特集 PR

Yogee角舘健悟×Sorry Youthが語る、日本と台湾の音楽事情

Yogee角舘健悟×Sorry Youthが語る、日本と台湾の音楽事情

高雄市観光局
インタビュー・テキスト
田中佑典
撮影:鄭弘敬 編集:久野剛士

チャイルディッシュ・ガンビーノやケンドリック・ラマーら、音楽を通じて、社会にメッセージを発信するアーティストが支持を集める世界の音楽シーン。一方で、日本を含むアジアの音楽にはどういったメッセージが込められているのか?

今回は東京出身のバンド、Yogee New Wavesのフロントマン角舘健悟が登場。台湾第3の都市・高雄(Kaohsiung)を訪れ、現地のバンドSorry Youth(拍謝少年)の維尼(ウェイニ)と対談した。

日本と台湾の歴史的背景の違いや、バンドファンの反応から、それぞれの土地が持つ音楽文化に迫る。

信念を持って、音楽を続けて生きていくこと自体が、社会に対するメッセージになっていると思います。(角舘)

—今年チャイルディッシュ・ガンビーノ“This is America”が世界的に騒がれた音楽シーン。そのほかビヨンセやケンドリック・ラマーなど「社会的なメッセージ」を含んだ音楽が世界で注目されている点について、角舘さんと維尼(ウェイニ)さんはどう感じていますか?

角舘:“This is America”もそうだけど、人種差別など社会問題をエンターテイメントとして表現できるのは音楽ならではの良いところだと思う。でも、僕が住んでいるのは日本で、自分の身近に起こっていることでしか判断ができないんですよね。もしかしたら、人種差別されている人じゃないとその問題ってどう表現していいかわからないのかなって思います。

真意はわかりませんが、YMOが自分たちを「Yellow」と名付けたのは自然なことで、僕たちが「Black Yogee」と言っても仕方ない。なので、僕自身は自分のライフスタイルの圏内で起きていることを音楽にしています。

角舘健悟(Yogee New Waves)、維尼(Sorry Youth)
角舘健悟(Yogee New Waves)、維尼(Sorry Youth)

—より自分が身近に感じられるテーマで、楽曲を作っているということですね。

角舘:人種差別という話ではないかもだけど、自分の幼少時代の経験を話すと、親からのプレッシャーが強い家庭で育ってきて、99%が就職するような私立の学校に通ってたんです。その中でミュージシャンを目指そうとする自分は外れもので、常に「マイノリティー」という意識をずっと持ってきました。

こういう状態って社会の縮図で、社会でも圧倒的なマスに対して、自由業で食べていくという生き方やスタンスの人間って少数派なんです。でもそこに信念やアイデンティティーを持って、音楽を続けて生きていくこと自体が、社会の中で自分のメッセージになっているんじゃないかと思っています。

角舘健悟(Yogee New Waves)

維尼:自分も、角舘さんと同じで、親からすごく厳しく育てられてきました。そんな僕が音楽に対して大事にしていることは2つあるんです。1つは自分の内面から出てくる感情で、2つ目は外からの情報収集や知識です。

特に台湾は社会的なルールも多いし、その中で自由を求めて音楽をしている人たちも多い。自分はミュージシャンという立場で、社会的に不自由な人たちがどうしたら自由になれるかを常に考えているんです。

新しいアルバム『兄弟沒夢不應該』(2017年)は、僕たちの拠点・高雄の若者が抱えている社会問題をテーマに作った曲が多くて。さらに具体的な社会問題を曲に取り入れるだけでなく、積極的にデモに参加することで、社会に対するメッセージになればとも考えています。

維尼(Sorry Youth)
Page 1
次へ

サービス情報

Yogee New Waves
『Summer of Love』
『潮風感じる、ゆるい街 台湾・高雄』

3人の著名人の高雄旅が楽しめる、高雄市観光局の日本向け公式サイト。Yogee New Waves角舘健悟の他に、奇界遺産やクレイジージャーニーで知られるフォトグラファー佐藤健寿、モデル武居詩織が巡った高雄を掲載中。

リリース情報

Yogee New Waves
『Summer of Love』
Yogee New Waves
『Summer of Love』

2018年10月10日(水)配信リリース

イベント情報

Yogee New Waves
『CAN YOU FEEL IT TOUR』

2018年11月18日(日)
会場:静岡県 浜松 窓枠

2018年11月23日(金・祝)
会場:京都府 京都 磔磔

2018年11月24日(土)
会場:香川県 高松 DIME

2018年12月02日(日)
会場:新潟県 新潟 NEXS

2018年12月03日(月)
会場:石川県 金沢 AZ

2018年12月09日(日)
会場:愛知県 名古屋 ダイヤモンドホール

2018年12月10日(月)
会場:大阪府 大阪 BIG CAT

2018年12月13日(木)
会場:東京都 お台場 Zepp DiverCity

料金:前売3,500円(ドリンク別)

プロフィール

角舘健悟(かくだて けんご)

1991年生、東京出身。2013年にバンド、Yogee New Wavesを結成し、ボーカルとして活躍。2014年4月にデビューe.p.『CLIMAX NIGHT e.p.』を全国流通でリリース。2018年3月にはメジャーデビューとなる3rd e.p.「SPRING CAVE e.p.」をリリースし、アジア3ヶ国(台湾、香港、タイ)を含めた全12箇所のリリースツアーを開催。11月からは全国8都市でのワンマンツアー「CAN YOU FEEL IT TOUR」の開催が決定。

維尼(ウェイニ)

台湾の高雄出身。台湾のインディーロックバンド拍謝少年(Sorry Youth)ギタリストとして、2005年活動開始。1stアルバム「海口味」を2012年にリリース。台湾各フェス『大港開唱(Megaport Festival)』や『蚵寮漁村小搖滾(Small Oyster Rock)』などに出演。また日本でも『SUMMER SONIC 2015』に出演。また、文章も好きで、作詞家・ライターとしても活躍する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Elephant Gym“Moonset- Live at Underwater World Tour In Japan”

一聴・一見すると繊細に織られたアンサンブルに柔和な印象を抱く。が、極太のベースがリズムとメロディの両方を引っ張っていく様は超アグレッシヴでもある。観客も含めて会場に漂う空気は一貫して緩やかなものでありながら、なによりも3音の鋭い合気道を存分に楽しめるライブ映像だ。ビルドアップした低音に歌心を置くスタイルはまさに今だし、音の余白も心地いい。ポップとエッジィの両極をあくまで愛嬌たっぷりに鳴らす台湾出身の3ピースバンド、その魅力を1カット1カットが十二分に伝えている。(矢島大地)

  1. BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』 1

    BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』

  2. 高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真 2

    高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真

  3. 長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ 3

    長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ

  4. 女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告 4

    女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告

  5. スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」 5

    スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」

  6. 舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演 6

    舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演

  7. トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成 7

    トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成

  8. ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕 8

    ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕

  9. 21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者 9

    21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者

  10. カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密 10

    カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密