特集 PR

あいみょんとNulbarichが急成長した1年を振り返る 成長の鍵は何?

あいみょんとNulbarichが急成長した1年を振り返る 成長の鍵は何?

Zoff
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:西田香織 編集:久野剛士、矢島由佳子

音楽の聴き方が徐々にサブスクへと移行しつつある2010年代後半の流れの中にあって、何より「楽曲」の力で支持を集めたあいみょんとNulbarich・JQは、時代の申し子だと言っても決して大げさではないだろう。メガネブランド「Zoff」の「SUNGLASSES COLLECTION 2018」のメインビジュアルモデルを、そんな2人が担当したのは、決して偶然ではないように思える。デビュー時から2人を追いかけてきたCINRA.NETでは、両者の初となる対談を実施。その模様を3回に分けてお届けする。

1回目のテーマは、「バズ」について。NulbarichはHonda「GRACE」や資生堂「アネッサ」といったCMでの楽曲起用、あいみょんは『関ジャム 完全燃SHOW』や『ミュージックステーション』といった音楽番組への出演などをきっかけに、SNSでバズが起こり、ともにこの1年で一気に知名度が上昇。ワンマンのキャパも広がり続ける中、本人たちは現状をどのように捉えているのか。そこにはアートに対する2人の真摯な眼差しがあった。

うれしいことに、描いていた以上にステップアップできてるかなって感じです。(JQ)

—両者ともにこの1年でグッと知名度を上げたと言っていいと思うんですけど、お互いのことをどんな風に知りましたか?

JQ:いやもう、あいみょんさんは噂が噂を呼んでいたので……ググりました(笑)。

あいみょん:私はCMかなあ? SNSで「Nulbarich」っていうワードをよく見るようになったんですけど、最初はバンド名なのか個人なのかもわからなくて。Zoffのお話をいただいたときも、「何人来るんやろ? 私1人対5人とかでやるのかな?」って思ってたら、「1人なんや」っていう(笑)。

左から:JQ(Nulbarich)、あいみょん
左から:JQ(Nulbarich)、あいみょん

—ご自身としては、「これをきっかけに状況が変わってきた」みたいなタイミングって、いつ頃だと感じていますか?

あいみょん:私はたぶん『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日)の「蔦谷好位置、いしわたり淳治の売れっ子音楽プロデューサー2人が選ぶ2017年の年間ベストソング特集!」で取り上げられたときなのかな? だから、ここ半年くらいですね……どうですか?

JQ:どうなんですかね……でも、そんなに変わった実感はないですよ。同じところに住んでますし、移動がグリーン車に変わったとかでもないし。ワンマンの規模とかは変わってきましたけど、「バズった」みたいな感触は全然ないです。

あいみょん:ああ、それは私も感じたことない。

JQ:うれしいことに、描いていた以上にステップアップできてるかなって感じではあるんですけど、急に何かがバーンって変わった感じは全然ないです。

—2人を見ていて思うのは、「やっぱり楽曲ありきなんだな」っていう、ごく基本的なことです。ここ数年は「バズらせるにはどうするか?」みたいなムードがあるけど、まずは優れた楽曲があって、それがメディアを通じて聴かれて、SNSと結びついたときに、初めてバズが起こり得るんだよなっていう。

JQ:あざっす!

あいみょん:あざっす! JQさんこれよく言うんで、私も使わせてもらおう(笑)。

右:あいみょん

JQ:日々成長はしてると思うんですけど、根本的な自分の音楽のスタイルは変わらずやってきてるつもりなので、いまおっしゃったように、やっぱりケミストリーなんだと思います。掛け算というか、関わる人が全員1以上のものを持てば、自分の持ってる以上の数字が出る。

でも、誰かがゼロだとゼロになっちゃう。アートをビジネスにするってそういうことで、最初から計算して曲を作るものではないと思うんですよね。僕、ホントはタイトルとかもつけたくないんですよ。

—それはどういうことでしょう?

JQ:美術作品のタイトルとかマジで嫌なんです。自分の思いみたいなものを、絵っていう決してわかりやすくはないものにあえて落とし込んでいるのにも関わらず、そこにわかりやすいガイドとなるタイトルをつけるのって、すごくナンセンスな気がする。

「失恋したときにこの曲を聴いてください」とかっていうのも、好きじゃない。失恋したときに流れていた曲が、その人にとっての失恋ソングになると思うんですよ。作るものに自分の思いは100%込めるんですけど、聴いてもらうときは「自由に聴いてください」っていうのが僕の思うアートなんです。

左:JQ(Nulbarich)

あいみょん:めっちゃわかります。「どういう曲か」っていうのは聴き手にすべて委ねた方がいいですよね。私も自殺の曲を書いたとき、自殺の曲として届けたつもりはなくて、「自殺の曲でも誰かにとってはラブソングになる」って言ってたんです。だから、すごい共感しました。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

リリース情報

作品
「SUNGLASSES COLLECTION 2018」

300種類以上のラインナップを揃えた、Zoffのサングラスコレクション。

イベント情報

『Zoff Rock 2018』
『Zoff Rock 2018』

2018年9月19日(水)
会場:都内某所
出演:
あいみょん
Nulbarich
ドレスコード:アイウェア(メガネまたはサングラス)
応募方法:
期間中、全国のZoff店舗またはZoffオンラインストアにて、3,780円(税込)以上お買い上げの方で、Zoffのメールマガジンにご登録いただいた方に、抽選で『Zoff Rock 2018』ライブチケットまたは「とんだ林蘭デザイン フェイスタオル」をプレゼント。
応募期間:2018年6月29日(金) 9:00~2018年8月19日(日)23:59

リリース情報

あいみょん『マリーゴールド』
あいみょん
『マリーゴールド』(CD)

2018年8月8日(水)発売
価格:1,080円(税込)
WPCL-12910︎

1.マリーゴールド
2.あなたのために
3.マリーゴールド(Instrumental)

Nulbarich
『The Remixes』(配信)

2018年9月5日(水)発売︎

1.Zero Gravity (Disco Fries Remix)
2.Almost There (Tobtok Remix)
3.Kiss You Back (Oliver Nelson Remix)
4.In Your Pocket (19th Ave. Remix)

イベント情報

『Nulbarich ONE MAN LIVE at 武道館』

2018年11月2日(金)18:30開演
会場:東京都 日本武道館
価格:6,500円(税込)

プロフィール

あいみょん

兵庫県西宮出身のシンガーソングライター。2016年11月30日、ワーナーミュージック・ジャパン内レーベルunBORDEよりシングル『生きていたんだよな』でメジャーデビュー。2017年5月に2ndシングル『愛を伝えたいだとか』、8月には3rdシングル『君はロックを聴かない』、9月に1stアルバム『青春のエキサイトメント』を発表。同世代の圧倒的な指示を集め、2018年3月から開催した全国ツアーは、6月のツアーファイナル台湾公演も含めて全公演SOLD OUT。8月には新曲『マリーゴールド』がリリースされる。11月からは自身最大規模の全国ツアーも開催決定。

JQ(じぇーきゅー)

バンド、Nulbarichの中心人物で、ソングライター。Nulbarichはソウル、ファンク、アシッドジャズなどをベースにした音楽性が特徴で、メンバーは固定されず、そのときどきに応じてさまざまな演奏形態に変化する。2016年6月にタワーレコードおよびライブ会場限定の1stシングル「Hometown」、10月には1stフルアルバム「Guess Who?」をリリース。その後は積極的なライブ活動を行いながら、2017年5月に4曲入りCD「Who We Are」を発表し、11月に自身初のワンマンツアーをスタートさせた。2018年3月には、ビクターエンタテインメント内の洋楽レーベル移籍後第1弾作品としてニューアルバム「H.O.T」をリリース。11月に初の武道館ワンマンライブを開催する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ 1

    ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ

  2. 次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら 2

    次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら

  3. 大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年 3

    大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年

  4. KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る 4

    KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る

  5. ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも 5

    ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも

  6. 星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも 6

    星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも

  7. BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も 7

    BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も

  8. 世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る 8

    世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る

  9. BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開 9

    BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開

  10. 草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」 10

    草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」