特集 PR

谷川俊太郎も出演、ポエトリーリーディングの祭典『UPJ6』が熱い

谷川俊太郎も出演、ポエトリーリーディングの祭典『UPJ6』が熱い

『ウエノ・ポエトリカン・ジャム6 ~はしれ、言葉、ダイバーシティ~』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:鈴木渉 編集:木村直大

昨年復活を遂げ、今年は谷川俊太郎、いとうせいこうをヘッドライナーとして、2日間にわたって開催されるポエトリーリーディングのイベント『ウエノ・ポエトリカン・ジャム6~はしれ、言葉、ダイバーシティ~』。「~はしれ、言葉、ダイバーシティ~」という副題のごとく、ポエトリーリーディングのシーンでは馴染みのある人々から、短歌や俳句、そしてヒップホップのミュージシャン、さらには一般公募のオープンマイクに至るまで、「言葉」を用いた幅広いジャンルの表現者たちが、今年もズラリと顔を揃える。昨年、主催者たちの予想以上の活況を呈し、今年は初の2日間開催に踏み切ったという『ウエノ・ポエトリカン・ジャム6』は、なぜいま復活を遂げ、多くの人々から支持されるに至ったのだろうか。

『ウエノ・ポエトリカン・ジャム6』実行委員会の2人――自身もポエトリーリーディングのシーンで活躍する代表の三木悠莉、普段は自身のレーベル「胎動」を基盤にジャンルレスに動きつつ、パンクハードコアでもバンド活動をしているikomaに話を聞いた。

初めてステージ上で自分の詩を読んでみたんですけど、「これはちょっと面白いぞ」って思って(笑)。(三木)

—そもそも『ウエノ・ポエトリカン・ジャム』(以下、『UPJ』)とは、どのような経緯で始まったイベントなのでしょう?

三木:第1回目は2000年になるのですが、詩人で作詞家のさいとういんこさんという方が始められたイベントです。そのあと数年ごとに開催されていたんですけど、途中で主催の方が変わられて。

ikoma:1回目、2回目はさいとういんこさんがメインで、3回目、4回目は、また別の方が代表をやられていたんです。

左から:ikoma、三木悠莉(ともにウエノ・ポエトリカン・ジャム6実行委員会)
左から:ikoma、三木悠莉(ともにウエノ・ポエトリカン・ジャム6実行委員会)

—それを昨年からお二方が引き継がれたと。三木さんは、2012年からポエトリーリーディングの活動を始めたということですが、それ以前は何をなさっていたんですか?

三木:詩を書くこと自体は、10代の頃からずっとやっていたんですけど、それをどこかに発表するとかはまったくやってなくて、ホントに自分の趣味としてやっていたんですよね。

私が楽しむために詩を書いているっていうのは、まわりの友だちとかも知っていたんですけど、あるときポエトリーリーディングのオープンマイクのイベントに誘ってくれた方がいて。それで、リーディングなんてしたことないし、「できるかなあ?」って思いながら、初めてステージ上で自分の詩を読んでみたんですけど、「これはちょっと面白いぞ」って思って(笑)。

三木悠莉
三木悠莉

三木:それからオープンマイクのイベントに行くようになって、そのうち他のイベントとかにもゲストで呼んでもらえるようになりました。

ポエトリーリーディングのシーンは、一人ひとりの濃さが、すごいんです。恐ろしいぐらい濃くて、キャラ立ちのすごい人たちばかり(笑)。(ikoma)

—ポエトリーリーディングの現場の何が面白いと思ったのでしょう?

三木:やっぱり、普段何をやっているのかも全然知らない人たちが、ただ本当に言葉が好きとか詩が好きっていう共通点だけで同じ会場に集まって、その場で自分の詩を読んで、また去っていくみたいなところですかね(笑)。

それが月に1回とか、同じ場所で行われているのって、すごい面白いことだなって思うんです。ある意味、日本人的じゃないというか。もちろん、ポエトリーリーディング自体、日本ではあまり活発じゃないとうのはあるんですけど、それだけに、日本においては、これからどんどん面白くなっていくジャンルなんじゃないかなって思いますね。

ポエトリーリーディングイベントでの三木のパフォーマンス

—ikomaさんは、そのシーンの何に惹かれたのでしょう?

ikoma:僕自身は単純に、そこにいる人が魅力的だったら、何か一緒にやりたいって思うタイプなんですよね(笑)。ポエトリーリーディングのシーンは、規模は小さいけど、一人ひとりの濃さがすごいんです。もう、恐ろしいぐらい濃くて、キャラ立ちのすごい人たちばかりだっていう(笑)。そこが面白いと思ったんです。

ikoma(『ウエノ・ポエトリカン・ジャム6』実行委員会)
ikoma(『ウエノ・ポエトリカン・ジャム6』実行委員会)

—なるほど。

ikoma:ただ、いまシーンの規模は小さいと言いましたけど、2000年代の半ばに『UPJ3』が開催された頃は、お客さんが1500人とか入ったり、すごい盛り上がりがあったみたいなんですよね。だから、一回盛り上がったあと、またちょっと収束した感じはあるのかもしれないですね。

Page 1
次へ

イベント情報

『ウエノ・ポエトリカン・ジャム6 ~はしれ、言葉、ダイバーシティ~』

2018年9月15日(土)、9月16日(日)
会場:東京都 上野水上音楽堂 上野恩賜公園野外ステージ

9月15日出演:
谷川俊太郎
松永天馬(アーバンギャルド)
TOLTA
コトナ
死紺亭柳竹
道山れいん
三角みづ紀
宮尾節子
文月悠光
GOMESS
東直子
北大路翼
Anti-Trench
MC Mystie with DJ soul-t
小林大吾
カワグチタケシ
村田活彦 a.k.a. MC長老
and more
9月16日出演:
いとうせいこう is the poet
町田康
ジュテーム北村
木下龍也
カニエ・ナハ
狐火
ジョーダン・A.Y.・スミス
タムラアスカ
和合亮一
MAKKENZ
桑原滝弥
花本武(ブックス・ルーエ)
猫道+タダフジカ
萩原朔美+carry音
月映TSUKUHAE
三木悠莉
and more
料金:無料

プロフィール

三木悠莉(みき ゆうり)

2012年よりポエトリーリーディングを始める。ウエノ・ポエトリカン・ジャム5、6代表。ポエトリー・スラム・ジャパン2017秋全国優勝。パリで開催されたポエトリースラムW杯に日本代表として出場。同会期中開催の俳句スラム優勝。復活の言い出しっぺとしてUPJの仕事をもりもりやっている逆境に強いポエトリーバカ一代。2児の母。この愛じゃ負けないんだ。

ikoma(いこま)

1983年生まれ。ジャンルの壁を超えるイベント「胎動」とレーベル「胎動LABEL」を主宰。Club~Livehouse、Art Galleryまで年間60本ペースでイベントを開催。高円寺フェスに「胎動 Street Special Session」、肉フェスでは「大学生ラップ選手権」として参加。ポエトリースラムジャパン東京大会を担当、対決型イベント「V系vsMETAL」、お笑い企画、短歌のマガジンの発売、Mc Battleオーガナイズなど、ジャンルの狭間を自由に行き来する。またハードコアバンド・BROKEN LIFEではヴォーカルを担当。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ 1

    ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ

  2. 次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら 2

    次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら

  3. 大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年 3

    大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年

  4. KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る 4

    KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る

  5. ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも 5

    ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも

  6. 星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも 6

    星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも

  7. BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も 7

    BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も

  8. 世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る 8

    世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る

  9. BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開 9

    BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開

  10. 草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」 10

    草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」