特集 PR

藤田貴大×又吉直樹×穂村弘 なぜ3人は今再び寺山修司に挑むのか

藤田貴大×又吉直樹×穂村弘 なぜ3人は今再び寺山修司に挑むのか

『書を捨てよ町へ出よう』
インタビュー・テキスト
徳永京子
撮影:西田香織 編集:川浦慧

巨大過ぎる才能は、時間をかけて距離を取るか、優れた解説者が存在するかしないと、なかなか全容がつかめない。寺山修司は、短歌、俳句、詩、演劇、映画、競馬、マンガなど、多岐にわたる興味の対象がどれも濃厚に仕事に昇華していて、その入口をくぐれば膨大な数の創作物が迷路のように広がり、「なにがすごいのかよくわからない伝説の人」で終わってしまう。

死後32年を経た2015年、気鋭の演劇作家・藤田貴大(マームとジプシー)が演出した舞台『書を捨てよ町へ出よう』は、コラージュという寺山の本質を鮮やかに示した。その強力なサポーターとなったのが、歌人の穂村弘と、芸人で作家の又吉直樹。この3人が再び集結して『書を捨てよ町へ出よう』に取り組む。

手始めに出演者と3人は、生前の寺山が創作と生活の拠点にした新宿で吟行(短歌や俳句を作るために出かけること)を行ったという。多忙な彼らを再び召喚したものはなんなのか。そして2018年、寺山と彼らはどこで2度目の待ち合わせをするのだろうか。

藤田くんはいつも「そこから?」と驚くくらい手前のところから創作の準備を始める。(穂村)

—今日は皆さんで、新宿で吟行をされたそうですね。藤田さん、ワークショップ的なその試みの理由を教えてください。

藤田:吟行は初演でもやったんです。僕は寺山修司にはずっと興味があって、エッセイとか短歌とか俳句とか読んではいたんですけど、3年前に舞台『書を捨てよ町へ出よう』(以下、『書捨て』)をやることになった時、やっぱりちゃんと向き合わないといけないと思ったんですね。穂村さんは、寺山についていろいろなメディアで話をしていたり、なにより同じ歌人でもあるので、出演者のみんなにたくさんのことを教えてもらいました。その一環のような感じで、短歌を詠んでみようと思ったんですね。

左から:又吉直樹、藤田貴大、穂村弘
左から:又吉直樹、藤田貴大、穂村弘

穂村:藤田方式ですよね(笑)。藤田くんはいつも「そこから?」と驚くくらい手前のところから創作の準備を始める。

藤田:寺山さんの『書捨て』は、映画と舞台と本の3バージョンがあって、同じタイトルなのに内容がまったく違う。僕が演出した舞台は映画バージョンのストーリーをもとにしていて、初演の時は、又吉さんも交えて、みんなで映画を見ながら好き勝手に感想を言い合って。

又吉:僕、初演の時は吟行は行けなかったんですけど、映画は一緒に見ましたね。

藤田:あの時間を持てたのはすごく良かった。『書捨て』に限らず、僕にとって作品作りは常にそういうところから始まります。と言うか、そこから共有しないと作品を作る意味がない。

前回の短歌をそのまま使っても成立はしますけど、作品を立ち上げていくプロセスをもう1回ゼロからやりたかった。『書捨て』の本バージョンはハイティーン詩集で、当時の若者が投書や投稿したものを寺山さんが選んでまとめたものなので、みんなの言葉を集めるのは、その方法と共通しているんじゃないかと思うんです。

藤田貴大
藤田貴大

—いろんな人の言葉を『書を捨てよ町へ出よう』というコンセプトに照らして、セレクトし、編集し、配置したセンスが、寺山のものだったわけですよね。

穂村:寺山は生前から「コラージュの天才」と呼ばれていましたよね。

—初演の『書捨て』は、映画に基づくストーリーが進んでいく一方で、その合間に、穂村さんが母親にまつわる思い出を話す映像や、又吉さんの考えたネタのコーナー、衣裳のミナペルホネンのファッションショーがいきなり挟まれるという構成でした。

前後のシーンとつながりはないので最初は驚くんですが、始まると引き込まれるし、堂々とした「いきなり感」が逆におもしろく感じられて、ストーリーや時代感よりも、寺山のコラージュの感覚を藤田さんは舞台に乗せたんだと感じました。

『書を捨てよ町へ出よう』初演時の様子(撮影:引地信彦)
『書を捨てよ町へ出よう』初演時の様子(撮影:引地信彦)
『書を捨てよ町へ出よう』初演時の様子(撮影:引地信彦)
『書を捨てよ町へ出よう』初演時の様子(撮影:引地信彦)

穂村:たしかにそうでした。今日の吟行ですごく良いなと思ったのが、ただ新宿の街を歩くだけじゃなくて、タイムトラベル的な周り方をしたんです。凮月堂(喫茶店)とかATG(アートシアター新宿文化)とかキーヨ(喫茶店)とか、今はもうない場所の跡地ツアー。つまり1960~1970年代、寺山の時代に熱かった新宿カルチャーがあった場所を、半世紀後に我々が巡るという。

だから実際には、今は違うお店や施設になっているビルの壁を見ているだけ(笑)。頭の中ではもちろんいろんなことを想像をしているんですけど。そういう不思議な短歌の作り方で、実際にできてきた作品も、例えば又吉さんの作品は、今の花園神社と、まだ売れていなかった時代の記憶の花園神社のことが詠まれていて、作品が重層的でした。

穂村弘
穂村弘

又吉:僕にとって新宿って、よく知っている街なんですよね。(よしもとの)劇場もありますし、吉本の本社もありますし、若い頃から何回も出かけて行ってる。だからいくらでも見ていたはずなんですけど、今日みたいに寺山が生きていた時代の新宿を巡るとなると、知ってるのに知らん場所みたいになる。その感覚が変というか、おもしろい。

又吉直樹
又吉直樹

—その感覚が、短歌の中に込められたんでしょうか。

又吉:僕の短歌に興味がおありのようですけど、そんなにいいのはできなかったです(笑)。

一同:(笑)。

Page 1
次へ

イベント情報

『書を捨てよ町へ出よう』
『書を捨てよ町へ出よう』

上演台本・演出:藤田貴大(マームとジプシー)
作:寺山修司
出演:
佐藤緋美
青柳いづみ
川崎ゆり子
佐々木美奈
召田実子
石井亮介
尾野島慎太朗
辻本達也
中島広隆
波佐谷聡
船津健太
山本達久
映像出演:
穂村弘(歌人)
又吉直樹(芸人)
佐々木英明(詩人)

東京公演
2018年10月7日(日)~10月21日(日)全16公演
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 シアターイースト
料金:一般前売4,800円 一般当日5,300円 65歳以上4,300円 25歳以下3,800円 高校生割引1,000円

長野公演
2018年10月27日(土)、10月28日(日)
会場:長野県 サントミューゼ(上田市交流文化芸術センター) 小ホール

青森公演
2018年11月3日(土・祝)、11月4日(日)
会場:青森県 三沢市国際交流教育センター

北海道公演
2018年11月7日(水)~11月8日(木)
会場:北海道 札幌市教育文化会館 小ホール

パリ公演
2018年11月21日(水)~11月24日(土)
会場:フランス パリ日本文化会館

プロフィール

藤田貴大(ふじた たかひろ)

マームとジプシー主宰/演劇作家。1985年4月生まれ。北海道伊達市出身。07年マームとジプシーを旗揚。以降全作品の作・演出を担当する。11年6月-8月にかけて発表した三連作「かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと、しおふる世界。」で第56回岸田國士戯曲賞を26歳で受賞。以降、様々な分野の作家との共作を積極的に行うと同時に、演劇経験を問わず様々な年代との創作にも意欲的に取り組む。2016年第23回読売演劇大賞優秀演出家賞受賞。演劇作品以外でもエッセイや小説、共作漫画の発表など活動は多岐に渡る。

穂村弘(ほむらひろし)

歌人。1962年札幌市生まれ。1985年より短歌の創作を始める。2008年『短歌の友人』で伊藤整文学賞、「楽しい一日」で短歌研究賞を受賞。2017年『鳥肌が』で講談社エッセイ賞を受賞。歌集『シンジケート』『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』『ラインマーカーズ』、詩集『求愛瞳孔反射』、エッセイ集『世界音痴』『にょっ記』『絶叫委員会』『野良猫を尊敬した日』、近著に歌集『水中翼船炎上中』。他に対談集、短歌入門書、評論、絵本、翻訳など著書多数。

又吉直樹(またよし なおき)

1980年6月2日生まれ。大阪府出身。高校卒業後、芸人を目指して上京しNSC(吉本総合芸能学院)に入学。2003年、同期の綾部祐二と共にお笑いコンビ・ピースを結成。2010年、キングオブコントで準優勝、M-1グランプリで4位に輝く。芸人活動と平行し、エッセイや俳句など文筆活動も行う。2015年1月、文芸誌『文學界』において『火花』を発表し純文学デビュー、第153回芥川賞を受賞する。2017年3月、小説第二作となる『劇場』を発表した。現在毎日新聞で『人間』を連載中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら