特集 PR

紆余曲折な経歴を繋げる。発酵デザイナー小倉ヒラクの生きる知恵

紆余曲折な経歴を繋げる。発酵デザイナー小倉ヒラクの生きる知恵

『BENTO おべんとう展-食べる・集う・つながるデザイン』
インタビュー・テキスト
内田伸一
撮影:豊島望 編集:宮原朋之

おそらく世界でひとりの肩書きを持つ人物、「発酵デザイナー」小倉ヒラクの活動は、実に幅広い。お味噌やお酒など発酵醸造メーカーのアートディレクション。誰にでもできる味噌作りを歌と踊りで伝えるアニメ『てまえみそのうた』の制作。さらに著書『発酵文化人類学』などの執筆や発酵ワークショップも行っている。

10年前は、当の本人も想像できなかった人生。でも、ばらばらに見えた経歴が実はすべてがつながっているとしたら? 寄せ集めから価値を生み出す「ブリコラージュ」で生きる小倉は、通ってきた道、得てきたものをひらめきで接続し、どこにもなかった自分だけの仕事を作りあげる。

そんな小倉ヒラクが参加する展覧会『BENTO おべんとう展―食べる・集う・つながるデザイン』が7月21日、東京都美術館でスタートした。一見、芸術とは縁遠そうな「お弁当」を起点にすることで、人間の創造力やコミュニケーションに新たな光をあてる企画だ。その多様な参加作家の中に名を連ねる小倉ヒラクに、仕事に関する思考法を展覧会場で聞いてみた。

良い街には良い味噌蔵や酒蔵があって、土地のアイデンティティを支える場になっている。

—小倉さんは「発酵デザイナー」として「見えない発酵菌たちのはたらきを、デザインを通して見えるようにする」ことを目指しているそうですね。失礼ながら最初はニッチなお仕事を想像したのですが、実際はとても幅広い活動ぶりですね。

小倉:はい(笑)。発酵は食文化だけでなく医療、環境など多領域につながっているし、国境を越えて世界につながってもいます。だから発酵デザイナーを名乗りはじめてからも、改めてそのポテンシャルを感じています。

小倉ヒラク
小倉ヒラク

—発酵デザイナーになったきっかけは?

小倉:まず、会社を辞めてデザイナーとして独立したときから、色んな縁が重なって社会の課題解決に関わるソーシャルデザインに携わることになりました。主に農業や伝統産業に関わる人たちと一緒に、どうすれば彼らの作ったプロダクトをお客さんに良いかたちで届けられるか、そんな仕組み作りも含めた仕事を始めました。

ありがたいことに良い結果が出て、口コミで仕事が広まっていくようになりましたが、その忙しさと、それでも夜遅くまで遊び続けたせいか(苦笑)、体に問題が出てしまいました。毎朝めまいがしたり、子供のころの喘息がぶり返したり。そんなとき、発酵食品に出合うんです。

—来ましたね、ここで発酵が。

小倉:後輩の先生で発酵学者の小泉武夫先生(発酵仮面という異名も持つ第一人者)にお会いしたら、「お前、免疫不全だな? もっと味噌汁と納豆と漬物を食べなさい!」と強く勧めてくれて。試してみたら本当に体が回復してきたんです。そこから先生の本を読んだり、自宅で味噌を仕込んでみたりするほどになりました。

小倉ヒラク

—入口は身体的な実体験だったとして、デザイナーとしては発酵文化のどこに可能性を感じたのですか?

小倉:発酵文化は地方の文化でもあります。全国を訪ね回るうちにわかったのですが、良い街には良い味噌蔵や酒蔵があって、そこが文化のパトロンだったり、土地のアイデンティティを支える場になっていたりする。そういう試みを社会のなかで活かすための可能性がたくさんあります。そこで、土地のフィールドワークや地誌の調査をベースに、蔵元さんなどとの新商品開発やイベントの企画をするようになったんですね。

山梨県甲府の老舗味噌屋「五味醤油」のパッケージ、会社案内、WEB等のデザイン(アートディレクション、イラスト:小倉ヒラク)
山梨県甲府の老舗味噌屋「五味醤油」のパッケージ、会社案内、WEB等のデザイン(アートディレクション、イラスト:小倉ヒラク)

—フィールドワークといえば、小倉さんは大学で文化人類学専攻でしたよね。

小倉:はい。まさにここで「これ、自分が大学で学んだ文化人類学とつながる!」と確信したんです。もう普通の仕事している場合じゃない、僕が今まで培ってきたスキルを発酵とつなげるんだ!と勢いづいて(笑)、そこから「発酵デザイナー」を名乗ることにしました。

—では小倉さん自身にとって、発酵の魅力とは?

小倉:発酵は「オルタナティブを示してくれる」存在。その理由は主に2つで、まず、人間から見ると絶対的な他者性の世界だからです。そもそも相手が人間じゃない(笑)。実際に発酵食品を作るのは菌たち。僕たちヒトは直接ものづくりをすることはできなくて、お酒やお味噌作りでも、言ってみれば人間は良い発酵のための環境作りしかできない。でも、だからこそ面白い。

—そのあたりは小倉さんの著書『発酵文化人類学』(2017年)に詳しいですね。微生物と発酵食の関わりをときに恋愛やアートにもたとえ、人間社会や自然と付き合うヒントをくれます。

小倉ヒラク『発酵文化人類学 微生物から見た社会のカタチ』
小倉ヒラク『発酵文化人類学 微生物から見た社会のカタチ』(Amazonで見る

小倉:発酵がオルタナティブである理由のもうひとつは、考えるべき時間のスパンがすごく長いこと。IT業界がドッグイヤー(犬の1年は人間の7年に相当するとの意味から、短期間で激変すること)なら、発酵の世界は「逆ドッグイヤー」で、100年単位でさかのぼったり、先を見たりするのが当たり前の感覚です。

—つまり「標準」の視点とは違うところから、重要なことを見つめられる?

小倉:はい、それで言うと文化人類学も、常に時代のなかでオルタナティブを提示する一面があります。この領域のオリジネイターであるレヴィ=ストロースやブロニスワフ・マリノフスキらもそうだったと思う。「未開」の民族を自分たち文明人が啓蒙する存在ではなく、むしろ彼らから学ぼうとし、野蛮なのはむしろ我々では? と問いかけたわけですから。

小倉ヒラク

Page 1
次へ

イベント情報

『BENTO おべんとう展-食べる・集う・つながるデザイン』

2018年7月21日(土)~10月8日(月・祝) 会場:東京都 上野 東京都美術館 ギャラリーA・B・C

時間:9:30~17:30(金曜は20:00まで、入室は閉室の30分前まで)
参加作家:
阿部了
大塩あゆ美
小倉ヒラク
北澤潤
小山田徹
平野太呂
マライエ・フォーゲルサング
森内康博
休室日:月曜日、9月18日、9月25日(8月13日、9月17日、9月24日、10月1日、10月8日は開室)
料金:一般800円 大学生・専門学生400円 65歳以上500円
※高校生以下無料
※障害者手帳帳、愛の手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、被爆者健康手帳をお持ちの方と付添者1名は無料
※8月15日、9月19日は65歳以上入場無料
※10月1日は都民の日により無料

プロフィール

小倉ヒラク(おぐら ひらく)

発酵デザイナー。「見えない発酵菌たちのはたらきを、デザインを通して見えるようにする」ことを目指し、東京農業大学の醸造学科研究生として発酵を学びつつ、全国各地の醸造家たちと商品開発や絵本・アニメの制作やワークショップをおこなっている。書籍『てまえみそのうた』でグッドデザイン賞2014受賞。自由大学や桜美林大学等の一般向け講座で、発酵学の講師も務めている。2015年より「こうじづくりワークショップ」を全国で展開中。著書に『おうちでかんたん こうじづくり』『図書館版 発酵菌ですぐできる おいしい自由研究』など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ひかりの歌』特報

「光」をテーマにした短歌コンテストで1200首のなかから選出された4首を原作とする映画『ひかりの歌』。プラネタリウムの流れ星や、濡れた道を照らす自販機に、人はどんな瞬きを感じとるのだろう。特報の息遣いが胸に貼りついて離れず、映画館の暗闇で同作に出会える春が待ち遠しい。(井戸沼)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に