですが、次に体験してもらう大月壮さんの『Paralledice』は、コントローラーを使って空間内をどんどん上に登っていく作品です。

こやま:これは空間がかなり広いですね! 上を見るとちゃんと空があるし。

左のモニターに見えるような広大な景色を実際にヘッドマウントディスプレイで体験している
左のモニターに見えるような広大な景色を実際にヘッドマウントディスプレイで体験している

VR空間上では、はるか上空を見上げているこやまたくや
VR空間上では、はるか上空を見上げているこやまたくや

八幡:持っているコントローラーで移動できます。

こやま:本当だ。よし、階段を登ってみます。わ、本当に高い場所にいる気分になりますね。怖! こんな高い所から落ちたら死ぬやん……(笑)。もう完全に映画の世界ですね。もう世の中ってここまで来てるんや。

大月壮『paralledice』
大月壮『paralledice』(vimeoで見る)(STYLYで見る

—もう1つ、VRアーティストせきぐちあいみさんの『浮世』も見てもらいましょうか。これは、絵画の中に入っていけるという作品です。

こやま:これは新しい体験ですね。すごい、ようできてるなあ……。

 


せきぐちあいみ『浮世』(STYLYで見る

—こやまさんは、今までほとんどVR体験をしてこなかったそうですが、どんな印象を持っていましたか?

こやま:「本当に流行るのかな……?」というのが正直なところでしたね。わざわざ自分からは、手を出そうとは思わへんやろなと。コンテンツもまだまだ少ないし、楽しむためには周辺機器も必要じゃないですか。まだ周りにやっている人いいへんし、別に買わんでもいいかなと。すみません、ネガティヴな印象で(笑)。

—実際に、VRを体験してどう思いました?

こやま:最高に楽しい!(笑) 想像以上でした。これ、絶対流行るでしょう。もう180度、意見が変わっちゃいました(笑)。

 

—(笑)。では、色々体験してもらったところで、これからSTYLYでVR作品の制作を体験してもらいます。

こやま:俺で大丈夫かなあ……。

 

Page 1
次へ

アワード情報

作品
『NEWVIEW AWARDS 2018』

『NEWVIEW AWARDS』は新たな表現やカルチャー、ライフスタイルを追求し、「超体験のデザイン」を牽引する次世代クリエイターを発掘することを目的として立ち上げられたアワード。「DESIGN YOUR ULTRA EXPERIENCE(超体験をデザインせよ!)」をテーマに、VR空間を駆使した新たな表現・体験を生み出せるクリエイティブプラットフォーム「STYLY」を使用して制作・公開されたVRコンテンツを募集しています。

募集期間:2018年7月31日まで

作品
『NEWVIEW AWARDS 2018 ファイナリスト作品展』(仮)

2018年8月末 会場:東京都 渋谷 GALLERY X BY PARCO

サイト情報

NEWVIEW

Psychic VR Lab、パルコ、ロフトワークによる新たな表現の追求と、次世代クリエイターの発掘・育成を目的とするプロジェクト。ファッション、音楽、映像、グラフィック、イラストレーションなど、各分野で活動するクリエイターが参加し、3次元空間での新たな表現と体験のデザインを開拓していきます。

サービス情報

STYLY

Psychic VR Labによるプログラミングの知識がなくても、アセットをドラッグ&ドロップすることで手軽にVR空間をデザインできるVRプラットフォーム

プロフィール

こやまたくや

京都府出身、大阪芸術大学芸術学部映像学科卒業。24歳。「寿司くん」名義でアニメ・ミュージックビデオなどの映像作品を中心に制作活動を行う。ロックバンド、ヤバイTシャツ屋さんのギターボーカルとしても活動中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年