特集 PR

odolと雨のパレードが議論、日本の音楽シーンへのパンチの打ち方

odolと雨のパレードが議論、日本の音楽シーンへのパンチの打ち方

odol『往来するもの』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:鈴木渉 編集:矢島由佳子

もちろんうまく歌いたいけど、それ以上に大事なことがあるなって思う。(ミゾベ)

—odolの新作の1曲目“光の中へ”はマーチングのリズムに管弦楽器も入ったウォールオブサウンド的なアレンジが印象的で、またしても新しいところにいったなと。

森山:実は、ギターの井上(拓哉)がずっとマーチングをやってたんです。

ミゾベ:マーチング部の部長で、全国優勝3回していて。「さいたまスーパーアリーナで叩いた」とかって自慢してくるんですよ(笑)。

森山:「odol史上最大キャパだ」って(笑)。

odol
odol

森山:ちょうど“光の中へ”を作ってたときに井上が横にいて、相談しながらスネアのロールを打ち込んで、マーチングを軸にして、さらにストリングスとホーンも入れて、「全部入り」みたいな(笑)。今日ちょうどライブに向けてこの曲のアレンジをしてたんですけど、試行錯誤してます(笑)。

—アルバム中盤あたりの曲も含めて、ライブの再現性は一旦度外視して、音源としての完成度が追及されてますもんね。歌詞は闇から光が照らすようなイメージで、聴き手を救う曲であり、自分を救う曲でもある、雨のパレードの“You”にも通じるニュアンスを感じました。

ミゾベ:“光の中で”は今回のアルバムのなかで一番強い想いを乗せた曲になっていて、自然と自分と聴いてくれる人が浮かんだのかなって思います。

“You”といえば、今回“人の海で”が一番最後にできた曲なんですけど、すごく気に入ってた分、なかなか歌詞ができなくて、歌を録る前の日まで一文字もなくて。そのとき、浩平さんが「“You”はレコーディング直前の15時間で書いた」って言ってたのを思い出したんです(笑)。

福永:決していい方法ではないけどね(笑)。

左から:森山公稀(odol)、ミゾベリョウ(odol)、福永浩平(雨のパレード)

—最後に、この先の「歌」や「ライブ」への意識について、それぞれ話していただけますか?

福永:少し前までステージ上でうまく歌うことに捉われて、その先が見えてなかったんですけど、いいボイトレの先生と出会って、歌い方のコツがつかめて、今はその先にいけてる気がします。

ミゾベ:僕も去年まではうまく歌おうとか、「間違えないように」って考えに捉われていたように思います。でも今は、お客さんと反射し合って歌うようになってきたというか。もちろんうまく歌いたいけど、それ以上に大事なことがあるなって思う。

森山:今はアルバムの曲をライブアレンジするのがめちゃめちゃ楽しくて。ライブを一個の作品にする気持ちで、90分なら90分をどうデザインして、音源とは別の表現として作っていけるのか。前まではただ演奏することしか考えられなかったけど、大きな作品としていろんな形を作っていくのが楽しみですね。

ミゾベ:僕がバンドでボーカルをやりたいと思ったのって、漠然と、ステージの上でみんなに向けて歌ってる自分になれたらかっこいいなって思ったからなんですよね。これからodolがどんなバンドになっていって、そのなかで自分がどんな人間として存在感を出せるのか、そこに挑戦していきたいです。

左から:ミゾベリョウ(odol)、森山公稀(odol)、福永浩平(雨のパレード)
odol『往来するもの』(Apple Musicはこちら

雨のパレード『Reason of Black Color』(Apple Musicはこちら

Page 4
前へ

リリース情報

odol『往来するもの』
odol
『往来するもの』(CD)

2018年10月24日(水)
価格:2,700円(税込)
UKCD-1172︎

1.光の中へ
2.大人になって
3.four eyes
4.GREEN
5.人の海で
6.発熱
7.時間と距離と僕らの旅
8.憧れ
9.声

雨のパレード『Reason of Black Color』
雨のパレード
『Reason of Black Color』(CD)

2018年3月14日(水)発売
価格:3,024円(税込)
VICL-64916︎

1.Reason of Black Color
2.Dive
3.Horizon
4.GOLD
5.Shoes
6.ice
7.(soda)
8.Hometown feat. TABU ZOMBIE (from SOIL&”PIMP”SESSIONS)
9.You & I
10.What's your name? (plus strings ver.)
11.H.Apartment
12.Hwyl
13.#556b2f
14.MARCH

イベント情報

odol
『odol TOUR 2018 "往来"』

2018年12月1日(土)
会場:福岡県 INSA
ゲスト:Attractions

2018年12月2日(日)
会場:大阪府 CONPASS
ゲスト:LILI LIMIT

2018年12月16日(日)
会場:東京都 渋谷WWW
※ワンマンライブ

『NEWTOWN 2018「NEWTOWNフォークジャンボリー@音楽室」』

2018年11月10日(土)、11月11日(日)
会場:東京都 多摩センター デジタルハリウッド大学 八王子制作スタジオ(旧 八王子市立三本松小学校)
時間:OPEN 10:30 / START 10:50 / CLOSE 18:00
出演(五十音順):
入江陽
国府達矢
塩塚モエカ
清水煩悩
SEVENTEEN AGAiN(アコースティック・セット)
田中ヤコブ
TWEEDEES
ナツノムジナ(アコースティック・セット)
一人キイチビール
真舘晴子(The Wisely Brothers)
眉村ちあき
ミゾベリョウ&井上拓哉(odol)
and more

プロフィール

odol
odol(おどる)

福岡出身のミゾベリョウ(Vo.,Gt.、森山公稀(Pf.,Syn.)を中心に、2014年東京にて結成。現代のアートロックと言える先進性とオリジナリティ、日本語詞の歌と美しいメロディから生まれるポピュラリティを兼ね備えた6人組のロックバンド。2014年7月『FUJI ROCK FESTIVAL’14 ROOKIE A GO-GO』に出演。2015年5月、1st Album『odol』をリリース。2016年5月、2nd Album『YEARS』をリリース。タイトル曲“years”が日本郵便「ゆうびん.jp/郵便年賀.jp」のWeb CMに起用される。2017年1月、新木場STUDIO COASTにて開催された、TWO DOOR CINEMA CLUB来日公演のオープニングアクトを務める。9月、1st EP『視線』をリリース。2018年7月、『FUJI ROCK FESTIVAL’18 RED MARQUEE』に出演。10月、New Album『往来するもの』をリリース。

雨のパレード
雨のパレード(あめのぱれーど)

福永浩平(Vo)、山崎康介(Gt,Syn)、是永亮祐(Ba)、大澤実音穂(Dr)。2013年に結成。ポストダブステップ、80'sPOP、インディR&B、エレクトロハウス、アンビエント、TRAPなど様々なジャンルを超えたその音楽性はもちろん、アナログシンセやサンプラー、ドラムマシーンなどを取り入れた、バンドという形態に拘らないサウンドメイクで大きな注目を集めている。2016年3月2日1stフルアルバム『New generation』でメジャーデビュー。2018年3月14日には待望の3rdアルバム『Reason of Black Color』をリリースし、ワンマンツアー『COLORS』を開催。ファイナルの日比谷野外大音楽堂を大盛況のうちに終了。

関連チケット情報

2020年6月7日(日)
Flying Flags Vol.7
会場:仙台 darwin(宮城県)
2020年7月4日(土)〜7月5日(日)
ROKKO SUN MUSIC 2020
会場:六甲山カンツリーハウス内 特設会場(兵庫県)
2020年7月23日(木)
odol
会場:SHIBUYA PLEASURE PLEASURE(東京都)
2020年7月25日(土)
odol
会場:Shangri-La(大阪府)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る 1

    『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る

  2. 土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開 2

    土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開

  3. 吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編 3

    吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編

  4. 坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信 4

    坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信

  5. 『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら 5

    『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら

  6. 蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定 6

    蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定

  7. 星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦 7

    星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦

  8. ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信 8

    ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信

  9. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 9

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  10. YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄 10

    YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄