特集 PR

松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

『第31回東京国際映画祭』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:新妻和久 編集:久野剛士、川浦慧

誰にとって大切な作品を作れるか。誰にとって大切な人になるか。主演を務めた映画『勝手にふるえてろ』や、広瀬すず演じる主人公・綾瀬千早のライバル、若宮詩暢を演じたシリーズ第3作『ちはやふる -結び-』の大ヒットを経て、是枝裕和の映画『万引き家族』に出演した松岡茉優はそうした意識を強く持つ女優だ。

昨年の『東京国際映画祭』で、『勝手にふるえてろ』がコンペ部門に選出され、見事「観客賞」を受賞。さらには、昨年新設された「宝石の原石のような輝きを放つ若手俳優」に贈られる「東京ジェムストーン賞」を受賞するなど、大きな存在感を示した彼女が、10月25日から開催される『第31回東京国際映画祭』のアンバサダーに就任した。初の主演作や『カンヌ国際映画祭』への参加など、この1年のあいだに、さらなる躍進を遂げた彼女は、それぞれの現場でなにを見て、どんなことを感じたのだろうか。松岡茉優に、この1年を振り返ってもらった。

物事の方向をひとつに定めても、たくさんの方がついてきてくれるんだなってわかりました。

—まずは、初主演作となった映画『勝手にふるえてろ』の話から聞かせてください。この映画の話がきたとき、松岡さんは、どんな心境でしたか?

松岡:大九明子監督とは3作目ということもあり、初主演映画でしたがそこまで気負った気持ちはありませんでした。原作である綿矢りさ先生の本は学生時代から大好きでしたので、その本の実写化に関わるということで、身の引き締まる思いでしたね。

そして、この映画が公開される前に、『東京国際映画祭』に見つけていただき、公開してからさらにたくさんの方に観ていただけて。初めて主演した作品がこんなにも多くの人に愛されるものになって、とても幸せな体験だったと思います。

松岡茉優
松岡茉優

—この映画で松岡さんが演じた「ヨシカ」のように、これほど熱狂的に人々に共感される役というのは、これまでのキャリアの中でも珍しかったのではないですか?

松岡:撮影に入る前に、大九監督と2人きりでお話する時間をもらいました。監督から、「2人きりで話そうよ」って言っていただいて。

以前にも作品でご一緒させていただいていましたので、2人きりでも緊張せずにお話ができました。その中で、「この映画を誰に届けたい?」という話になったときに、私は明確に届けたい相手が浮かんだので、「その人に届けと思ってやります」とお伝えしたんです。そうしたら監督も、「私も実は、明確にひとりいる。その人に見て欲しいんだ」とおっしゃったんです。

—お互いに、届けたいと思える相手がいた。

松岡:2人とも、たくさんの人にではなく、明確に「この人に」という思いで映画を撮っていました。それがこんなに、たくさんの方から「共感した」と言っていただける作品になって……。

作品を作るというのは、とても難しいことですし、答えのないこと。もちろん、たくさんの人に観て欲しいけど、少なくとも私たちはたったひとりに向けて映画を作っていたはずなので、そうやって物事の方向をひとつに絞ったとしても、たくさんの方がそれについてきてくれることがあるんだなとわかりました。そこに映画の可能性を感じましたし、見てくださる方と自分との距離が、より近くなったと感じた経験でした。

松岡茉優

—ちなみに、松岡さんが届けたい人というのはどなただったんでしょう?

松岡:実はお会いしたこともなく、お顔も見たことはないのですが、ずっとインターネットで拝見していた人で。この映画の企画の話を聞いたときに、「『勝手にふるえてろ』だったら、あの人だな」と、なんとなく頭の中に浮かびました。

そうやって、ある特定の人だけに向けるやり方というのは、あまりよろしくないと受け取る方もいらっしゃるだろうし、それは人それぞれの判断だと思います。なので監督にも恐る恐る聞いてみたら、大賛成ということで。監督と私の感じ方が似ていたのもラッキーだったと思います。

松岡茉優
Page 1
次へ

イベント情報

『第31回東京国際映画祭』

2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場:東京都 六本木ヒルズ、EX THEATER ROPPONGI、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場、他

プロフィール

松岡茉優(まつおか まゆ)

1995年、東京都生まれ。2008年テレビ東京『おはスタ』で「おはガール」として本格デビュー。2012年に映画『桐島、部活やめるってよ』、2013年NHK連続テレビ小説『あまちゃん』などで注目される。昨年はNHK大河ドラマ「真田丸」に出演し、映画『猫なんかよんでもこない。』、『ちはやふるー下の句―』で第8回TAMA映画賞・最優秀新進女優賞、第40回山路ふみ子映画賞・新人女優賞を受賞。2017年、映画『勝手にふるえてろ』で初主演を務める。2018年、映画『blank13』や『ちはやふる ―結びー』『万引き家族』に出演。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー