特集 PR

岸田メル×SUZURI People 表現者にとって現代は生きやすい時代か

岸田メル×SUZURI People 表現者にとって現代は生きやすい時代か

SUZURI People
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:鈴木渉 編集:川浦慧

クリエイター、アーティスト自身が個々にメディアとなって発信できる現代は、表現者にとって生きやすい時代だろうか? デビューまでのハードルは低くなり、等身大のサクセスストーリーも多く聞く。けれども、SNSのフォロワー数で作家の人気や価値をはかったり、生活のためのアルバイトに追われて創作時間がとれないなど、生きやすいようで生きにくい、というのが実情だろう。

そんな表現者を取り巻く環境に一石を投じようとするのが、GMOペパボがオリジナルグッズ作成・販売サービス「SUZURI」の一機能としてリリースした「SUZURI People」だ。クリエイター支援のためのサポート環境を手軽に構築できるという同機能は、クリエイターのためのどんな未来図を予知しているのだろうか?

同機能のプロダクトオーナーである松下博茂が対話を熱望したのが、岸田メルだ。ライトノベル、ゲームなどのキャラクターデザインで知られる同氏は、SNSの活用やセルフプロデュースを通して作品を発表し続けてきた一人。岸田は、現在の創作環境についてどんな意識を抱いているのだろうか? 作品を生み出すクリエイターと、作品を盛り付けるための器を作るプロダクトオーナーの対話から、創造することの未来を考える。

クリエイターには無欲な人も多いので、絵を描いてアルバイトをしている人も、まだまだいます。(岸田)

—「SUZURI People」はクリエイター支援のためのプラットフォームだそうですが、具体的にどんなことができるのでしょう? そして、なぜ松下さんたちはクリエイター支援の必要を感じたのでしょうか?

松下:「SUZURI People」を一言で説明すれば「ファンクラブを誰でも簡単に作れる」機能です。例えばミュージシャンのファンクラブって、入会すると特典として会員限定の日記が読めたり、ライブチケットの先行購入枠がゲットできたりするというイメージですが、「SUZURI People」もそれに近いです。

月額制で、300円〜最高10万円まで、クリエイター自身が設定することができ、集まった支援金額の内、プラットフォーム手数料(利用料金・決済手数料含む)の10%を引いた金額が支援額としてクリエイターに届きます。そして、クリエイターはサポーターに対して、待受画像やオフショット、日記などを特典としてプレゼントできる。要は「場所を作る」と「お金を集める」を2ついっぺんにできる機能です。

松下博茂(「SUZURI People」プロダクトオーナー)
松下博茂(「SUZURI People」プロダクトオーナー)

—5月から一部クリエイターへの限定公開を行い、9月5日に全体公開をして誰でも使えるようになりました。イラストレーターや工芸作家だけでなく、歌人やロボットクリエイターも参加しています。多様な顔ぶれです。

「SUZURI People」
「SUZURI People」(サイトを見る

松下:もともと弊社(GMOペパボ)は、17年前に安価に借りられるレンタルサーバー「ロリポップ!」を立ち上げたところから始まっていて、「インターネットで可能性をつなげる、ひろげる」をミッションに掲げ、「SUZURI」をはじめ、国内最大のハンドメイドマーケット「minne」など、インターネットを使ったクリエイター支援にも注力してきました。

岸田:「ロリポップ!」は僕もずっと使ってます。

松下:ありがとうございます! この数年で世の中がさらに変わり、クラウドファンディングや投げ銭制の普及で、お金の流れがなめらかになりました。そんな時代に僕らが今できることとして、ファンとクリエイターを直接つないで、中間マージンをできるだけ少なくし、もっとダイレクトに創作支援ができる環境の提供があると思って企画・開発を始めたのが「SUZURI People」の成り立ちですね。

—情報技術の発展は、クリエイターの活動方法も多様にしていますから、時代に寄り添ったサービスとも言えそうです。

松下:ただ、一方で課題も多くあるということも認識しています。例えば、受け手目線だとかなり売れっ子に見えるクリエイターでも、本業だけでは生活できず、じつはアルバイト生活をずっと続けていて、創作の時間を十分に確保できていなかったりするんですよね。

これはコアなファンの人にとっても重大事で。「SUZURI People」を作る前に行った調査でも、好きなクリエイターに対して求めることとして、「ずっと活動を続けてほしい」、「オリジナルの作品をどんどん生み出してほしい」という声が多く上がりました。

—即物的にモノがほしいわけではなくて。

松下:そうなんです。そういう意味でも、「SUZURI People」が、そういう気持ちを持ってクリエイターを応援しているファンの方との橋渡し的な役割を担う存在になりうる可能性はまだまだあるなと。

—クリエイターが、アルバイト生活から脱却できないというのは昔からある苦労話ですが、岸田さんの周囲にもそんな人たちが大勢いたのでは?

岸田:はい。これは僕らの業界構造の話で、例えば出版社さんからいただく仕事だけだと、かなり知名度があってもなかなか豊かな暮らしはできない。だから商業で知名度を上げて、同人活動で稼ぐ、というのは昔からある方法でした。

岸田メル
岸田メル

岸田:最近は、職種によっては若手でも作家の仕事オンリーでやっていける場合もありますし、例えば「SUZURI」さんのようなサービスを活用してグッズを自主制作・直販して利益を上げている人もいますから、クリエイターの稼ぎ方の幅は確実に広がっています。一方で、クリエイターには無欲な人も多いので、ひたすら絵を描いて、アルバイトをして……という人もまだまだたくさんいます。もちろんどっちがいい、わるい、って話ではなくて、人それぞれの創作環境だと思うんですけどね。

Page 1
次へ

サービス情報

SUZURI People
SUZURI People

「SUZURI People」は、活動の幅を広げるための資金を集めたいクリエイターが月額制コミュニティを開設し、そのクリエイターを応援したいファンから支援を受けることができる「応援される」「応援できる」クリエイター支援プラットフォームです。

2018年9月5日より本公開開始

プロフィール

岸田メル(きしだ める)

イラストレーター、キャラクターデザイナー。1983年生まれ。

松下博茂(まつした ひろしげ)

2015年株式会社GMOペパボ入社。ホームページ作成サービス「グーペ」のディレクターを経て、現在は「SUZURI People」のプロダクトオーナーを務める。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年