特集 PR

水野学 くまモンを生んだ、機能を徹底して考えるデザイン哲学

水野学 くまモンを生んだ、機能を徹底して考えるデザイン哲学

『good design company 1998-2018』
テキスト
中村志保
撮影:鈴木渉 インタビュー・編集:木村直大

「くまモン」をはじめ、アパレルブランド、劇場、大学、鉄道……と、枠にとらわれないジャンルのデザインやブランディングを手がけてきた水野学。彼が代表を務める「good design company」は今年で設立20周年を迎え、これまでの活動の軌跡を辿る展覧会『good design company 1998-2018』がクリエイションギャラリー G8(銀座)にて開催中だ。

日々、目にする商品やサービスはどのようにデザインされているのか、課題をどのようにデザインで解決するのか、その制作の現場を垣間見ることができる貴重な機会である。デザインで世の中をよくするとは? デザインとは何か? 水野に話を聞いた。

「どうしてデザインが必要なのか」というところから考えたいという思いがすごく強かったんです。

—水野さんの手がけたデザインはくまモンをはじめ、普段から目にする機会も多いですが、水野さん自身のことはあまり知られていないように思います。まずは、デザイナーになった経緯をお聞かせいただけますか。

水野:小さい頃は本当にわんぱくだったんですよ。外で木登りして転げ回って。でも、小5の時に交通事故に遭って大怪我をしてしまい、何年も激しい運動ができなくなってしまったんです。好きな野球もできなくなってしまって。

水野学
水野学

—子供ながらに、だいぶショッキングな出来事ですね。

水野:思い返せばそれが一番大きなきっかけなんですよね。僕は一人っ子ということもあって、時代的にも家で遊べるものが普及しているわけではなかったし、1人で時間を過ごすとなると自然と絵を描くことに向かっていました。その後、中学校で面白い美術の先生と出会って、美大へ行きたいと思うようになったんです。

—彫刻や絵画など美大の専攻にもいろいろありますが、最終的にデザインを選んだのはなぜですか?

水野:美術やデザインの大学を選ぶということは、高校生の時点で就職を決めるようなものなんです。他の選択肢がなくなりますから。その美大の中でも一番潰しが利くのがデザインかな、と(笑)。デザインでは立体系とグラフィック系の2つを受験したんですが、受かったのはグラフィックでした。

—大学卒業後に就職して3年目に「good design company」を立ち上げています。一般的に考えると、起業のタイミングがとても早いですよね。

水野:理由の1つは、事故のこともあって、腰の調子があまりよくなかった。すごくハードワークだったので、ずっとイスに座っていなければいけないサラリーマンとしてのデザイナーは辛かったんです。

もう1つの理由は、「どうしてデザインが必要なのか」というところから考えたいという思いがすごく強かったんですね。僕は、問題を発見することや問題を解決することの1つの手段としてデザインを用いるという考えを持っていて、「デザイナー」という職業自体に執着していたわけではありません。そういった考えを言語化できるようになったのは、もう少し後になってからですが。

水野学
水野学
Page 1
次へ

イベント情報

『good design company 1998-2018』

2018年9月12日(水)~10月18日(木)
会場:東京都 銀座 クリエイションギャラリーG8
時間:11:00~19:00
休館日:日曜・祝日
料金:無料

プロフィール

水野学(みずの まなぶ)

クリエイティブディレクター/クリエイティブコンサルタント/good design company代表。1972年東京生まれ。1996年多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。1998年good design company設立。ゼロからのブランドづくりをはじめ、ロゴ制作、商品企画、パッケージデザイン、インテリアデザイン、コンサルティングまでをトータルに手がける。主な仕事に、相鉄グループ「デザインブランドアッププロジェクト」、熊本県「くまモン」、イオンリテール「HOME COORDY」、中川政七商店、久原本家「茅乃舎」、「Oisix」、東京ミッドタウン、興和「TENERITA」、黒木本店、VERY×ブリヂストンコラボ自転車「HYDEE.Ⅱ」、NTTドコモ「iD」ほか。自ら企画運営するブランド『THE』ではクリエイティブディレクションを担当。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『LAPSE』予告編

柳俊太郎、SUMIREらが出演するBABEL LABEL製作の映画『LAPSE』の予告編。SALU書き下ろしの主題歌“LIGHTS”と共に頭に流れ込む3篇のシーンやセリフに魅了され、近いようで遠く、遠いようで近い世界観に引き込まれる。一瞬、現れるメッセージ「未来に抗え。」。この力強い一言には、どんな想いが込められているのだろうか。(角田)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業