特集 PR

振付家パウラ・ロソレンが超えようとした、典型的なダンスの限界

振付家パウラ・ロソレンが超えようとした、典型的なダンスの限界

『Dance New Air 2018』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:西田香織 通訳:相磯展子 編集:石澤萌、川浦慧、宮原朋之

例えば、休日の東京の湾岸エリアに行くと、大勢がエアロビクスやヨガに興じる風景に出くわすことがある。多くの場合スポーツメーカーなどが主催しているこういったイベントを見ると、健康や美に対する人々の執着や欲望を垣間見ることになるが、ちょっと意識を変えて、これを「コンテンポラリーダンス」として見てみるとどんなことが起きるだろうか?

ドイツを拠点に活動するアーティスト、パウラ・ロソレンが試みているのは、そんな視点の変換による、新しい動きの発見である。10月から始まるダンスフェスティバル『Dance New Air 2018』でアジア初上演される『Aerobics!- A Ballet in 3 Acts』は、無音のなかで延々とエアロビクスの動きを見せる奇妙な作品だ。ユーモラスであるばかりでなく、何らかの不気味さも感じさせる同作は、どのようなアイデアから構想されたのだろうか? 公演を前に来日したロソレンに話を聞いた。

誰もが知っているエアロビクスを題材にすることで、ダンスの持つ限界を逸脱したかったんです。

—今回東京で上演されるコンテンポラリーダンス『Aerobics! A Ballet in 3 Acts』は、その名のとおりエアロビクスを題材にしています。なぜエアロビクスだったのでしょうか?

ロソレン:アイデアが浮かんだのは2012年頃だったでしょうか。当時流行していたダンスの傾向に対して、ちょっと批判的に反応したかったんです。

—どんな流行だったのですか?

ロソレン:とても強いコンセプトやアイデアがあるけれど、舞台上ではあまり動きのないもの。想像しているものと現実に起こることの間に齟齬があるようなダンスですね。それに対して、動きがあって、なおかつコンセプチュアルであり、そしてインパクトを持った作品を作りたいというのが出発点でした。アーティスト自身にとってだけでなく、観客にとってもフィジカルな体験を生み出したかったんです。

パウラ・ロソレン
パウラ・ロソレン

—ロソレンさんはフランクフルトを拠点に活動していますが、今おっしゃったような傾向はドイツ特有のもの?

ロソレン:もちろん、いろんな傾向が同時にあります。例えば州が運営する劇場では、典型的なダンス作品が上演されることが多いですが、その外側のオフシーンでは実験的な内容が好まれます。私が言っているのは後者のほうですね。

しかし後者にも、ある「典型」というものがあって、そのために常に観客が限定されていて専門的すぎるんです。この限界を逸脱していくことが私の活動の軸にあり、エアロビクスを題材に選んだ理由もそこに関係しています。誰もが知っているエアロビクスやバレエを題材にすることで、普段はダンスを見ない人の興味をそそるものを作ろうと考えたのです。ダンスをエリート層に向けて限定されたジャンルにしたくなかったんですよ。

—たしかにエアロビクスは、フィットネスの一種として世界中で親しまれていますね。

ロソレン:そう。視覚的に豊富な動きを持っていても、一般には「ダンス」と思われていない点も重要でした。一見するとダンスではないものからダンス的な要素を抽出していくというのは、私の作品メソッドの一つです。

パウラ・ロソレン

—日本人がエアロビクスに主に感じるのは、衣装や表情のファニーさ、あるいはダイエットのために一生懸命になっている人の熱心さだったりします。でも、この作品では愉快な要素に特化してはいないですよね。非常に技巧的な振付とフォーメーションの複雑な展開は、明らかにプロフェッショナルの仕事です。そこにはバレエの精密さも感じます。

ロソレン:私があえてコミカルな要素を取り上げなかったのは、エアロビクスにはあまり知られていない歴史的背景があるからです。エアロビクスは1980年代に世界的に流行するのですが、そのスタートは1969年あたりで、最初はアメリカ空軍のパイロットの訓練として開発されました。そして約10年後に世界中に伝播していくわけですが、それはその当時の仕事中毒的傾向、消費社会、自己啓発といった時代的流行と結びついていました。

—「タフさ」が人に求められた時代ですね。日本だと「24時間戦えますか?」という栄養ドリンクのキャッチコピーを思い出します。

ロソレン:それは作品の目的とも合致しています。約1時間の上演はかなりハードな運動ですが、パフォーマーが疲れていく過程や身体的な弱さ・脆さを絶対に見せないというのは大きなポイント。それはバレエにも共通する要素でしょう。もう一つ意識したのは、作品から音楽の要素を取り除くことです。パフォーマーたちは無音のなかでエアロビクスを行いますが、音楽は観客の意識に対して非常に操作的な傾向を持っているので、これをなくすことで動きに焦点を当てました。

—カラフルな衣装を身につけたパフォーマーたちが無心で運動し続ける様子には、ある不気味さがありますね。その一方で、黄色のコスチュームを着たぽちゃり体型の男性に目が向きます。キュートですよね!

『Aerobics!- A Ballet in 3 Acts』photo: Alex Brenner 
『Aerobics!- A Ballet in 3 Acts』photo: Alex Brenner

ロソレン:いかにもダンサー的な体型じゃない人をあえて選んでいるんですよ。ちょっとぽっちゃりした人、胸の大きな女性、すごく細い人だとか。いろんな体型の人を選ぶことで、パフォーマーを観客にとって自己投影できる鏡として機能させたかったんです。

私自身、観客として劇場に行く機会は多くありますけど、ある種の近寄り難さを身にまとったパフォーマー、それを当たり前のことにしている作品に接すると居心地の悪さを感じてしまいます。そういった観客とパフォーマーの間にある溝を埋めていきたいんです。

Page 1
次へ

イベント情報

『Dance New Air 2018』
『Dance New Air 2018』

2018年10月3日(水)~10月14日(日)
会場:スパイラルホール、草月ホール、草月プラザ、ゲーテ・インスティトゥート、東京ドイツ文化センター、VACANT、シアター・イメージフォーラム、青山ブックセンター本店、スタジオアーキタンツ、リーブラホール、ワールド北青山ビル

プロフィール

パウラ・ロソレン

1983年、アルゼンチンに生まれ、現在はドイツのフランクフルトを拠点とする振付家、ダンサー。エッセンのパクト・ツォルフェライン、ポーランドで開催された『ヨーロッパ・コンテンポラリーダンス・フェスティバル』など、各地の重要な劇場で作品を上演。2014年にはパリの国際コンクール「ダンス・エラジー」で優勝した。2016年にコンテンポラリーダンスの祭典『タンツプラットフォーム』にて披露した作品『Aerobics!- A Ballet in 3 Acts』を、東京・青山で開催される『Dance New Air 2018』でアジア初上演予定。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで