インタビュー

mabanuaがプロデューサー視点で語る、「流行」を無視すべき理由

mabanuaがプロデューサー視点で語る、「流行」を無視すべき理由

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:池野詩織 編集:山元翔一

2018年において、待望視されていた作品が遂に到着した。mabanuaの6年ぶりとなるソロアルバム、『Blurred』である。近年彼がプロデューサーとして関わったアーティストは、藤原さくら、米津玄師、SKY-HI、LUCKY TAPES、RHYMESTERなど、数え上げればきりがない。7月15日に放送された『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系列)において、いしわたり淳治、蔦谷好位置と並ぶ姿からは、「時代の寵児」というやや大げさな言葉も思い浮かんでしまう。

この背景には、mabanua自身のルーツであるブラックミュージックの流行があったわけだが、決してその枠には収まらない、開かれた音楽家であるからこそ、彼は多くのアーティストから求められているのだ。そんなプロデューサーとしての華々しい活躍に加え、ドラマーとして、作家として、さらには昨年末に再始動したOvallのメンバーとして、様々な活動を展開してきたわけだが、その一方で、ソロアルバムの制作は決して簡単なものではなかったという。

この度完成した『Blurred』は、そのタイトルどおり、「曖昧さ」というカラーが強く打ち出され、ややアンビバレントながら、常に自然体なmabanuaの人間性そのものが色濃く反映された作品となった。そしてそれは結果的に、消費のサイクルが加速する現代に対する、明確な提言にもなっていると言えよう。

自分がやってる音楽のジャンルも活動のスタイルについて聞かれても、「いや、自分でもわからないです」っていう(笑)。

—ソロとしては実に6年ぶりとなるアルバムが完成したわけですが、作品の構想自体はいつ頃からあったのでしょうか?

mabanua:4年くらい前から漠然とあって、本当は2年前には完成しているはずだったんですよ。でも、作ったものを聴いてみると、ちょっと流行りに乗りすぎている感じがあって、賞味期限の短さを自分で感じてしまったんですよね。だからそこまで作ったものを一度消して、イチから作り直すことにしたんです。

今度は流行りとかを無視して、無意識のうちに貯蓄されたものから、何も考えずに出てきたものだけを厳選して作っていって。それでプラス2年くらいかかったんですよね。

mabanua
mabanua
mabanua『Blurred』(2018年)収録曲

—ここ数年はブラックミュージックがトレンドになって、だからこそ、mabanuaさんはプロデューサーとして求められ、時代の顔になったと言っても過言ではないと思います。振り返ってみると、mabanuaさんご自身はいつ頃からシーンの風向きが変わってきたと感じられましたか?

mabanua:Awesome City Clubや、世の中的にいうとSuchmosが大きいですよね。日本の若手バンドの間でのブラックミュージックブームと、海外のR&Bリバイバルが、同時に来た印象があって、今挙げた2つのバンドの登場からはそれを強く感じました。

SuchmosはJamiroquaiから影響を受けているってよく言われるじゃないですか? Jamiroquaiとか、いわゆるアシッドジャズって、自分が小~中学生ぐらいのときに流行っていたので、「あ、時代が一周したんだ」みたいな感じがありました(参考記事:Jamiroquaiが、Suchmosやブルーノ・マーズらに与えた影響とは?)。

mabanuaがプロデュースを手がけたAwesome City Club『Awesome City Tracks』(2015年)収録曲

Suchmos『Essence』(2015年)収録曲

—Awesome City Clubにプロデュースで関わられたときは、「これは自分の得意なやつだ」という部分と、「自分の知っているのとはちょっと違うな」という部分と、両側面あったかと思うのですが、実際いかがでしたか?

mabanua:自分がそのままやると、マニアックなほうにいっていたと思うんですけど、レコード会社の人からは「ポップな路線と黒い部分を両立させてほしい」みたいなリクエストをずっともらっていたので、そのバランスは難しかったですね。Ovallではちょっとよれるグルーヴをひたすら追求していたんですけど、Awesome City Clubでそういう要素を出しちゃうと、聴く層が限られちゃうかなとか考えたり。

—mabanuaさんが多くのミュージシャンから求められたのは、まさにその両側面を持ってらっしゃったからだと思うんですよね。過去のソロ作、特に2ndアルバムの『only the facts』(2012年)に関しては、ポップで開かれた作品になっていた。そこは大きかったと思うんです。

mabanua:そうかもしれない。昔からブラックミュージック一筋で聴いてきたわけでは全然なくて、今まで生きてきたなかのほんの数年、黒い音楽に没頭した時期があるっていうだけなんですよね。自分のなかでもジャンルがごちゃごちゃに混ざってるし、僕に対するイメージも人によって違って、ドラマーだと思ってない人もいたりしますからね。

「歌も歌うんですね。知りませんでした」とか言われるんですよ。でも、もともと自分はそういう人間というか、自分がやってる音楽のジャンルも活動のスタイルについて聞かれても、「いや、自分でもわからないです」っていう(笑)。

mabanua
mabanuaがドラマーとして所属するOvallの『In TRANSIT』を聴く(Apple Musicはこちら
Page 1
次へ

リリース情報

mabanua『Blurred』限定盤
mabanua
『Blurred』限定盤(2CD)

2018年8月29日(水)発売
価格:3,240円(税込)
OPCA-1039

[DISC 1]
1. Intro
2. Blurred
3. Heartbreak at Dawn
4. Night Fog feat. Achico
5. Fade Away
6. Overlap
7. Cold Breath
8. Tangled Up
9. Call on Me feat. Chara
10. Scent
11. Imprint
[DISC 2]
DISC 1のインストゥールメンタルバージョンを収録

mabanua『Blurred』通常盤(CD)
mabanua
『Blurred』通常盤(CD)

2018年8月29日(水)発売
価格:2,700円(税込)
OPCA-1038

1. Intro
2. Blurred
3. Heartbreak at Dawn
4. Night Fog feat. Achico
5. Fade Away
6. Overlap
7. Cold Breath
8. Tangled Up
9. Call on Me feat. Chara
10. Scent
11. Imprint

イベント情報

『mabanua tour 2018“Blurred”』

2018年11月1日(木)
会場:福岡県 BEAT STATION

2018年11月14日(水)
会場:東京都 渋谷 WWW X

2018年12月14日(金)
会場:大阪府 心斎橋 CONPASS

料金:各公演4,000円

プロフィール

mabanua
mabanua(まばぬあ)

日本人ドラマー、プロデューサー、シンガー。ブラック・ミュージックのフィルターを通しながらもジャンルに捉われないアプローチで全ての楽器を自ら演奏し、国内外のアーティストとコラボして作り上げたアルバムが世界各国で話題に。また、プロデューサーとして100曲以上の楽曲を手がけ、多数のCM楽曲や映画、ドラマ、アニメの劇伴も担当。またToro Y Moi、Chet Faker、Madlib、Thundercatなど海外アーティストとも多数共演。さらに、Shingo Suzuki、関口シンゴとのバンド “Ovall” としても活動し、大型フェスの常連となる。また、ビートメイカー・Budamunkとのユニット「Green Butter」、タブラ奏者・U-zhaanと共に「U-zhaan × mabanua」、ASIAN KUNG-FU GENERATION・後藤正文のソロプロジェクト「Gotch BAND」のメンバーとしても活動中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

斉藤和義“アレ”

ドラマ『家売るオンナの逆襲』の主題歌でもある斉藤和義48枚目のシングル“アレ”のMVが公開。冒頭から正方形の枠に収められた動画や画像が繋ぎ合わされていくこのMV、実は斉藤本人が撮影・編集・監修を務めたという。某SNSを彷彿とさせるたくさんの動画や画像がめまぐるしく変わる様に注目して「アレ」とは何かを考えながら観るのも良し、ひたすら猫に癒されるのも良しです。(高橋)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業