特集 PR

日本と台湾の音楽関係者が語る、一歩踏み込んだ文化交流のカギ

日本と台湾の音楽関係者が語る、一歩踏み込んだ文化交流のカギ

TAIWAN BEATS
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:伊藤惇 編集:山元翔一

8月20日に「台湾の音楽のいまが体験できるイベント」として『2018 TAIWAN BEATS』が渋谷WWW Xで開催され、今年の『SUMMER SONIC』にも出演したクラウド・ルー(盧廣仲)とFire EX.(滅火器)に、Sunset Rollercoaster(落日飛車)を加えた3組が熱演を繰り広げた。こうしたイベントは、中国や韓国、タイなども含めた日本とアジアの音楽市場の接近を示す一例であり、最近は日本のバンドがアジア圏でライブをする機会も非常に多くなっている。

そんな現状を紐解くべく、国内外のフェスに多数出演している台湾を代表するメタルバンドCHTHONICのドリス・イエと、ライブハウス・新代田FEVERの店長・西村等との対談を実施。ドリスは台湾最大級のロックフェス『Megaport Festival』のオーガナイザーでもあり、国内のバンドの海外進出を手助けする活動をしてきた台湾音楽界のキーパーソンの1人。一方の西村も、近年アジアの各地へ積極的に足を運び、今年3月には日本のバンドを連れて、『FEVER TOURS in Thailand 2018』を成功させている。2人の対話から、「国」と「個人」がダイナミックに絡み合う、アジアの今を感じてもらいたい。

バンドによっては、地方よりも台湾のほうが聴かれてるケースもある。(西村)

—ドリスさんはどのように『TAIWAN BEATS』に関わるようになったのでしょうか?

ドリス:私は大学生のときからバンド活動をする一方で、ライブハウスの運営など裏方としてもいろんなことをやってきたんです。『TAIWAN BEATS』には、5年前に政府から声がかかって関わるようになりました。当時、台湾のバンドをどうやって海外に広めていくかを悩んでいたようで、すでに海外で活動していたCHTHONICのメンバーとして、アドバイスを求められました。

近年は国内で『Megaport Festival』に関わりつつ、台湾のバンドが国外のフェスに出演するための手助けをしています。日本では、『FUJI ROCK FESTIVAL』や『SUMMER SONIC』、今年は『SYNCHRONICITY』と実績はいろいろありますね。

—台湾のフェス市場は現在どのくらいの規模感なのでしょうか?

ドリス:近年の台湾のフェス市場は非常に活発で、規模も内容も多様化してきていて、参加者も数百人から数万人まで幅広くあります。ロックフェスだと、『Megaport Festival』はインディーズファンにウケがよくて、参加者は3万人以上。そのほか、『Spring Scream』は台湾国内のインディーズアーティストがメインで、参加者は1万人以上、政府開催の『Ho-hai-yan Rock Festival』は、ポップカルチャーとアーティストコンテストを売りにしています。

ドリス・イエ(TAIWAN BEATS、CHTHONIC)
ドリス・イエ(TAIWAN BEATS、CHTHONIC)

『Megaport Festival』の模様
『Megaport Festival』の模様

—西村さんがアジアの動きに興味を持つようになったのは、どんなきっかけがあったのでしょうか?

西村:新代田FEVERは来年で10年目なんですけど、営業が安定してきた3年目くらいに、たまたまタイの方から「ライブハウスを個人で経営していることに興味がある」っていう相談を受けたんです。タイって、それまでライブハウスがなかったみたいで。喫茶店とか街中とか、どこでもライブをやっちゃうから、「ライブハウス文化」っていうものがなかったんです。

でも、個人でライブハウスをやってる人って、日本でもかなり少ないんですよ。だから僕のところに話が来て。そういうことがきっかけで、アジアのライブハウス事情が気になって、それからいろんな国に行ってみるようになりましたね。

西村等(新代田FEVER)
西村等(新代田FEVER)

『FEVER TOURS in Thailand 2018』より。演奏しているのはタイのポストロックバンド、Inspirative。会場はバンコクのRockademy
『FEVER TOURS in Thailand 2018』より。演奏しているのはタイのポストロックバンド、Inspirative。会場はバンコクのRockademy

—ドリスさんは近年の日本と台湾のバンドの往来について、どのような変化を感じていますか?

ドリス:一昔前は、フェスのブッキングのために日本のバンドに声をかけても、出演を断られていたんです。当時の日本のバンドは「日本のなかだけでいいや」って感じだったのかなって。でも、最近は声をかけるとみんな興味を持ってくれて、アーティストサイドの対応がすごく変わった感じがします。

西村:最近日本でもSpotifyが伸びてきていますけど、Spotifyを使えばどこの国で聴かれているかをチェックできるじゃないですか? なので、自分の周りのアーティストからも「最近台湾でよく聴かれてるみたいで、ライブしに行きたいんですけど、相談に乗ってくれませんか?」みたいな話をされるようになりました。変な話、バンドによっては地方よりも台湾のほうが聴かれてるケースもあるので、ライブしに行ってお客さんが1人もいないってことはないだろうって。

Page 1
次へ

プロジェクト情報

『TAIWAN BEATS』

5年前から始まった台湾の音楽やカルチャーを紹介するイベント「TAIWANDERFUL」がリニューアルして「2018 TAIWAN BEATS」となり、今年も開催されました。台湾と日本のポップミュージック業界が、さらなる発展を目指して開催するイベントです。

イベント情報

『2018 TAIWAN BEATS』

2018年8月20日(月)
会場:東京都 渋谷WWW X
出演:
クラウド・ルー(盧廣仲)
Fire EX.(滅火器)
Sunset Rollercoaster(落日飛車)

プロフィール

ドリス・イエ

台湾のブラックメタル・バンド、CHTHONIC(閃靈樂團) のベーシスト兼リーダー。ベーシストとして、イギリスの専門誌『Terrorizer』と日本のロック雑誌『BURRN!』に最優秀ベーシストの3位に選出、欧米の『Metal Hammer』『Revolver』などの人気ロック雑誌でも幾度も取り上げられている。現在は、ESPベースのアジア地域の広告塔を務めている。1998年から2016年の間、台湾の大型野外ロックフェスである『Formoz Festival(野台開唱)』と『Megaport Festival(大港開唱)』の制作チームに参加し、プロモーションコーディネーターとディレクターを担当。今は『Megaport Festival』の顧問を務めている。

西村等(にしむら ひとし)

LIVE HOUSE FEVER 店長兼雑用係。19歳の夏に下北沢のライブハウスにてアルバイトを開始。23歳で店長とブッキングを兼任。約10年勤めた後、独立。2009年3月にLIVE HOUSE FEVERを新代田にてオープンさせる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース 1

    BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース

  2. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 2

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  3. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 3

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  4. 高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす 4

    高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす

  5. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 5

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  6. 平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送 6

    平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送

  7. 柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師 7

    柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師

  8. LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口 8

    LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口

  9. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 9

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  10. 野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い 10

    野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い