特集 PR

eillの物語。音痴で病弱だった少女を変えた、ビヨンセとの出会い

eillの物語。音痴で病弱だった少女を変えた、ビヨンセとの出会い

eill『MAKUAKE』
インタビュー・テキスト
柴那典
撮影:岩澤高雄 編集:山元翔一
2018/10/03

最初に聴いて「これは!」とピンとくるタイプの曲がある。新たな時代の到来を予感させるタイプの曲がある。

筆者にとっては、20歳の女性シンガーソングライター、eillが6月にリリースしたデビュー曲“MAKUAKE”がそれだった。すでに早耳の音楽ファンを中心に大きな波紋を巻き起こしつつある彼女。10月3日にリリースされたミニアルバム『MAKUAKE』は、その非凡な才能を示す1枚だ。

アーバンポップからトラップまで変幻自在なサウンド。トリプレット(三連符)を当たり前に使いこなすフロウ、そして何より伸びやかな歌声の表現力。そういったミュージシャンとしての魅力もさることながら、本作の楽曲から伝わってくるのは、eillの自然体でパワフルな女性像だ。

子ども時代にK-POPにハマり、ビヨンセやクリスティーナ・アギレラに憧れてミュージシャンを志したという彼女。そのルーツから野望まで、たっぷり語ってもらった。

中学生の頃、本気で韓国の歌手になりたいと思っていたんです。

—『MAKUAKE』は、楽曲のセンスのよさもさることながら、eillさんの人となりが伝わってくる、素晴らしいデビュー作だと思います。作り終わった手応えはどんな感じでしたか?

eill:正直、録ってる最中は無我夢中でした。方向性がバラバラになるかと思ってたんですけど、通して聴いたら意外とまとまっていて、1つのアルバムの物語ができあがったなと思いました。

eill
eill
eill『MAKUAKE』を聴く(Apple Musicはこちら

—eillさんが最初に曲を作りはじめたのはいつ頃のことですか?

eill:中学3年生のときです。今は20歳だから5年前くらいですね。

—それは何がきっかけだったんでしょう?

eill:小学校のときに、KARAとか少女時代とか韓国のアイドルがすごく流行っていて。そこから韓国のドラマも見るようになったんです。なかでも、『ドリームハイ』(韓国KBSにて2011年放送)という芸能高校を舞台にしたドラマにハマって。そこからTWICEがいる「JYPエンターテインメント」のオーディションを受けたり、授業中にもずっと韓国語の勉強したり、中学生の頃は本気で韓国の歌手になりたいと思っていたんです。

—K-POPにのめり込んだのが音楽との出会いだったんですね。

eill:最初は普通にAKB48とか嵐も好きで、それと一緒にKARAとか少女時代も聴いてたんです。ただ、最初はアイドルが好きだったんですけど、ヒップホップとかR&Bとか、いろんな音楽を聴くようになっていきました。音のかっこよさにも気づくようになったし、歌うことが好きになっていった感じです。

—だんだん音楽自体を探求していくようになった。

eill:そうなんですけど、私、もともとすごく音痴だったんですよ。でも『ドリームガールズ』(2006年公開、監督はビル・コンドン)という映画を見て、そこでビヨンセの“Listen”を聴いたんです。それで「ビヨンセの歌、ヤベえ!」ってなって(笑)。それから3か月くらいずっと“Listen”だけを練習して、なんとか歌えるようになって、歌の教室に通わせてもらうようになりました。

eill:その教室の先生が韓国人の先生で、学校が終わったあと毎日夜10時くらいまでレッスンしてたんですけど、ものすごく怖くて(笑)。毎日怒られて泣きながら練習してました。

—その頃には聴く音楽の幅も広がりました?

eill:それもビヨンセからです。そこから、クリスティーナ・アギレラとかリアーナも聴いて歌うようになって。あとは、お母さんがモータウン好きだったんで、Four Topsとかエタ・ジェイムズとか、そのあたりを聴くようになりました。

—お母さんの影響でR&Bのルーツをたどっていった。

eill:そうですね。で、最初は高校も韓国の芸術高校に入ろうと思ったんです。第一志望にもそう書いたんですけれど、お母さんに「お願いだから日本にいてください」って言われちゃって(笑)。それで、日本の高校に進学して、それと音楽専門の学校をかけ持ちするようになったんです。曲を書きはじめたのはそのあたりからですね。

Page 1
次へ

リリース情報

eill『MAKUAKE』
eill
『MAKUAKE』

2018年10月3日(水)発売
価格:2,200円(税込)
XQBZ-1039

1. MAKUAKE
2. FUTURE WAVE
3. ONE feat. K.vsh
4. HUSH
5. メタモルフォーゼ パラマジーノ
6. shoujo
7. 初恋
8. special girl
9. HUSH-MONJOE Remix- feat. Kick a Show

プロフィール

eill
eill(えいる)

東京出身のシンガーソングライター。15歳からJazz Barで歌い始め、その頃から作曲も始めるようになる。透き通る歌声、スキルフルなボーカルワークは聞く人の脳裏に惹き込み魅了する。高校生の頃には、PAELLAS のアルバム「Pressure」の収録曲“P house”にてフィーチャリング(当時は名称ENNEにて活動)。また、韓国ヒップホップシーンで活躍するアーティストRHEEHAB、OCEANとのコラボ曲「721(RHEEHAB+COCEAN)」と楽曲制作を行うなど積極的に活動しており、5月に公開された、Seihoが楽曲制作をした、中村アン出演のPEACH JOHNのCMソングでの歌唱や、SKY-HIのニューアルバム「FREE TOKYO」での「So What?? Remix feat.eill&KEN THE390」での楽曲参加もしている。2018年6月のデビュー曲「MAKUAKE」では、Apple Music今週のニューアーティストに選出され、セカンドシングル「HUSH」では高橋海(LUCKY TAPES)プロデュースによる作品をリリース。10月3日、デビューミニアルバム『MAKUAKE』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら