特集 PR

鼓童・住吉佑太が挑む新境地。太鼓のイメージをどう打ち破る?

鼓童・住吉佑太が挑む新境地。太鼓のイメージをどう打ち破る?

鼓童『巡−MEGURU−』
インタビュー・テキスト
内田伸一
撮影:岡本隆史 編集:石澤萌、宮原朋之

結成から37年。世界50か国で6000回を超えるステージを重ね、BRAHMANやAI、初音ミクらとも共演、今年は『フジロック』のステージにも立った演奏家集団がいる。その名は太鼓芸能集団「鼓童」。

鼓童といえば「半纏(はんてん)姿で太鼓を打ち鳴らす伝統芸能集団」をイメージする人も多いが、27歳の俊英・住吉佑太が演出する全編新曲のツアー公演『巡−MEGURU−』では、スティーヴ・ライヒを思わせるミニマルミュージック的導入からのエモーショナルな展開、コンテンポラリーダンス的演出からフェスティバルのような解放感に至る構成など、新境地に挑む。

改めて鼓童の歴史をひもとけば、約半世紀前に新潟県佐渡島で各地の若者が集った黎明期から、伝統芸能だけでなく、同時代の表現にも刺激を求めた創造の連続だった。だから今回の挑戦も、実は極めて「鼓童的」なのかもしれない。継承と創造を巡るその旅を、「自分たちは鼓童に憧れて入ってきたけれど、そのコピーバンドではいけない」と語る住吉の想いを聞いた。

初めての人にも、もともと太鼓が好きな人にも太鼓の本質的な魅力が伝わる舞台を作りたいんです。

—今回は、最新公演『巡−MEGURU−』特別公開リハーサルの直後にお話を伺います(取材は2018年4月23日、鼓童の拠点である新潟県佐渡島で行われた)。秋の本公演前に、地元・佐渡の方々や関係者に舞台をお披露目するものでしたが、反応はいかがでしたか?

住吉:予想以上に多くの方が暖かく受け入れてくれた一方で、厳しい意見をくださった方もいました。坂東玉三郎さん(歌舞伎役者。2012年から4年間、鼓童の芸術監督を務めた)も佐渡まで観に来てくださり、いろいろと貴重な助言を頂きました。

住吉佑太
住吉佑太

住吉:玉三郎さんがよくおっしゃる言葉で「たとえ自分たちのことを嫌いな人が観ても、『悔しいけど面白い』と言わせる舞台を作りなさい」というのがあります。ただ褒めるより、批判的なことを伝える方が本気でエネルギーを使ってくれている。そうした応援と叱咤の声を大事に反映して、本公演に向けて一層ブラッシュアップするつもりです。

—今回はそれだけ挑戦的な内容とも言えるでしょうか。鼓童は前身時代を含めれば半世紀近い歴史があり、太鼓のアンサンブル公演の草分け的存在です。一方、いま27歳の住吉さんからは若い世代が抱く太鼓のイメージを変えたい、という言葉がありました。

住吉:鼓童が長く活動するなかで、近年は公演にきてくださる方々の年齢層もだんだん高くなる傾向にあります。もちろん、共に歳月を重ねていけるのはありがたいことですが、以前は僕らくらいの世代、20代の方々が未体験の舞台表現として面白がってくれていたと思うんですね。だから今回、初めて舞台を任せてもらえる機会を得た自分としては、改めてそこを目指せたらと考えました。

—鼓童の魅力を新たな層に届けるということでは、ジャンルを超えたミュージシャンとの共演や、この夏の『フジロック』出演なども挙げられると思います。今回は、鼓童としてのツアー公演でそこに本格的に挑む点が大きいでしょうか。

2018年6月には、2回目となる初音ミクとのコラボ公演も実施
2018年6月には、2回目となる初音ミクとのコラボ公演も実施

住吉:そうですね。たとえばいま、僕の同世代が「太鼓」と聞いてイメージするのは「ドドーンがドン、カラカッカ!」というお祭り囃子のようなものが多いと思います。ともすれば主張が強すぎて押し付けがましい、舞台は一幕みたらお腹いっぱい、みたいなとっつきにくさを感じられているのかもしれません。ですから、そうしたイメージを取り払い、初めての人にも、もともと太鼓が好きな人にも太鼓の本質的な魅力が伝わる舞台を作りたいんです。

—マリンバを大胆に取り入れたテーマ曲群『巡』や、公演後半の踊り出したくなるようなハイライトは、その象徴的なものかと思います。また、衣装も非常にシンプルでスタイリッシュなものになっていますね。

従来の鼓童とは異なる、スタイリッシュな印象の『巡−MEGURU−』の衣装
従来の鼓童とは異なる、スタイリッシュな印象の『巡−MEGURU−』の衣装
『巡−MEGURU−』特別公開リハーサルの様子
『巡−MEGURU−』特別公開リハーサルの様子

住吉:逆説的ですが、そうした挑戦も、鼓童の「芯」の部分はどういう表現をとってもブレない、同じところに行き着くのだと思っているからこそです。今回の公演には「魂を、聞け。」というキャッチコピーがありますが、これも自分たちの魂の震えのようなものを太鼓にぶつけるということ。だからこそ、お客さんに向けて太鼓という伝統芸能の入り口をどう広げられるのか、その可能性を強く意識しています。

住吉佑太

—鼓童には『道』のような王道的公演がありますね。こちらは太鼓の力強さや情熱を存分に感じられる舞台です。鼓童の歴史の最先端に立つ住吉さんも、「ここは引き継いでいく」と決めているところはありますか?

住吉:一番感じているのは、知識ではなく本能に訴えかけるものであるべきだということですかね。たとえば、公演の「あらすじ」や「解説」がぎっしり書いてあるパンフを見ながら、「ああ、ここはこういうことを表現したのか」「この拍子の曲に、あえてこのリズムを使ったんだな」と納得してもらうことではなくて。単純に気持ちいいとか、「昂ぶる」ということを大事にしていく必要があると思っています。

もっとも、それは芸術すべての核にあるもので、だから人はライブやコンサート、あるいは美術館に行くのかもしれません。知識や理屈という多様な入り口はあっても、結局なかに進んでいって見つけるものは、そうした本能的ななにかではないかと僕は思うんです。

Page 1
次へ

イベント情報

『巡 -MEGURU-』
『巡 -MEGURU-』

演出:住吉佑太
出演:鼓童

2018年11月3日(土)
会場:香川県三豊市 三豊市文化会館マリンウェーブ

2018年11月4日(日)
会場:愛媛県松山市 松山市総合コミュニティセンター 文化ホール

2018年11月7日(水)
会場:高知県高知市 高知市文化プラザ かるぽーと 大ホール

2018年11月9日(金)
会場:広島県広島市 アステールプラザ 大ホール

2018年11月10日(土)
会場:山口県下関市 菊川アブニール

2018年11月13日(火)
会場:岡山県倉敷市 倉敷市芸文館

2018年11月15日(木)
会場:鳥取県鳥取市 鳥取市民会館 大ホール

2018年11月17日(土)
会場:山口県岩国市 シンフォニア岩国 コンサートホール

2018年11月21日(水)~2018年11月22日(木)
会場:大阪府大阪市 森ノ宮ピロティホール

2018年11月23日(金)~2018年11月24日(土)
会場:滋賀県大津市 滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール 中ホール

2018年11月27日(火)
会場:愛知県刈谷市 刈谷市総合文化センター大ホール

2018年11月28日(水)
会場:岐阜県多治見市 多治見市文化会館(バロー文化ホール)

2018年11月30日(金)
会場:新潟県新潟市 新潟県民会館 大ホール

2018年12月1日(土)
会場:長野県長野市 長野市芸術館 大ホール

2018年12月7日(金)
会場:千葉県船橋市 船橋市民文化ホール

2018年12月8日(土)
会場:神奈川県茅ケ崎市 茅ケ崎市民文化会館大ホール

2018年12月9日(日)
会場:埼玉県熊谷市 熊谷文化創造館 さくらめいと

2018年12月11日(火)
会場:神奈川県横浜市 神奈川県民ホール 大ホール

2018年12月15日(土)
会場:東京都調布市 調布市グリーンホール 大ホール

2018年12月16日(日)
会場:東京都福生市 福生市民会館

2018年12月19日(水)~2018年12月23日(日)
会場:東京都文京区 文京シビックホール 大ホール

プロフィール

住吉佑太 (すみよし ゆうた)

1991年生まれ。小学校2年生より和太鼓を始める。2010年研修所入所、2013年よりメンバー、「大太鼓」やソリストに抜擢される。舞台では主に、太鼓、笛、『混沌』公演ではドラムを担当。軽やかなバチ捌きを得意とし、また“草分け”、“結”、“炯炯”、“綾織”など舞台の要となる数々の楽曲を生み出す、鼓童のサウンドメーカー。2017年、『打男』北米・国内ツアー参加。『坂東玉三郎がいざなう鼓童の世界』、『幽玄』で坂東玉三郎氏と共演。2018年『Evolution』ヨーロッパツアー参加、『巡 -MEGURU-』で初演出を務める。

関連チケット情報

2021年10月17日(日)
祭音~MATSURINE 2021~
会場:霧島市民会館(鹿児島県)
2021年10月30日(土)
鼓童/東京交響楽団
会場:ミューザ川崎シンフォニーホール(神奈川県)
2021年11月14日(日)
鼓童
会場:サンポートホール高松 大ホール(香川県)
2021年11月17日(水)
鼓童
会場:広島上野学園ホール(広島県)
2021年11月20日(土)
鼓童
会場:佐賀市文化会館 中ホール(佐賀県)
2021年11月25日(木)〜11月28日(日)
特別企画 鼓童創立40周年記念公演
会場:オーチャードホール(東京都)
2021年12月5日(日)
第388回市民の劇場 創立40周年ツアー第三弾「鼓童ワン・アース・ツアー2021~童」
会場:岐阜市民会館 大ホール(岐阜県)
2021年12月11日(土)
鼓童
会場:森町文化会館 大ホール(静岡県)
2021年12月16日(木)
鼓童
会場:新潟テルサ(新潟県)
2021年12月18日(土)
鼓童
会場:長岡市立劇場 大ホール(新潟県)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性