特集 PR

向井太一は、いつ成長のチャンスを掴んだのか? 歩みを振り返る

向井太一は、いつ成長のチャンスを掴んだのか? 歩みを振り返る

ソニー「WH-1000XM3」
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:豊島望 編集:矢島由佳子、川浦慧

2016年のデビュー以来、目覚ましい躍進ぶりで音楽シーンを賑わせているシンガーソングライター、向井太一。yahyel、mabanua、tofubeatsなど芸術性の高いアーティストたちとの共同制作によるトラックと、甘くソウルフルなその歌声で人々を魅了し、最近ではテレビCMにも出演するなど、着実に注目を集め続けている。

すでにEPを4枚、昨年は1stアルバム『BLUE』をリリースするなど驚異的な創作ペースを誇り、すでに2ndアルバム『PURE』も完成間近だという向井。その溢れんばかりのクリエイティブは、一体どこから来ているのだろうか。

今回は、そんな彼の楽曲をソニーの最新ワイヤレスヘッドホン「WH-1000XM3」で聴きながら、これまでの道のりを振り返ってもらった。飛躍の勢いをさらに加速させることになるであろう2ndアルバムのリリースに備え、彼の音楽性をおさらいする意味でも、最近彼を知った人たちの「ガイド」としても、必読のインタビューとなった。なお、ソニーのサイト「Love Music」では、「向井太一が移動中に聴きたい一曲」の紹介と、本人による手書きメッセージが公開中だ。

「これがやりたい」となったら我慢できない性格なんですよ。

—まず、向井さんの音楽的ルーツについて聞かせてください。ご両親がレゲエやヒップホップを日常的に聴いていて、向井さんも小さい頃からそれを自然と耳にしていたと以前のインタビューでおっしゃっていましたよね?

向井:そうなんです。自分から意識して音楽を聴くようになったのは小学校3年くらいで。その頃、6つ上の兄がヒップホップにハマっていて、僕もヒップホップやR&Bにハマっていました。特に好きだったのは、Full Of Harmonyさんや初期のCrystal Kayさん、Def Jam(ヒップホップ、R&Bを中心としたレコードレーベル)。当時は今よりも、ジャンルがわかりやすく分かれていて、「R&Bアーティストといえばこの人」みたいなことを明確に言えた時代だったように思います。

向井太一
向井太一

─聴くのはブラックミュージックが多かったのですか?

向井:中学生になるまでは、ブラックミュージック一辺倒という感じでしたね。ロックはまったく聴いてなかったし、中学の頃は「誰も聴いてない音楽を聴いてる俺、かっこいい」みたいな(笑)、変な優越感を持っていた気がします。

─小さい頃から音楽がやりたかったわけではなく、将来の夢もたくさんあったそうですね。

向井:そうなんですよ。漫画家になりたくて、6年くらいずっと描いていたんですけど、人物の顔を同じ方向でしか描けないことに気づいて諦めました(笑)。

進路相談の時期に改めて自分を見つめ直してみたら、好きなことはコロコロ変わっていたけど、常に音楽は聴いていたし、なにをしていても鼻歌を歌っていたなと。それで高校は、ボーカルやダンスを教える専門的な学校へ行くことにしたんです。初めて親に「音楽をやってみたい」と話したのも、そのタイミングですね。「こういう高校があるので行きたい」と。

向井太一

─その高校ではどんな活動をしていたのですか?

向井:病院やお祭りへ行って、ボランティアで歌ったりしていました。老人ホームでクリスマスソングとかを歌ったり、月に2本くらいは人前で歌う機会があったんです。平井堅さんや、アデル、エイミー・ワインハウスなど、主にジャズやソウル、R&Bのカバーを歌っていました。オーディションを受け始めたのもその頃で、ことごとく上手くいかなかったのですが、「いつか絶対にデビューできる」という根拠のない自信だけはあったんですよね(笑)。

─2010年に福岡から上京して来たきっかけも、「音楽をやるなら東京だろう」みたいなノリだったとか。

向井:そうなんですよ。仕事もないまま家だけ決めて出てきちゃって。1か月で貯金が全部なくなって、「これはマズイ」と思って慌てて仕事を始めたという。親に「東京に行く」と話したのは上京する1週間前で、めちゃくちゃ怒られました(笑)。いい意味で「若気の至り」だった部分もあるし、「これがやりたい」となったら我慢できない性格なんですよ。基本的に「やれるならやる」という考え方というか。

Page 1
次へ

サイト情報

Love Music
Love Music

向井太一が移動中に聴きたい一曲の紹介と、本人による手書きメッセージを公開中!

商品情報

『WH-1000XM3』
『WH-1000XM3』

2018年10月6日(土)発売予定
価格:オープン価格

リリース情報

向井太一『リセット』
向井太一
『リセット』

2018年9月26日(水)配信

向井太一『PURE』初回盤(CD)
向井太一
『PURE』初回盤(CD)

2018年11月14日(水)発売
価格:3,240円(税込)
TFCC-86647

向井太一『PURE』通常盤(CD)
向井太一
『PURE』通常盤(CD)

2018年11月14日(水)発売
価格:2,500円(税込)
TFCC-86648

イベント情報

『向井太一“PURE TOUR 2018-2019”』

2018年12月12日(水)
会場:東京都 マイナビBLITZ赤坂

2019年1月11日(金)
会場:宮城県 仙台 LIVE HOUSE enn 2nd

2019年1月18日(金)
会場:北海道 札幌 KRAPS HALL

2019年1月25日(金)
会場:福岡県 DRUM Be-1

2019年1月26日(土)
会場:愛知県 名古屋 JAMMIN'

2019年2月1日(金)
会場:大阪府 BIGCAT

プロフィール

向井太一
向井太一(むかい たいち)

シンガーソングライター。幼少期より母親の影響でブラックミュージックを聴き育つ。その後、地元の音楽高校へ進み、卒業後、2010年に上京。ジャズとファンクをベースとしたバンドにボーカルとして加入し、東京都内を中心にライブ活動を経て、2013年より柔軟に音楽の幅を広げる為、ソロ活動をスタート。ファッション誌のウェブサイトでのコラム執筆やモデルなど音楽以外でも活動の場を広げる。2016年3月、1st EP『POOL』をリリースし、発売日に即完。自身のルーツであるブラックミュージックをベースに、エレクトロニカ、アンビエント、オルタナティブなどジャンルを超えた楽曲、そして「日本人特有の言葉選び、空間を意識した音作り」で常に進化を続ける新境地を見事に提示し、各媒体・リスナーから高い支持を得る。2016年11月には2nd EP『24』をリリース。2017年11月に1st AL『BLUE』をリリース。収録曲の“空 feat.SALU”は全国ラジオエアモニチャートの総合で一度、邦楽部門で3週連続の1位を獲得。さらに、2018年1月に東京と大阪で開催された初のツアー『BLUE TOUR 2018』は即日完売。配信EP『LOVE』を2018年6月27日にリリースし、8月に行った全国ツアーもチケットは全公演即完。勢いそのままに11月14日には新作『PURE』のリリースを発表。今作を引っさげたツアーも年末から2019年年明けにかけ、規模を拡大し開催決定。ライブ活動をメインにジャンル問わず様々な仲間と繋がり継続的にシーンを構築。ハイブリッドなアーティストとして、更なるステータスを目指す為、アグレッシブに活動している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材